ハットピンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



ハットピンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ハットピンの全体的なまとめとして、帽子にアクセントを加えることができるアクセサリーです。特に模様などがない帽子でも、ワンポイントつけることで印象を大きく変える事ができます。アクセサリー的な要素が強いですが、実用的な面も持っています。それは帽子が飛ばされるのを防ぐのが目的です。女性の場合は大きなつばの帽子を被ることがあり、風の強い時は飛ばされそうになって困ることがあるでしょう。このようなときにこちらを髪の毛に縫いこむように取り付けることで飛ばされないようにすることが可能になります。名称から帽子にのみつけるアクセサリーのように感じがちですが、つける場所は特に決まりはありません。服に取り付けることもできれば、カバンなどに取り付けることもできます。ショールなどに取りつけることもあるので、そのときに応じて使えます。



ハットピンとは

ハットピンとは、帽子が風などで飛ばされないようにするためのアクセサリーです。帽子といいますといろいろなタイプがあり、野球帽はキャップ、帽子の周りに淵があるのがハットといわれます。このアクセサリーに関しては一応キャップのタイプでも使うことができます。子どもなどでは帽子が飛ばされないようにゴムを耳元から首の下に通すことがありました。大人の女性であればリボン風に行うこともあるでしょう。でもこれらだと邪魔に感じることがあります。ハットピンは帽子にブローチのように挿しますが、そのときに髪の毛などで留めて、仮に帽子が飛んだときにでも飛んでいかないようにすることができます。機能だけを考えた場合は特にデザインを考えないこともありますが、帽子であったり、その日の服装などに合わせていろいろなタイプを選ぶこともあります。



初心者にオススメのハットピンの使い方・利用方法

初心者がハットピンを利用する時の使い方としては、基本的には様々です。ハットといわれるくらいなので帽子につけないといけないかといわれればそのようなことはなく、それ以外にも使うことができます。初歩としては帽子につけることがあります。先にブローチのようなものがついていて、その反対側に留め具がついています。その留め具を外すと針になっています。それを帽子などに突き刺します。後は留め具を戻せばつけることができます。このときに帽子に差し込むときに頭の毛の部分を巻き込んでおけば飛ばされそうになったときにも髪の毛で飛ばされずに済みます。単にお洒落としてとりつけることもあります。帽子以外に胸元につけることもあります。

ハットピンは簡単に使える

ハットピンを使えば簡単に防止の雰囲気をかえることができちゃいます。基本的な使い方は帽子に差し込むだけです。いろいろなデザインのものがあるので、その日のファッションにあわせて選ぶことも可能です。帽子の数をそろえるのはなかなか大変ですが、ハットピンがあればもっている帽子が少なくてもアレンジして使いまわすことができます。初歩的な利用方法は一本帽子にさすだけですが、組み合わせて使うこともできます。複数本さすことでよりおしゃれにみせることができます。また、帽子以外にも使うことができますのでいくつかもっておくと便利です。手作りしたり、自分でアレンジすることも可能です。帽子をつかったファッションが好きな人はぜひ使ってみましょう。

ハットピンを使うのに必要な準備

ハットピンは帽子屋さんで見つけることができます。また、アクセサリーなどを取り扱っているお店にもおいてある場合があります。手作りする場合には、材料をそろえましょう。まずは針の部分を準備します。先端にシャワー金具がついているものを購入すると作業しやすいです。あとは飾りとなるものを準備しましょう。きらきらしたビーズやパールのビーズを用意しましょう。これらを準備したらあとはテグスを使ってビーズをシャワー部分に止めていくだけです。とても簡単なのでだれでも手作りすることができます。慣れてきたら、ビーズ以外にもいろいろとパーツを付け足すと華やかなものをつくることができます。ビーズ以外にはレジンなど作ったパーツをつけても面白いです。

ハットピンの使い方・手順

ハットピンの使い方ですが、針先がキャップについている場合にははずしておきましょう。帽子をかぶりながらさすと危険ですので、かならず頭からはずした状態でおこないましょう。指す場所は好きなところでOKです。帽子のサイドにつけるのが一般的です。少し後ろ目につけるのもおしゃれです。ハットピンをさす際には、いったんさしこんでから針を再度外側にだすように刺します。このようにささないと頭に針が刺さりますので気をつけましょう。あとはかぶってみて位置に問題がないか確認しましょう。帽子につける以外には、ストールなどのアレンジにも使うことができます。巻いたときに崩れないようにとめておきましょう。シンプルなストールも華やかにすることができます。

ハットピンを使えると何が良いか?

