漢字辞典の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

漢字辞典の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

漢字辞典には、国語辞典より使いにくいというイメージがあります。それは、国語辞典では言葉が50音順(あいうえお順)に並べられて分かりやすいからです。しかし、漢字辞典でなければ調べることのできないこともあります。例えば、漢字の意味や成り立ちなどです。また、漢字について広く様々な情報を得ることができます。なんとか苦手意識を払しょくする必要があります。そのためには2つことが大切であると考えます。1つは、国語辞典とどのように違うのかということを理解することです。2つめは基本的な利用方法を理解することです。1つ目の国語辞典の違いは先に述べたとおり、国語辞典は、言葉が50音(あいうえお順)にならんでいるのに対して、漢字辞典では、漢字が部首ごとに集められ、部首の少ない順に並んでいるということです。このことを知っているだけで戸惑うことはありません。2つ目の漢字辞典の利用方法については、3つの利用方法を理解することです。1つ目が「音訓索引」です。漢字の音読みでも訓読みでもどれか分かっている時に使います。2つ目が「部首索引」です。漢字のへんやつくりに着目して部首が分かる時に使います。3つめが「総画索引」です。漢字の読み方も部首も分からないときに使います。3つの方法の中で一番簡単な方法です。画数を数えて総画数さえ出せれば使えるからです。このように、国語辞典との違いと利用方法を理解すること、理解させてあげることが大切であると考えます。

漢字辞典とは

漢字辞典とはどのような辞典でしょうか。国語辞典よりはなじみが薄いように感じます。国語辞典と比べてみると分かりやすいです。漢字辞典は、国語辞典が言葉の意味を調べる辞典であるのに対して、漢字の読み方、成り立ちや意味、使い方、書き順、部首やつくりなど漢字そのものを調べるのに適した辞典です。また、国語辞典が見出し語を50音(あいうえ順)に並べているのに対して、漢字を部首ごとに分類し、画数の少ないものから順にならべてあります。この構成・仕組みから、漢字を調べるにも、「部首索引」、「音訓索引」、「総画索引」の3通りのやり方があります。どのやり方で調べるかは、その漢字の何が分かっているかで選びます。調べたい漢字の「部首」が分かるなら「部首索引」、「読み方」が分かるなら「音訓索引」、「総画数」が分かるなら、「総画索引」というようにやり方が決まります。

初心者にオススメの漢字辞典の使い方

初心者におススメの漢字辞典の使い方は、漢字を調べる上での3つのやり方の中の「総画索引」だと考えます。なぜでしょうか。3つのやり方を簡単に説明すると次の通りになります。1つ目が、漢字の読み方か分かる場合の「音訓索引」です。2つ目が、漢字のへんやつくりから部首が分かる場合の「部首索引」です。漢字の読みが分からない時使います。3つ目が、漢字の総画数を数えて使う「総画索引」です。漢字の読み方も部首も分からない時に使います。つまり、「総画索引」は、漢字の読み方が分からなくても、部首が分からなくても、画数を数えることができれば、目的の漢字を調べることができます。ですから、初心者に一番おススメの漢字辞典の使い方は、「総画索引」だと考えます。

漢字辞典は簡単に使える

漢字辞典は使いづらいというイメージがあります。国語辞典の方が使いやすいと思われがちです。しかし、漢字辞典も基本となる使い方が分かれば簡単に使えます。さらに、国語辞典では調べられないことがあります。例えば、漢字の成り立ち、意味などです。漢字辞典の使い方(やり方)の基本は3つしかありません。1つ目は、漢字の読み方が音読み、訓読みのいずれかが分かれば「音訓索引」が使えます。2つ目は、へんやつくりに着目して部首が分かれば「部首索引」が使えます。3つ目は、読み方が分からなくても、部首が分からなくても、画数を数えることができれば「総画索引」が使えます。ですから、基本的な使い方さえ覚えてしまえば、漢字辞典は簡単に使えるのです。

漢字辞典を使うのに必要な準備

漢字辞典を使うために必要な準備とはなんでしょうか。準備は大きく2つ考えられます。1つは、国語辞典とどのように違うのかという構成・仕組みを理解することです。2つめは基本的な使い方を理解することです。1つ目の構成・仕組みを国語辞典との違いから見てみましょう。国語辞典は、言葉が50音(あいうえお順)に並べられているのに対して、漢字が部首ごとに集められ、部首の少ない順に並べられているという構成・仕組みになっています。このことは、2つ目の使い方にも関係します。漢字辞典で漢字を調べるには、3つの方法(やり方)があります。それを理解することです。1つ目が「音訓索引」です。漢字の音読みでも訓読みでもどれか分かっている時に使います。2つ目が「部首索引」です。漢字のへんやつくりに着目して部首が分かる時に使います。3つ目が「総画索引」です。漢字の読み方も部首も分からないときに使います。3つの方法の中で一番簡単な方法です。画数を数えて総画数さえ出せれば使えるからです。この2つのことを理解することが準備になります。

漢字辞典の使い方・手順

漢字辞典で調べるには、「音訓索引」「部首索引」「総画索引」の3つ方法あります。それぞれの手順を見てみましょう。1つ目の方法は「音訓索引」です。漢字の読み方、音読み、訓読みのどれか1つが分かっていれば、音訓索引のページを開いて調べます。2つ目の方法は、「部首索引」です。字の読み方が分からない時に使います。漢字には部首というものがあって、漢字を仲間分けするときに使います。漢字のへんやつくりが部首になることが多いのです。部首が分かれば「部首索引」を使って調べることができます。「部首索引」は、たいてい辞典の裏表紙に載っているので見つけやすくなっています。部首索引は、部首の少ない順に整理されています。調べたい漢字の部首のページを開いて調べます。3つ目の方法は、「総画索引」です。読み方も、部首も分からない時、漢字の総画数を数えます。そして、総画索引ページを開いてその画数の漢字をしらべます。総画索引のページも、漢字は総画数の少ない順に整理されていので調べやすくなっています。

漢字辞典を使えると何が良いか?

