オルトラン粒剤の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

オルトラン粒剤の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

オルトラン粒剤は、価格が比較的手頃であり、散布する対象が少量である家庭菜園向きの農薬です。植物の主要害虫であるアブラムシの駆除と予防に効果を発揮します。オルトラン粒剤の効果的な利用方法として、アブラムシが活動する春から秋にかけては、1ヶ月に一度くらいのペースで定期的に散布する必要があります。葉に直接撒く葉面散布をする場合は、植物の生育初期と害虫の発生初期に行うと効果的ですが、葉の上で水に溶けると植物によっては薬害が出る可能性があるので注意が必要です。また、発売から30年以上たち、耐性を持った害虫も多いので、散布するたびに違う系統の薬剤を使うことで、害虫の薬剤抵抗性を防ぐことができます。また、オルトラン粒剤は、浸透移行性のため、高さのある木の場合、根から吸収した薬剤が枝の先までは届きにくく効果が薄まるので、基本的に地表から1メートルくらいの高さまでの植物に効果があります。

オルトラン粒剤とは

オルトラン粒剤とは、有機リン系の殺虫剤で、その利用方法は植物の根元や葉に散布し、オルトランの有効成分アセフェートを植物に吸収させ、その樹液を吸った害虫を駆除します。草花や家庭菜園向きの農薬で、コナガ、ヨトウムシなどのそしゃく性害虫やアブラムシなどの吸汁性害虫まで幅広く効果があります。また、効果の持続期間が長く、1回の散布で3週間から1ヶ月の間予防効果があります。使用できる作物は、草花はバラ、菊、ベコニア、野菜はトマト、なす、きゅうりなどがあり、観葉植物にも使えます。使用量は1㎡あたり14グラム、または1株あたり1~2グラムが適量となります。オルトランは他に水和剤や液剤などいろいろな種類がありますが、粒剤は散布液を作る手間が必要ないので便利に使えます。農家にはおなじみの農薬で、昔から使われておりホームセンターなどにも置いてあるので手軽に購入できます。

初心者にオススメのオルトラン粒剤の使い方

最近では、プランターがあれば手軽に始められるベランダ菜園が人気ですが、野菜作りには害虫がつきものです。特にアブラムシはあらゆる野菜や花に発生し、被害を与える頻度が多い害虫です。野菜作りを始めたばかりの方はアブラムシの対策に頭を悩ませるのではないでしょうか。アブラムシは植物の茎や蕾に寄生し、植物の樹液を吸って植物の生長を妨げたり、ウイルス病を媒介させるなどの害を与えます。予防対策としてのオルトラン粒剤の利用方法は、最初の苗の植え付けの時に、植え穴に散布したり、土の中に混ぜておくという簡単なやり方で、株の内部からアブラムシの発生を抑える効果があります。オルトラン粒剤の使い方は、ばら撒くだけでいいので初心者には使いやすく、手軽に扱えます。

オルトラン粒剤は簡単に使える

オルトラン粒剤の使い方はとても簡単です。散布のやり方は土にパラパラ撒くだけなので、手を汚さなくても気軽に使用でき、薬剤の濃度をはかって希釈するなど面倒なやり方はしないので楽です。オルトラン粒剤は水によく溶けるのが特徴で、散布すると葉や茎に浸透し、葉そのものが殺虫効果を持ち、吸汁する虫や葉を食べる虫、コガネムシ幼虫などの土壌害虫を退治してくれます。鉢やプランターで育てる場合のやり方は、苗を植える時に株の根元に1~2グラム撒いておきます。花壇で育てる場合のやり方は、苗を植え付ける時に植え穴に撒いておき、成長したらさらに植物の根元に撒いておきます。オルトラン粒剤は一度撒いておけば2~3週間は効果が持続するので、頻繁に撒く必要がありません。薬剤を希釈し噴霧器で散布する利用方法だと、農薬が周りに飛散しないように注意しなければなりませんが、オルトラン粒剤は土に撒くだけなので簡単に扱えます。

オルトラン粒剤を使うのに必要な準備

オルトラン粒剤は農薬ですから、使い方には細心の注意が必要です。使用する前には商品のラベルに書いてある説明書の注意事項を読んでおき、農薬の基本的な情報を確認する必要があります。農薬にはそれぞれ効果が出やすい使用時期や、使用できる作物、使用回数が決まっているので、きちんと理解しておかなければなりません。散布するときは、できるだけ農薬に触れないようにポリエチレン製やゴム製の手袋、散布するための専用器具の準備が必要です。広範囲に散布する場合は、専用の散布器具の使用が基本ですが、家庭菜園では少しの量を撒くだけなので、小さじほどの大きさのスプーンを準備しておけばいいでしょう。小さじ1杯が約2グラムになります。

オルトラン粒剤の使い方・手順

害虫防除の基本は予防することにあります。アブラムシは3月~4月の新芽や蕾の頃につきはじめ、11月頃まで発生します。春と秋に大発生しますが、基本的に暑さに弱いため夏には減少します。繁殖が盛んなため、効果が長続きする浸透移行性剤であるオルトラン粒剤が効果的です。オルトラン粒剤の利用方法としては、バラなどの花の場合は、土の根元にばら撒きます。この時、一ヶ所に集中しないように土の上にまんべんなく撒くことが大切です。粒剤の量は15センチ鉢1個で1~2グラムが基本です。また、土が乾燥しすぎていると効果が半減するので、土の表面が湿っている時に撒くといいでしょう。散布したあとに水をまいて、薬剤を土の中に浸透させることも必要です。

オルトラン粒剤を使えると何が良いか?

