水彩鉛筆の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



水彩鉛筆の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

注意点がいくつかある水彩鉛筆ですが、基本的には、他の画材と扱いは変わりません。使いやすく、簡単に手に入れることができる水彩鉛筆は、絵を描くことが好きな人なら持っていて損のない画材ではないでしょうか。手軽に持ち運べる良さを生かして、野外スケッチに出かけてみることもよいでしょう。自分だけの利用方法を見つけていくと、水彩鉛筆のおもしろさは、無限です。色鉛筆として紙に描く、水を含んだ筆で表面を撫でて色を溶かして水彩画のように描く、始めから濡れている紙の上に、芯を溶かしながら描く、溶けだして滲んだ色の上に鉛筆の強いタッチで描き加える、このように水彩鉛筆と紙と筆、そして水さえあれば幾通りもの新しい技法が生まれます。小さな絵はがきから、大きなキャンバスまで、満足できる表現を水彩鉛筆はあなたに与えてくれるでしょう。



水彩鉛筆とは

水彩鉛筆とは、書いた線を水で濡らすと、紙の上で溶け出す特徴を持った鉛筆です。水溶性の素材で芯が作られているために、水彩絵の具のような特徴を持ち、水で濡らしたり、水を付けた筆で表面をこすったりすると、書かれた線が溶けて消え、ぼんやりと広がったり滲んだりします。基本的には、通常の色鉛筆のようにいろいろな色がセットになって売られており、水彩色鉛筆と呼ばれています。少ない物で12本入りのセットからあり、12本入りを購入すれば、描きたいものを十分に描くことができると言えるでしょう。なぜなら、水に溶ける特徴を生かして、色と色とを混ぜ合わせる「混色」という表現も可能であり、たくさんの色が作り出せるからです。水彩色鉛筆の価格は、普通の色鉛筆に比べると少々高価です。もちろん、メーカーにより価格の差があるので、気軽に使用できる文具メーカーの物を選ぶのか、本格的な画材メーカーの物を選ぶのか、用途によって決めることができます。



初心者にオススメの水彩鉛筆の使い方・利用方法

色鉛筆の良さは、描く時のタッチを残せることや線や塗り方に強弱を付けられること、硬い芯が細部を描くことに適していることなどが挙げられます。また、水彩絵具の良さは、絵の具を水で溶かすことで生まれる滲みやぼやけの表現が使えること、複数の色を混ぜて新しい色を生み出す混色という表現が使えることなどが挙げられます。その両方の特徴を備えた水彩鉛筆で描くということは、初心者でも表現の幅が広がり、描きたいものをよりイメージに近づけて描くことができるということです。静物画や風景画を水彩鉛筆で描く場合は、近くのモチーフはよりリアルに見えるよう鉛筆の細かいタッチで表現し、遠くのモチーフは水でぼやかして表現して距離感を出すことができます。水彩鉛筆の初歩的な使い方だけで、表現力豊かに絵を描くことができるでしょう。

水彩鉛筆は簡単に使える

水彩鉛筆は鉛筆の基本を持ちつつ、水彩で描きたい方にとってもとても水に解ける性質を持っていることから水彩の良いところも持っている鉛筆です。通常のように鉛筆として使うことができる他、絵の具としても使えることができます。幾つもの色鉛筆で描いていた部分、実は水彩にしたいと思ってもなかなかできないですよね。そこで、このような鉛筆のりよう方法として、そのような方にどちらの仕様もえらべるという良い点があるということを知っておかれると良いでしょう。道具をたくさん持たなくても、これさえあれば、様々な使い方で表現をすることができるからです。そんな水彩鉛筆を使うにあたってどのようなものを準備すれば良いのか紹介しておきます。

水彩鉛筆を使うのに必要な準備

水彩鉛筆を使うにあたっては、紙、それから水彩鉛筆、それから、水や筆などを準備しておくとよいでしょう。筆は、太いもの、それから細いものなどといった種類の違うものを用意されておかれると、細い部分や広い部分などを塗る際に良いかと思います。それから旅行などに行かれた際にもちょっと挿絵などができるようにポストカードや帰宅されてからでも描くことができるようにデジタルカメラなどを準備されて置かれるのもおすすめです。まだ初歩な方が使われるのであれば、簡単な被写体になるものを準備されておかれるのが、おすすめでしょう。また、挿絵などをされる場合には、季節の野菜であるとか、果物などの単体のものなどがあれば簡単で良いかと思われます。

水彩鉛筆の使い方・手順

そこで、水彩鉛筆の利用方法として、どのようなことがあるのかをお伝えしておきます。まずは、通常の鉛筆で下書きをしていきます。はじめは大まかな線を、それからだんだんと細い部分までデッサンをしていきます。デッサンが終わったら、色をつけていきます。この時にはじめから濃い色にしてしまうと、後に薄くすることは不可能なので、薄めにしておきましょう。それから薄い部分から塗り、だんだんと濃淡をだすようにします。また、白い部分に関しては何も色をつけないようにしておかれるときれいな白がでてきます。細い部分まで塗ったら、次は水をつけて水彩にしていきます。この時に細い部分は細い筆などでされると簡単です。このようにして完成です。

水彩鉛筆を使えると何が良いか?