ハットピンのいいところは手軽に帽子の雰囲気を変えられるところです。指すだけでなので、雰囲気を変えたいときに手軽につけたりとったりすることが可能です。また、帽子につける以外にもさまざまな用途があります。シンプルなトートバックにつければ一気におしゃれな雰囲気にすることができます。シンプルなニットの胸元にブローチのようにつけるのもお勧めです。シンプルなバックや洋服だと地味になりがちですが、シハットピンでかわいくアレンジすることができます。このほかには、手作りして楽しむことができるというメリットもあります。基本のパーツさえ揃えてしまえば自分の工夫次第でかわいいものを作ることができます。作業工程もそれほど多くないのでハンドメイド初心者でも挑戦しやすいです。

ハットピンの利用時の注意点

ハットピンの利用方法での注意点としては、針を帽子や洋服などに刺して取り付けます。そのことからそれらの用品に穴を空けることになります。帽子によってはかなり高級なものなどもありますから、実際に使うかどうかについては自己判断で行うことになるでしょう。タイプによって針の太さは異なります。縫い針のような比較的細いタイプもありますし、丈夫なものだとそれなりに太い針のこともあります。そうなるとしっかりと穴として残ることもあります。これは洋服につけるときも同様です。ニット素材などなら気になりませんが、綿素材などだと穴が開いてしまうこともあります。アクセサリー部分が重たかったりするとさらに穴が大きくなってしまうこともあります。

ハットピンの全体的なまとめ

ハットピンの全体的なまとめとして、帽子にアクセントを加えることができるアクセサリーです。特に模様などがない帽子でも、ワンポイントつけることで印象を大きく変える事ができます。アクセサリー的な要素が強いですが、実用的な面も持っています。それは帽子が飛ばされるのを防ぐのが目的です。女性の場合は大きなつばの帽子を被ることがあり、風の強い時は飛ばされそうになって困ることがあるでしょう。このようなときにこちらを髪の毛に縫いこむように取り付けることで飛ばされないようにすることが可能になります。名称から帽子にのみつけるアクセサリーのように感じがちですが、つける場所は特に決まりはありません。服に取り付けることもできれば、カバンなどに取り付けることもできます。ショールなどに取りつけることもあるので、そのときに応じて使えます。



e001-0905

ドコモスマートフォンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

連絡を取り合う場合、携帯電話は有効です。ドコモスマートフォンは、安く、使いやすいのでドコモスマートフォンをおすすめします...

Businesswoman reporting to sales in a seminar against side view portrait of a male artist using computer

ビデオスタジオX6の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

ビデオスタジオX6はこのように動画を好きなようにアレンジすることができます。先ほど紹介した工程はとても簡単なものですが慣...

e001-0744

COUNTIFの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

エクセルのCOUNTIFの全体的なまとめとしては、簡単に目的に合ったデータの集計を取ることができることです。本来であれば...

e-001-0458

オリーブオイルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

オリーブオイルは、脂肪が体内に溜まりにくい油となっており重宝できる存在です。ただし、過剰に摂取すると当然のようにコレステ...

e001-1001

エクセル2010表の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

エクセル2010を使うにあたって、注意するべき点は保存などの際に間違いをしない点です。このような失敗は仕事などではとても...

function word on red keyboard button

EXCEL関数の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

EXCEL関数は使えるようになると非常に便利な機能です。エクセルでのデータ分析がしやすくなりますので、仕事の効率が上がる...

e-001-0262

車いすの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

車いすと言うと、まさに「介護されている」というイメージをお持ちになる方も多いのではないでしょうか。確かに自身の足で立って...

e-001-0197

練炭の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

練炭は上手に使えばとても優れた暖房器具となります。燃焼も安定すれば8時間ほど持続し続けるので金銭的にもありがたい暖房器具...

Closeup of scanner scanning barcode

バーコード読むの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

これからは様々なコンテンツとQRコードが連動するようになるので、スマートフォンの機能を最大限まで駆使できるようにするとい...

e-001-0012

ゴルフスイングコックの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

ゴルフスイングコックは、簡単に飛距離を伸ばすことが出来る方法です。筋力アップなどによって飛距離を伸ばすことに比べると必要...

e-001-588

NEXUS7PDFの...

NEXUS7(2012)、NEXUS7(2013)ともに...

e-001-0332

フェースブックの簡単...

初歩的な利用方法さえ確認しておけば、初めて使う人でもあっ...

e001-1718

セオドライトの簡単な...

セオドライトは数ある測定するための機器の中でもどちらかと...

e001-0807

電子レンジ圧力鍋の簡...

電子レンジ圧力鍋は、通常の圧力鍋の調理時間短縮ができると...

e-001-1404

トラクターの簡単な初...

トラクターの全体的なまとめとして、農作業を効率的に進める...