ナンバーリングの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ナンバーリングの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ナンバーリングの全体的なまとめとして、書類などに連番を付けたりするときに便利な道具です。手動式と連続様式があり、連続様式はどんどん次の数字を自動的に回して打刻できるようになっています。自分で回す必要がなく、さらにはインクなども自動的につきますから、用紙をめくって打刻する作業のみになります。一方で手動式の場合は数字を回転させる作業、インクにつける作業などがあります。作業を途中で中断する時、次の数字に回さずに置いておくとその数字を既に使ったのか、この数字から使わないといけないかが分からないことがあります。ルールを決めておく必要があるでしょう。連続様式のときは打刻をすると自動的に次の番号になりますからそのことを気にせずに使うことができます。確実に行いたいのであれば連続様式のほうがかなり使いやすくなります。

ナンバーリングとは

ナンバーリングとは、書類などに対して連番を付けていくための道具になります。主にオフィスなどで使われることになります。オフィスなどにおいては社員の情報を受けたり、客先からの情報を受けることがあります。書類として渡される時に次々処理をしていく必要があります。きちんと処理をしたか、内容は問題ないかなどをチェックする必要がありますが、バラバラになっていると後で探す時にわからなくなります。そこでナンバーリングを使って紙の一定の場所に連番をつけて置きます。そうすることで任意の順番をつけることができます。番号が抜けていれば紛失したことがわかります。コンピュータなどで内容を管理するときには、後で見直すときには番号を探せばよいので比較的見つけやすくなります。タイプとしては手動で回すタイプと連続様式のタイプがあります。

初心者にオススメのナンバーリングの使い方・利用方法

初心者がナンバーリングを利用する時の使い方としては、初歩的には単純な自分で回すタイプを使うことがあります。桁数は業務などによって選びます。1年に何件ぐらいあるかなどによって決めるかもしれません。1を打刻する時には1のみを表示させる時と、前の桁を0で表示する場合があります。0001などと表示させる場合があります。ダブるのを防ぐのであれば前にも表示した方がいいでしょうし、見た目をすっきりするならその数字のみを表示させることもあります。表示をさせたくないときは、数字などが記載されていないところまで戻して行います。そうすることでその部分の表示を無くすことができます。連続様式でもその部分は印字されることはありません。

ナンバーリングは簡単に使える

ナンバーリングは、スタンプ毎に数字が自動的に順送りされ、簡単に通し番号が打刻できる事務用具です。使い方は至ってシンプルで、打刻したい位置にナンバーリングを合わせ、グリップの部分を上から押し込みますと、スタンプすることができます。基本的にこれだけで次々と通し番号が打刻できますから、簡単に使うことができます。また、インクが本体内にセットされていることも、この事務用具が簡単に使える理由の一つです。一般的な印鑑では、一度朱肉などのインクを付けてから捺印する必要がありますが、ナンバーリングでは本体内にインクがありますので、インク付けも自動的に行われます。その為インク付けの作業が要らず、テンポ良く通し番号を打刻することができます。

ナンバーリングを使うのに必要な準備

ナンバーリングを使う際に必要な準備では、本体内のインクが切れている場合、まずはインクの補充を行います。始めにグリップを押し込んで、ロックレバーで固定します。次に本体内のインクパッドを取り出して、専用インクなど、適切なインクをインクパッドに補充します。インクパッドを本体に戻し、打刻数字をセットする必要がない場合では、ロックレバーを解除して完了です。そして、打刻数字を任意の数字にセットする場合では、ロックレバーは解除せずに本体を裏返し、専用のスティックや木のスティックで、数字を順送りの方向に回転させます。すべての桁の数字を合わせて任意の数字になりましたら、ロックレバーを解除して打刻の準備は完了です。これらの方法は一例ですので、製品によりましては異なる場合があります。

ナンバーリングの使い方・手順

ナンバーリングの使い方ですが、通し番号を打刻する場所にナンバーリングを当てて、上からグリップを押し込んでスタンプするだけで打刻できます。また、一定枚数に同番の通し番号を打刻してから数字を順送りさたいという利用方法の場合では、本体にある「連続様式」を希望の目盛りに予めセットしておきます。例えば2枚に同番を打刻したい場合は「2連続」、そして3枚に同番を打刻したい場合では「3連続」というように、調節目盛りをセットしてからスタンプします。但しこの「連続様式」は、製品によりましても対応できる範囲が異なります。一方、中には本体に操作レバーが備わっている製品もあり、そのような製品の場合ではレバーを握ることで、任意のタイミングで通し番号が順送りできる場合があります。

ナンバーリングを使えると何が良いか?

