シリコンスプレーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



シリコンスプレーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

シリコンスプレーの全体的なまとめとして、基本的には素材のコーティングから、潤滑などいろいろな用途として使えます。潤滑剤といいますと油を利用したものが多く、利用した後に油でギトギトになるケースがありました。油だと酸化もするので汚くなりやすいです。そういった部分にも使うことができるようになっています。油のように染み込むのではなく、対象物の表面に皮膜を作ることによって潤滑効果を得るようになっています。油だと臭いがしますが、このスプレーはほとんど臭いがしませんから、油くさい状態を軽減することができます。スプレーした部分においては防水効果を期待でき、つやが出るので美しい仕上げにすることが可能になります。すべりを浴してくれる、つやを出してくれるからといって安易にいろいろなところにスプレーをすると滑って困ることもでてきます。



シリコンスプレーとは

シリコンスプレーとは、素材の表面にシリコンの皮膜を張るためのスプレーです。シリコンといいますと、半導体の材料になったり、住宅の建築素材、DIYの時に使うものなど用途が広いです。DIYなどでは隙間などに埋めるための素材としてのイメージがあります。でもシリコンスプレーになるとかなり使い方も、スプレーされた状態も異なります。スプレーされた部分については、あくまでも塗装をしたような状態なので表面に薄く塗られる状態です。とても隙間を埋めるような状態ではありません。目的としては、物と物が接するようなところにスプレーをしてその部分の摩擦を減らしてすべりを良くすることがあります。そのことから考えると潤滑油のような役割をするといってもいいでしょう。潤滑油は油でギトギトになりますが、こちらについてはそのようにはなりません。



初心者にオススメのシリコンスプレーの使い方・利用方法

初心者がシリコンスプレーを利用する時の初歩的な使い方としては、住宅の引き戸の溝にスプレーすることです。住宅においては何年も使っていると建て付けが悪くなったりして上手く動かせなくなることがあります。このときにスプレーをするときれいに動かせるようになります。一般的な利用としては自動車やバイク関係が多いようです。自動車のエンジンルームの洗浄であったり、艶出しなどに使うことができます。その他に金属部分の接する部分などにスプレーをすることでより動きが滑らかになる場合があります。錆びている部分の上からスプレーをするとその部分がコーティングされるのでさびの影響を受けにくくなります。すべりがしっかりするようになります。



シリコンスプレーは簡単に使える

シリコンスプレーは他の防錆・滑り改善のオイルに比べ、使える素材の幅が広くて便利です。石油系のオイルは、プラスチックやゴムなどを痛めてしまう可能性があり、塗装を溶かしてしまうこともあります。しかし、シリコンスプレーは場所を選ばずに使えます。金属のみならず、木材や紙にも使用することができます。自転車や、自動車の部品は複数の素材の組み合わせで出来ているので、初心者が使用しても失敗しにくいのがシリコンスプレーの特徴です。ほとんどのホームセンターで扱っていて安価なので、整備の初歩を学ぶにはいいものだと思います。人体に対しても優しく、石油系のオイルに比べて皮膚が炎症などを起こしにくいという利点もあります。



シリコンスプレーを使うのに必要な準備

利用方法に制限の少ないシリコンスプレーですが、必要な準備と注意点があります。自動車などの機械に使用する場合、潤滑させて良い場所なのかを調べる必要があります。ブレーキなどは、摩擦があってこそ機能する部品なので、スプレーがかからないようにします。自転車やバイクなどの場合、人間の座る場所や、足を乗せる場所が滑らないようにします。襖などの潤滑剤として使用する場合、フローリングや畳に付いてしまうとよく滑るので、注意します。可能な場合、新聞などで滑らせたくない場所を保護すると良いです。人体への害は少ないものですが、念のためにマスクとゴーグルを用意し、風通しの良い場所で作業します。スプレー缶は基本的に火気厳禁なので、火の元にも注意します。



シリコンスプレーの使い方・手順

使い方は簡単で、滑りを良くしたい場所に吹きかけるだけです。防錆が目的の場合は、傷を付けにくい布などで軽く拭き取る必要があります。液体が表面に多く付着した状態だと、塵などがゲル状に固まり、小さな傷や錆の原因になってしまいます。また、石油系の潤滑剤に比べて浸透しにくいので、定期的にスプレーを吹きかけないと、潤滑・防錆効果が薄れてしまいます。艶出し目的の場合も、表面を拭き取らないと塵などの影響で汚れたように見えてしまいます。紙や布の場合は染みになる可能性があるので、スプレーの缶を離して使用します。同じ部分にかかり過ぎないように注意します。潤滑剤の中では最も使いやすいものですが、効果が薄れやすいということには注意して下さい。

シリコンスプレーを使えると何が良いか?