漢字辞典を使えると何がよいのでしょうか?それは、国語辞典では分からないことが分かるようになるということです。それは、何でしょうか。漢字の意味、成り立ちなど、漢字そのものが深く分かるということです。漢字は中国から約2000年前に日本に伝えられて来ました。一つひとつの漢字の意味には、その漢字の成り立ちが大きく関係しています。へんとつくりにも成り立ちがあり意味があります。また、同じ読み方の漢字で、意味も似ている漢字があります。その意味の微妙な違いもその漢字の意味、成り立ちの違いが分かればよく理解できます。それらは漢字辞典でなければわかりません。つまり、一つの漢字をより深く理解できるようになります。さらに、その漢字に込められた先人の願いや大きく言えば文化のようなものまで理解することができるようになるのです。

漢字辞典の利用時の注意点

漢字辞典利用時の注意点は、初めの出会いを大事にすることです。そのために2つのことに注意することが必要です。1つ目は、国語辞典との違い、特徴をきちんと理解することです。そのためには、辞典のはじめにの部分や最初の説明の部分をしっかり読むことです。このことが不十分だと、何だかわかりにくい辞典というイメージを持ち、苦手意識につながります。2つ目は、3つの利用方法「音訓索引」「部首索引」「総画索引」について理解することです。辞典の最初に利用方法を説明しているページがありますので丁寧に読むことです。その上で、実際に使ってみて、やがては使い慣れるまで使ってみることです。子どもたちであれば、違いと利用方法を先生が丁寧に説明し指導することです。

漢字辞典の全体的なまとめ

漢字辞典には、国語辞典より使いにくいというイメージがあります。それは、国語辞典では言葉が50音順(あいうえお順)に並べられて分かりやすいからです。しかし、漢字辞典でなければ調べることのできないこともあります。例えば、漢字の意味や成り立ちなどです。また、漢字について広く様々な情報を得ることができます。なんとか苦手意識を払しょくする必要があります。そのためには2つことが大切であると考えます。1つは、国語辞典とどのように違うのかということを理解することです。2つめは基本的な利用方法を理解することです。1つ目の国語辞典の違いは先に述べたとおり、国語辞典は、言葉が50音(あいうえお順)にならんでいるのに対して、漢字辞典では、漢字が部首ごとに集められ、部首の少ない順に並んでいるということです。このことを知っているだけで戸惑うことはありません。2つ目の漢字辞典の利用方法については、3つの利用方法を理解することです。1つ目が「音訓索引」です。漢字の音読みでも訓読みでもどれか分かっている時に使います。2つ目が「部首索引」です。漢字のへんやつくりに着目して部首が分かる時に使います。3つめが「総画索引」です。漢字の読み方も部首も分からないときに使います。3つの方法の中で一番簡単な方法です。画数を数えて総画数さえ出せれば使えるからです。このように、国語辞典との違いと利用方法を理解すること、理解させてあげることが大切であると考えます。

JALマイレージの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

JALマイレージカードは、日常的に飛行機に乗り降りし、日本中、世界中を飛び回る方々にはかかせないカードです。海外なら、ヨ...

ナプキン動画の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

そのままだと四角くて薄いペーパーでしかないナプキンも、アレンジと工夫次第でテーブルを華やかに彩ってくれます。フォーマルな...

イボコロリの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

イボコロリの全体的なまとめとしては、主に魚の目やたこの症状に使うことができる薬になります。ですからそれ以外の用途には使わ...

リンデロン点鼻薬の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

リンデロン点鼻薬はその利用方法をしっかり守れば大変効果を発揮するものになります。しっかり使用方法を守れば、その効果を十分...

ジェッソの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

ジェッソの全体的なまとめとしては、美術作品を作成したり、DIYなどで何らかの色を塗ったりする時の下地として利用することが...

トマトソースの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

トマトソースは簡単に作ることができますが、やはりプロのソースは素人よりもおいしくできます。当たり前のことですが、何が違う...

かんざしセミロングの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

かんざしセミロングの仕様は、それぞれかんざしのデザインによって変わりますが基本的には同じなので、どの様なアレンジにも使う...

顕微鏡小学校の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

顕微鏡の利用方法は、身近なものをミクロの世界で容易に見ることができるというところです。虫眼鏡では見れない、細かい細胞の一...

BITSHAREの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

BITSHAREは簡単にたくさんのファイルをダウンロードすることができるオンラインストレージで、世界中で愛用されています...

KSFILEMANAGERの簡単な初歩や基本的な使い方・利用...

cseとはデータベースクライアントソフトとして多くのユーザーを獲得してきたフリーソフトウエアです。「CommonSQLE...

MSLYNCの簡単な...

MSLYNCはさまざまなコミュニケーション方法をリアルタ...

NECタブレットの簡...

NECタブレットだけではないですが、薄く、軽量、持ち運び...

TUBEMATEの簡...

TUBEMATEとは、動画ダウンロードと再生を行うことが...

DVDFabの簡単な...

このようなソフトは利用方法が難しそうな印象を受けるかと思...

屈折糖度計の簡単な初...

屈折糖度計の全体的なまとめとして、農作物などを作る農家な...