ナンバーリングを使うことの利点は、手動では面倒で管理し難い通し番号の記載を、自動的に行えることが最大の利点になります。更に必要な枚数で同番を打刻してから次の数字に順送りできるなど、柔軟な利用方法にも対応できますので、とても重宝する事務用具になります。特に整理券や引換券などを取り扱う窓口の業務などでは、迅速な通し番号の打刻が業務の効率化につながりますので、そのような場合でもナンバーリングは大変役立つ事務用具です。また、ナンバーリングの取り扱い業者では、オーダーメイドでの受注生産が行われている場合もあります。受注生産では初歩的な数字以外にもアルファベット文字も打刻に加えられるなど、既製品には無い製品が導入できますので、活用範囲を広げるメリットの一つになっています。

ナンバーリングの利用時の注意点

ナンバーリングの利用方法での注意点として、手動式の場合においては、インクは自分でつける場合があります。そして自分で回転をさせる必要があります。自分で回すとどうしても一つ行き過ぎる、回しきれなかったなどで中途半端に押されてしまうことがあります。印面をきちんと確認しながら使うようにしなければいけないでしょう。連続様式の場合は、基本的にはインクは自動的に充填されます。ですからどんどん押していくことで次の数字に入れ替わって押すことができます。しかしあまり急いで行うと間違って押してしまうことがあります。本来その数字ではないところに押してしまうことがあります。そのときは戻しながら行う場合があります。レバーなどを外して戻す必要があります。

ナンバーリングの全体的なまとめ

ナンバーリングの全体的なまとめとして、書類などに連番を付けたりするときに便利な道具です。手動式と連続様式があり、連続様式はどんどん次の数字を自動的に回して打刻できるようになっています。自分で回す必要がなく、さらにはインクなども自動的につきますから、用紙をめくって打刻する作業のみになります。一方で手動式の場合は数字を回転させる作業、インクにつける作業などがあります。作業を途中で中断する時、次の数字に回さずに置いておくとその数字を既に使ったのか、この数字から使わないといけないかが分からないことがあります。ルールを決めておく必要があるでしょう。連続様式のときは打刻をすると自動的に次の番号になりますからそのことを気にせずに使うことができます。確実に行いたいのであれば連続様式のほうがかなり使いやすくなります。

かくれん棒の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

とにかくキズをみつけたら一度試してみることをおすすめします。何度もいいますが、高価なものでもありませんし、専門的な工具が...

BLOCKO2の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

このBLOCKO2自体は作表専用ソフトとしても大変優れたものであり、簡単な操作方法のやり方で基本動作環境の設定が可能で、...

S6000FDの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

S6000FDの全体的なまとめとしては、少し前のデジタルカメラですが、利用のしやすさから人気を維持しています。中古におい...

KDDIポイントの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

KDDIポイントの全体的なまとめでは、KDDI系のサービスの利用でためることができたり使うことができるポイントサービスに...

顕微鏡小学校の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

顕微鏡の利用方法は、身近なものをミクロの世界で容易に見ることができるというところです。虫眼鏡では見れない、細かい細胞の一...

アズペインター2の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

アズペインター2の全体的なまとめとしては、パソコンやタブレットなどで気軽に描画をすることができます。イラストなどを少し描...

vmwareserverの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

確かに乗り越えなくてはならない様々な課題をも抱えている環境設定専用ソフトといえるものですが、プログラムなどを作成したりす...

wineの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

wineはLINUX上でもWindowsのソフトを動かしていける環境を提供してくれますが、万能ではありません。せっかくW...

公証役場の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

公証役場は、公証人と呼ばれる法律の専門家を誰もが利用することができるところです。利用方法も決して複雑ではありません。使い...

AUTOCADの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

AUTOCADですが、データ容量が大きくて、データ保存をする場合は事前に紙媒体に記録をしておき、別途専用ファイルを用意す...

水性ポマードの簡単な...

水性ポマードの全体的なまとめとしては、ポマードとしては今...

WINDOWS7ワー...

WINDOWS7ワードは使い方さえ覚えてしまえば利用方法...

付箋の簡単な初歩や基...

付箋の全体的なまとめとしては、いろいろなところに使うこと...

winpcapの簡単...

winpcapはpcapのwindows版であり、ネット...

キャドの簡単な初歩や...

コンピューターを使用して製図を行いたい場合には、キャドが...