そこで、水彩鉛筆を使うにあたっての良い点を紹介しておきましょう。それは、アクリル絵の具などに比べると比較的安いということがあります。それから、この鉛筆を利用するメリットとして、絵の具の道具、それから鉛筆の道具など療法を持たなくても良く、また少量の水さえあれば十分だということがあります。また、絵の具を使われる時のようにパレットを持つことがないという点がメリットとしてあります。そういった点からも荷物が少なくてもOKのということがあります。このような色えんぴつと水彩の両方の良いところを持ち合わせたものを是非利用されてみることで絵の幅が広がるのではないでしょうか。ちょっとした雰囲気も柔らかく見せることができますよ。

水彩鉛筆の利用時の注意点

水彩鉛筆の特徴を知ると、様々な表現ができるのでとても便利な画材であることが分かります。しかし、その一方で、注意すべきことがいくつかあるのも事実です。利用時の注意点を挙げてみましょう。まず、水に溶けやすいという点では、濡らしたくないのにうっかり濡れてしまった場合には、こちらの意としないところが溶けて滲んでしまうことがあります。筆などの道具を使用する際や、野外でスケッチをする際の突然の雨などには気を付けましょう。また、溶けやすい芯ということで乳児が口に入れることのないよう気を付けなければなりません。さらに、素材の特徴から、高温に弱いことがあります。高温による変形にも気を付けましょう。最後に、技術的な面では、普通の色鉛筆と同様に簡単に消しゴムで消せるわけではないということを頭に入れておきましょう。

水彩鉛筆の全体的なまとめ

注意点がいくつかある水彩鉛筆ですが、基本的には、他の画材と扱いは変わりません。使いやすく、簡単に手に入れることができる水彩鉛筆は、絵を描くことが好きな人なら持っていて損のない画材ではないでしょうか。手軽に持ち運べる良さを生かして、野外スケッチに出かけてみることもよいでしょう。自分だけの利用方法を見つけていくと、水彩鉛筆のおもしろさは、無限です。色鉛筆として紙に描く、水を含んだ筆で表面を撫でて色を溶かして水彩画のように描く、始めから濡れている紙の上に、芯を溶かしながら描く、溶けだして滲んだ色の上に鉛筆の強いタッチで描き加える、このように水彩鉛筆と紙と筆、そして水さえあれば幾通りもの新しい技法が生まれます。小さな絵はがきから、大きなキャンバスまで、満足できる表現を水彩鉛筆はあなたに与えてくれるでしょう。



旋盤の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

旋盤の全体的なまとめとして、回転により金属などの加工物の加工をすることができます。基本的には円柱形のものに対して加工をす...

ルアーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

確実なフィッシングを楽しみたいときは、狙う魚を定めることが重要です。どのような魚にターゲティングするかによって、選ぶルア...

スマホドコモラインの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

最近では、ドコモのスマートフォン同士で連絡先の交換をする時、電話番号やメールアドレスよりも先にラインのIDを交換するとい...

ライカM6の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

同じモノクロフォルムで写真を撮っていくとしても、一眼レフとレンジファインダーではまた味わいが違います。ライカM6でモノク...

セット動噴の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

農作業を行う方の悩みのひとつに、使用する機械の重さがあります。背負いタイプの動噴はタンクも一緒に背負わなければならないた...

タグガンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

タグガンの全体的なまとめとしては、物流会社などにパートなどに行くと使うことがある機械です。洋服などに商品名や、メーカー、...

楽天ポイントの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

楽天市場は、最大級のネットショッピングです。そして、楽天グループ(トラベル、ブックス、オークション、カード、銀行)などが...

糸のこの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

通常ののこぎりでは、普通に木を端から切っていくことしかできません。糸のこなら、木の中心部分だけをくり抜くという芸当ができ...

オフィス2013の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

オフィスの仕事になくてはならない存在となっているのがオフィス2013です。ワードとかエクセルとかのビジネス用のソフトの名...

ブルーミックスの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

最近はインターネット上で自分が作ったものを販売できる機会があったり、手作りのものだけを販売することができるフリーマーケッ...

フィボナッチの簡単な...

フィボナッチの全体的なまとめとして、投資などにおいて一定...

梅の簡単な初歩や基本...

塩梅という言葉がありますが、これはこの食物と塩加減が上手...

PICTBEARブラ...

PICTBEARの全体的なまとめですが、このペイントソフ...

お米券の簡単な初歩や...

日本人なら誰でも口にしているお米。ほぼ毎日口にする主食と...

転写シートの簡単な初...

転写シートの全体的なまとめとして、プリンタなどで作成した...