シリコンスプレーを家に置いておくだけで様々な状況に対応できます。シリコンスプレーは滑りが悪くなったものを改善するだけでなく、防錆や艶出しにも利用できます。石油製品に対しても使用できる潤滑剤は限られているので、シリコンスプレーは何に対しても万能で、使用する際の専門的な知識も少なく、誰でも使うことができます。人間が触れるような場所にも使えて、嫌な臭いもしないので、室内での使用にも適しています。水が使えないエンジンルームの洗浄などにも使えるので、便利さが段違いです。安価なシリコンスプレーで手入れをすることで物持ちが良くなり、結果的に節約に繋がります。整備の入門としてシリコンスプレーが使えると、対応できる道具の不調の幅が広がります。

シリコンスプレーの利用時の注意点

シリコンスプレーの利用方法での注意点としては、あまりに潤滑が良すぎる部分があります。バイクの艶出しなどに使っていると調子を良くしていろいろなところに使おうとすることがあります。シートやステップなどにも使うと見た目は非常にきれいです。しかしいざ乗ってみるとかなり乗りづらいことがわかります。バイクに乗っていて足の部分が滑って踏ん張ることができなくなります。そのほかの部分においてもあまり滑りすぎると困るところには注意が必要です。引き戸などで閉まりにくいところに使うと一気にすべりが良くなります。でも良すぎると勢いよく壁にぶつかって逆に戻ってきてしまう場合があります。使っていい所、量を調節することを考えます。

シリコンスプレーの全体的なまとめ

シリコンスプレーの全体的なまとめとして、基本的には素材のコーティングから、潤滑などいろいろな用途として使えます。潤滑剤といいますと油を利用したものが多く、利用した後に油でギトギトになるケースがありました。油だと酸化もするので汚くなりやすいです。そういった部分にも使うことができるようになっています。油のように染み込むのではなく、対象物の表面に皮膜を作ることによって潤滑効果を得るようになっています。油だと臭いがしますが、このスプレーはほとんど臭いがしませんから、油くさい状態を軽減することができます。スプレーした部分においては防水効果を期待でき、つやが出るので美しい仕上げにすることが可能になります。すべりを浴してくれる、つやを出してくれるからといって安易にいろいろなところにスプレーをすると滑って困ることもでてきます。



e-001-1437

ストロボの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

ストロボの全体的なまとめとして、カメラに内蔵されているものと、外付けとして別途用意するものがあります。外付けにおいてもカ...

A

AUTOCAD3Dの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

割と低価格で購入が出来る上、利用方法や操作のやり方、基本動作環境などの設定などにおいては容易にそれらが可能なので、このA...

e001-1724

さしがね基本編の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

日本には、神社や寺院、お城などの伝統的な建築物がありますが、それらを建ててきた大工道具には、様々な知恵が凝縮されています...

white cosmetic tube

MIペーストの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

MIペーストは塗るだけで再石灰化を促し、初期虫歯なら修復することができる画期的な口腔ケア用品です。使い方も基本的には歯に...

e-001-0436

キンドルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

キンドルは、ディスプレイの電子書籍としてさらなる発展があります。その分、本を読む人が少なくなっています。でも、まだ本の方...



e-001-1214

紙パッキンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

紙パッキンの全体的なまとめとして、贈りものなどをするときに、中にあるものを保護する緩衝材として使うことができます。新聞紙...

e-001-1166

転写シートの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

転写シートの全体的なまとめとして、プリンタなどで作成したイラストや写真などをTシャツなどに転写をすることができます。それ...

e001-0742

CRESS圧力鍋の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

圧力鍋の中でも使いやすく値段も安価なCRESSですが、安いからといってよくないというわけではなく、良い商品であることに間...

e-001-0091

スモールラバージグの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

スモールラバージグの全体的なまとめとしては、バスフィッシングにおけるジグにおいて、一つは持っておきたいアイテムの一つとい...

SONY DSC

ハリスピッタリは簡単に使える

ハリスピッタリの全体的なまとめとしては、ヘラブナ釣りには欠かせないアイテムの一つです。ヘラブナ釣りでは、一度釣れたあたり...



e001-0749

CCの簡単な初歩や基...

仕事の進捗状況を報告したり、情報共有のために打合せを行お...

e-001-1444

シリコンコーキングの...

シリコンコーキングの全体的なまとめとして、個人の場合であ...

e001-1136

cubasele4の...

cubasele4はエフェクターなどにバンドルでついてい...

e-001-0352

バーコード携帯の簡単...

バーコード携帯は、上手に使いこなすことができれば、いかに...

e-001-1581

EOS60Dの簡単な...

EOS60Dは1800万画素で取り込んだ光をキャノン自慢...