SOUNDENGINEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

SOUNDENGINEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

SOUNDENGINEはフリーで使用することが出来る音楽データの編集や音声データのデジタル録音にとても優れたとても使い方が簡単なソフトです。編集時には波形データをマウス操作で簡単に切り貼りできたり、内蔵しているサウンドエフェクト機能を利用して音楽データの仕様をプロレベルに編集しなおすことが可能です。オーディオインターフェイスやサウンドカードを利用すれば音声や音楽をデジタル録音することも可能です。デジタル録音したデータはWaveデータでパソコン上に保存するので他の様々なソフトで録音したデータを使用することが可能です。また、アナログ音源などをデジタル録音するのにも重宝するソフトです。録音したデジタル音源はソフト上で編集が可能です。要らない部分と要る部分を簡単に切り貼りできたり、ノイズ除去などの編集も簡単に行うことが可能です。

SOUNDENGINEとは

SOUNDENGINEとはIT時代において音を録音して編集するのに本当にお勧めなソフトです。IT時代において音声や音源のデジタル録音は欠かせません。このソフトはパソコン使い様々なインターフェイスを利用して音声を録音したり編集したりすることが可能なソフトです。しかもこのソフトは無料で提供されています。音楽編集や音声録音の初歩をマスターするのにもとてもお勧めなソフトです。基本的なパソコンの知識と音楽データや波形に関する知識があればこのソフトは誰でも直感的に使用することが可能です。デジタル録音の基本をマスターしたり、今流行のハイレゾ音源の入門用としてデータを作成するのに使用するのも最適です。SOUNDENGINEは誰でも手軽に使用できる音楽編集や音声録音が可能なソフトです。様々な編集機能がついていますが無料でダウンロードが可能なソフトです。

初心者にオススメのSOUNDENGINEの使い方・利用方法

SOUNDENGINEの初心者にお勧めな利用方法は自分が持っているレコードやカセットテープやビデオテープやDVDの音源をデジタル録音する方法です。パソコンとこのソフトの他にUSB接続などのオーディオインターフェイスかサウンドカード、それに自分がデジタル録音したい音源を演奏できる外部機器とそれをパソコンと接続できるケーブル類を用意しないといけません。これらを接続し、ソフトを立ち上げ、録音の設定を行います。サウンドカードやオーディオインターフェイス経由で音源を録音するので基本的には録音の設定をLINE設定にすれば問題ありません。接続しているインターフェイスの仕様でUSB等設定をそのつど変えれば問題ありません。あとはソフトの録音ボタンを押し、外部機器を演奏すればデジタル録音が始まります。

SOUNDENGINEは簡単に使える

SOUNDENGINEはパソコンで様々な外部音響機器の音源データをラインでデジタル録音することが出来るソフトウェアです。世の中のIT化が進む中でカセットテープなどの音源データをパソコンに取り込む必要がある場合にこのソフトがあれば簡単に外部機器の音源をパソコンに取り込むことが可能です。パソコンにこのソフトとダウンロードとインストールすれば後は外部機器をライン入力で繋ぐだけです。ソフトの録音ボタンを押し、外部機器を演奏すれば録音が始まります。録音されたデータはwaveデータで保存され、このソフトで簡単に編集も行えます。SOUNDENGINEは使い方が本当に簡単で外部機器の録音やWaveデータの基本的な編集を手軽に簡単に行えるソフトです。

SOUNDENGINEを使うのに必要な準備

SOUNDENGINEの利用方法は簡単でライン入力やマイク入力のあるパソコンにこのソフトをダウンロードしインストールするだけです。このソフト自体は無料です。ダウンロードするのに余計な費用は派生しません。IT設備が整っている状況ならいつでもどこでもダウンロード可能です。このソフトのインストールはとても簡単です。パソコンの初歩的な知識しかない方でもインストーラーの指示に従えば簡単にインストールが行えます。デジタル録音を行いたい場合はデジタル化したい音源とそれを演奏する外部機器を用意し、この機器をライン入力にてパソコンと繋げればOKです。Waveデータの編集を行う人は編集したい音源のWaveデータが必要です。

SOUNDENGINEの使い方・手順

SOUNDENGINEの使い方はとても簡単です。パソコンを立ち上げ、ソフトを立ち上げデジタル録音を行う場合はSOUNDENGINEの録音ボタンを押し、録音が終われば停止ボタンを押すだけです。デジタル録音したデータを保存する場合にはセーブボタンを押して任意のフォルダに任意の名前でデータを保存するだけです。デジタル録音は2チャンネルで行われます。ライン入力がステレオ対応している場合は右と左のチャンネルにきちんと音源が振り分けられます。デジタル録音する際には注意が必要です。SOUNDENGINEには右と左のインジケーターが備え付けられていますが、録音する音源の音量レベルが低すぎたり、大きすぎてレッドゾーンを振りぬいたりしないようにする事が必要です。

SOUNDENGINEを使えると何が良いか?

