広角レンズの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



広角レンズの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

先述より広角レンズについて説明させてもらいましたが、いろんな用途で使われますが、一番のポイントは被写体深度を深く取れると言う利点で奥行きがある写真を撮る際にも後ろの被写体を鮮明に撮ることができると言う利点があるため、景色等の撮影や、集合写真で使われるケースが多いです。利用方法を分かっていれば、広角レンズはなかなか高価な物が多いですが、買うと便利であるということを知っておくと良いでしょう。また、望遠レンズや、標準レンズと違った使い方ができると言うカメラマンにとっては楽しみも多いレンズです。特にコンサート等の動きの多い写真や、その臨場感を伝えたいときには広角レンズを使って、できる限り接近して写真を撮った時に、その写真が見る人にとって、その場にいるかのような感覚を持たせることができる写真を撮る事ができます。そのようにうまく使うことがポイントとなります。



広角レンズとは

広角レンズとは、写真レンズの分類の一つです。広角レンズを定義する厳密な基準はなく、標準レンズよりも画角の広いレンズもしくは、焦点距離が短いレンズと言うように分類されます。歴史的な理由から35mmフィルムカメラで標準とされてきた50mm望遠寄りと言うようになっていたこともり、標準寄りの広角になる物と、より広角側の広角といった分類がされるようになっています。そして、何よりも超広角レンズとなるとそのレンズの特性がより顕著になります。被写界深度が深くなるということです。どういうことかというと、ピントを合わせている被写体に対して後ろの背景がその深さによって、はっきりと移るようになります。レンズを他のものと同条件でピントが合うように設定して撮影した時に、その差が歴然としてみることが分かります。だから、広範囲の景色を撮る際に適切に使えるでしょう。



初心者にオススメの広角レンズの使い方・利用方法

初心者にお薦めと言えるのは、ぶれに強いと言うことです。しかし、初歩的な言葉にだまされないようにしないといけません。それは、ぶれに強いと言うのは、被写体が拡大されたりしておらずに小さく写るがゆえに、多少ぶれていてもそのブレが顕著に現れないため、ブレていないというだけです。拡大して見ると、ブレているものはやはりぶれてしまっています。基本的な使い方として、ズーム機能を使わないで、被写体に近づいたり、離れたりして調節することがいいでしょう。ズームすることで初心者はブレ安いために、ズームで拡大するよりも実際に被写体に近づいて画角を大きく撮れるようにすることが大切です。そのようにして拡大する際は近づいてできるだけ大きく取れるようにすることがいいでしょう。

広角レンズは簡単に使える

広角レンズを使って写真を撮ると、いつもと違った写真が撮れたなどという話はよくある話です。そういった話を聞くと、使ってみたいという気持ちになりますが、そういった場合に気になるのが使い方です。例えば、効果を得るためには特殊な技術が必要になるのであれば、たとえ使用したとしても、誰もがその効果を得ることが出来るという訳ではありません。そこで、広角レンズの使い方ですが、決して難しいことはなく、特殊な技術がなければ何も効果を得ることができないということはありません。初歩的なカメラに関する知識さえあれば、基本的な利用方法を理解することに困るなどと言うことはありません。誰でもが使用することが出来、その効果を楽しむことができます。

広角レンズを使うのに必要な準備

広角レンズを使用する際に準備するべき物はと言えば、被写体です。もちろん、特殊な物を選ばなければいけないということはありませんが、その効果を引き出すためには、それなりの被写体を用意することが必要になります。効果的な被写体の例としては、画角を広くとれることを活かせる風景などが良いです。また、大きな建造物等も魅力的な写真が撮れる対象となります。大人数での集合写真などにも向いていると言えます。このように広角レンズの特性を活かせるような被写体を用意すると満足のいく写真が撮れる可能性が上がります。そのためには、先ずは、その活かしたい特性についてしっかりと理解をしておくことが必要です。その理解が被写体選びに欠かせない知識の一つです。

広角レンズの使い方・手順

広角レンズの使い方は、被写体や取りたい写真によって変わってきます。基本となることは、他のレンズを使用した時と同じように被写体にカメラを向けてシャッターを切るということだけですが、レンズの特性を引き出すためには、撮りたい写真に応じた工夫が必要になります。例えば、遠近感が強く出せるという特性を利用したいなら、被写体に近づくということも効果的に方法になります。また、広い画角がとれるということを利用して、広い風景などを対象とするということは基本的なことになりますが、逆に室内などにおいて使用することによって、その特性を引き出すことができる場合もあります。狭い空間を広く感じさせることが出来るような写真が撮れるからです。

広角レンズを使えると何が良いか?