オルトラン粒剤は浸透移行性の殺虫剤なので、散布すると害虫の発生を抑える効果が長続きします。浸透移行性とは、植物の葉や根から薬剤の有効成分が染み込んでいき、導管などを伝って植物全体に移っていくことで、植物自体が殺虫効果を持ち、その葉を食べた害虫を退治するという性質です。即効性はないですが、予防薬としての使い方が特に効果的であり、害虫が発生してしまう前に散布するだけで効果があります。また、土の上に顆粒状の薬剤をばら撒くだけなので、風によって薬剤が飛散することがなく、天敵などの有益な昆虫や周囲の環境や人体への影響が少ないといえます。また、誰でも使いやすく人気のある農薬なので、ホームセンターやインターネットなどで気軽に購入できるのも魅力のひとつです。

オルトラン粒剤の利用時の注意点

オルトラン粒剤は家庭園芸用薬剤として最も知名度が高く、入手しやすい農薬です。しかし、有機リン系で浸透移行性があるため、残留性が強い農薬ですので、使い方には注意が必要です。トマトやきゅうりなど野菜に使用する場合は、説明書の注意書きをよく読み、収穫する何日前まで使用可能か確認しておく必要があり、収穫が近い野菜には散布しないように気をつけます。農薬は使い方によっては劇薬になりますので、必ず使用回数や使用する間隔などを守って使用しなければなりません。また、散布中はペットや小さいお子さんが周りにいないことを確認し、近くに寄ってこないよう気をつけます。また、オルトラン粒剤は、ミツバチの活動に影響を与えてしまうので、巣箱の周りにかからないような散布のやり方をします。保管場所にも注意が必要で、涼しい場所に保管し、ペットがいる家庭はえさと間違って食べられないよう注意しなければなりません。誤飲を防ぐためには容器を移し変えることは絶対にしないようにします。

オルトラン粒剤の全体的なまとめ

オルトラン粒剤は、価格が比較的手頃であり、散布する対象が少量である家庭菜園向きの農薬です。植物の主要害虫であるアブラムシの駆除と予防に効果を発揮します。オルトラン粒剤の効果的な利用方法として、アブラムシが活動する春から秋にかけては、1ヶ月に一度くらいのペースで定期的に散布する必要があります。葉に直接撒く葉面散布をする場合は、植物の生育初期と害虫の発生初期に行うと効果的ですが、葉の上で水に溶けると植物によっては薬害が出る可能性があるので注意が必要です。また、発売から30年以上たち、耐性を持った害虫も多いので、散布するたびに違う系統の薬剤を使うことで、害虫の薬剤抵抗性を防ぐことができます。また、オルトラン粒剤は、浸透移行性のため、高さのある木の場合、根から吸収した薬剤が枝の先までは届きにくく効果が薄まるので、基本的に地表から1メートルくらいの高さまでの植物に効果があります。

JW CADの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

JW CADは、無料のフリーソフトですが、その使い勝手や性能の良さから、広く使用されているCADです。設計事務所や工事会...

ピルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ピルに対しては、日本ではあまり馴染みの薄い薬です。しかし安全に避妊が出来るというのは素晴らしい効果があります。医師の処方...

トランシットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

トランシットは正確に角度を出すためにとても大切な測量機器になっています。建設会社や設計事務所ではほとんどの所で持っており...

三角巾腕の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

様々な場所で使われる三角巾はたいへん重宝するとして、その使い方の腕をあげましたら生活に役立つものとなります。それ自体とて...

プリントスクリーンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

プリントスクリーンの全体的なまとめとして、パソコンの任意の画面を保存することができます。大事な情報を残しておきたい場合、...

NOTESの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

NOTESとは、社内で情報の共有化を行い、一元管理を実現するためのグループウェアとなっており、メールやカレンダーなどの機...

職印くんの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

職印くんの全体的なまとめとして、かつての文書回覧の承認のように電子的な書類に印を押すことができます。通常印を押すとインク...

さしがね基本編の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

日本には、神社や寺院、お城などの伝統的な建築物がありますが、それらを建ててきた大工道具には、様々な知恵が凝縮されています...

DAZSTUDIO4の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

DAZSTUDIO4は簡単に3Dを作成することができるCGソフトで、イラストやデザインの仕事をしている方が使用しているソ...

デプスマイクロの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

デプスマイクロの全体的なまとめとしては、より細かい深さを測定することができる器具です。個人的な利用もできますが、メインで...

GOPROアプリの簡...

GOPROがあれば、いろいろなアクティビティーでビデオ撮...

ドルツの簡単な初歩や...

ドルツの全体的なまとめとしては、利用することによって手軽...

WORDテンプレート...

ビジネスで使用する文章作成ではWORDテンプレートは大活...

LINE携帯の簡単な...

LINE携帯は、スマートフォンではなく携帯電話であるあま...

類語辞典の簡単な初歩...

類語辞典は、例えば小説を書いたり、長い文章を描いたり、風...