SOUNDENGINEを使うことが出来れば手軽に自宅のパソコンでデジタル録音と編集が行えます。カセットテープ時代に録音した音源をパソコン上で聴いたりポータブルオーディオで聴くのには音源データをデジタル化してMP3などに変換してあげないといけません。音源データのデジタル化をSOUNDENGINEがインストールされていればいつでも手軽に行えます。又このソフトには様々なエフェクト処理能力も備えられています。Waveデータであれば自分の好みの音やバランスに音源を編集することも可能です。またWaveデータであれば音源の不必要な部分をカットしたり、好きな部分だけを切り出して繋ぎ合わせたりと色々な編集も可能です。

SOUNDENGINEの利用時の注意点

SOUNDENGINEを利用する時の注意点は音楽編集や音声録音時の音の大きさをきちんと設定することを怠ってはいけません。基本的に録音や編集データは波形データとしてこのソフト上で表示されます。元々あった編集したい音楽データの音量レベルが小さすぎれば波形のデータ幅が非常に狭くなってしまい、感覚的に音楽を直感で編集することが難しくなってしまいます。編集に使う音楽データはこのソフトの音量インジケーターのメモリが振り切らないくらいの適正な音量レベルに音量を上げてあげる必要があります。適正な音量レベルの音源なら編集が直感的に行いやすくなります。また同様に音声レベルの音量データが大きすぎると波形データの幅が広くなりすぎて逆に作業が行いにくくなります。音量レベルを適正レベルまで下げてあげる必要があります。

SOUNDENGINEの全体的なまとめ

SOUNDENGINEはフリーで使用することが出来る音楽データの編集や音声データのデジタル録音にとても優れたとても使い方が簡単なソフトです。編集時には波形データをマウス操作で簡単に切り貼りできたり、内蔵しているサウンドエフェクト機能を利用して音楽データの仕様をプロレベルに編集しなおすことが可能です。オーディオインターフェイスやサウンドカードを利用すれば音声や音楽をデジタル録音することも可能です。デジタル録音したデータはWaveデータでパソコン上に保存するので他の様々なソフトで録音したデータを使用することが可能です。また、アナログ音源などをデジタル録音するのにも重宝するソフトです。録音したデジタル音源はソフト上で編集が可能です。要らない部分と要る部分を簡単に切り貼りできたり、ノイズ除去などの編集も簡単に行うことが可能です。

ヘアクリップの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

普段のファッションを光らせてくれるアクセサリーはいろいろありますが、髪の毛は女性にとっても非常に重要な部分です。そう考え...

外付けハードディスクの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

最近は、外付けハードディスクと一言に言っても、いろいろなものが出てくるようになりました。パソコンの容量を逃がすためのもの...

手帳マンスリーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

マンスリーの手帳の全体的なまとめとして、1箇月を一まとまりにしてスケジューリングをすることができます。必ずしも1日分のこ...

AEDポスターの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

AEDポスターは、今までそれを知らなかった人に広く知らせるために非常に役に立っています。また、AEDというモノ自体は知っ...

エンジンコンディショナーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

エンジンの調子が優れないときは、工場に持って行ってエンジンの調子を見てもらうのがオーソドックスなやり方となりますが、それ...

レモンバームの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

レモンバームの基本的な使い方ということでは、ハーブですので、そのイメージからすると紅茶などに入れて利用するということです...

WINDOWSライブメールの簡単な初歩や基本的な使い方・利用...

WINDOWSライブメールは大変充実した内容になっているので、基本の使い方をマスターすれば便利に利用する事が可能です。自...

MIXPADの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

MIXPADは複数の音楽を自在にミックスすることができる無償の音楽ミキサーソフトで、無償にも関わらずかなり多くの機能を持...

ギャラクシーノートSメモの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

サラリーマンなら臨機応変にメモを取らなくてはならないシーンが多いでしょう。紙のメモとペンをそれぞれ取り出すのに慌てふため...

KOBOの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

KOBOの全体的なまとめとしては、楽天のサービスを利用しながら本を読むことが出来ます。本の価格に関してはそれぞれによって...

フォトギャラリーの簡...

昔のようなフィルムカメラやインスタントカメラとは違って、...

顕微鏡ワークシートの...

もし夏休みの自由研究を行なうのであれば、毎日顕微鏡を使っ...

自転車仏式空気入れの...

自転車仏式空気入れの全体的なまとめとしては、主にロードレ...

netbeansの簡...

netbeansでは、Java言語以外にも、JavaSc...

海外SIMフリーの簡...

海外SIMフリーを使いこなして旅行が出来るようになれば、...