広角レンズを使用することのメリットは、広い範囲の写真が撮れるということが中心になります。単に広い範囲をカバーできるというだけではなく、その広さを強調できるような写真に仕上げることができます。その結果、広いものはより広く、大きいものはより大きく感じさせることができます。また、広い範囲をカバーすることが出来ることによって、予想外の写真を撮るということも可能です。被写体とする物を入れて、その周囲を広く撮影することによって、いろんなものが写り、そういった物が、その写真の魅力を増幅させる効果を持つということもあります。手ぶれの心配も少ないですので、意外性を求めて、敢えてファインダーを除かずに撮影するという方法も魅力的な撮影方法の一つです。

広角レンズの利用時の注意点

広角レンズを利用するときの注意点としては、レンズの画角に移る端が、レンズの丸みが出てしまい、被写体に歪みが発生してしまうと言う点です。だから、広範囲に取れると言う利点で集合写真等を撮る際に良く使われますが、画角いっぱいに被写体を撮る際には、歪みが出てしまうことを考慮して、端に被写体が入るようにしないようにとることが大切です。画角いっぱいに入れてしまったがゆえに後で写真を見て見ると、端に移っている被写体にゆがみが発生してきれいに写らなくなってしまうということがありますので、その点を注意して使うことが必要です。そして、広角レンズはズームレンズであっても、それほど拡大ズームできないので、拡大する際には、撮影者が近づいていくことが必要です。

広角レンズの全体的なまとめ

先述より広角レンズについて説明させてもらいましたが、いろんな用途で使われますが、一番のポイントは被写体深度を深く取れると言う利点で奥行きがある写真を撮る際にも後ろの被写体を鮮明に撮ることができると言う利点があるため、景色等の撮影や、集合写真で使われるケースが多いです。利用方法を分かっていれば、広角レンズはなかなか高価な物が多いですが、買うと便利であるということを知っておくと良いでしょう。また、望遠レンズや、標準レンズと違った使い方ができると言うカメラマンにとっては楽しみも多いレンズです。特にコンサート等の動きの多い写真や、その臨場感を伝えたいときには広角レンズを使って、できる限り接近して写真を撮った時に、その写真が見る人にとって、その場にいるかのような感覚を持たせることができる写真を撮る事ができます。そのようにうまく使うことがポイントとなります。



お米券の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

日本人なら誰でも口にしているお米。ほぼ毎日口にする主食として消費量もどの食品よりも多いのではないでしょうか。生活から切り...

フェンネルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

フェンネルを購入する場合には、瑞々しく茎や葉が変色していないもの、またハリのある手触りのものを選ぶようにしましょう。生で...

GETFLV2の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

GETFLV2で自分が気に入った動画を無制限にダウンロードすることができる画期的なダウンロードソフトです。使い方も簡単で...

書画カメラの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

書画カメラの全体的なまとめとして、学校であったりビジネスにおいて、授業やプレゼンの時に上手く使うことができそうです。パソ...

WORDテンプレートの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

ビジネスで使用する文章作成ではWORDテンプレートは大活躍してくれます。基本となるテンプレートがある事で、一つの文章を作...

wordpressブログの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

wordpressを使えるようになると、ホームページやブログを簡単に作れます。初めてのかたは、まず慣れることです。これは...

鶏糞の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

鶏糞は上手に使えば、野菜が育ち美味しくなります。栄養的にも良く、虫がいる豊かな土になります。ミミズなどが土を耕し、畑の土...

オートキャドの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

オートキャドは様々な分野において使用でき、様々な利用方法がある汎用性の高い製図ソフトです。購入価格は比較的安いLT版でも...

杖の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

杖は高齢者の方だけに限らず足腰に不具合がある場合や、怪我をした場合にも用いられ、病院内だけでなく社会の中でも幅広い年代の...

デプスマイクロの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

デプスマイクロの全体的なまとめとしては、より細かい深さを測定することができる器具です。個人的な利用もできますが、メインで...

ジグヘッドワッキーの...

ジグヘッドワッキーの全体的なまとめとして、バスフィッィン...

かんざしセミロングの...

かんざしセミロングの仕様は、それぞれかんざしのデザインに...

ファイナルデータの簡...

ファイナルデータの全体的なまとめとして、パソコンにおいて...

ミツトヨマイクロメー...

ミツトヨマイクロメーターの利用方法のポイントとしては、ミ...

パイプクリーナーの簡...

パイプクリーナーは基本の使い方をしっかり覚えれば様々な場...