ダイアップ座薬2回目の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



ダイアップ座薬2回目の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ダイアップ座薬は、前述したように子どもが熱性けいれんを何度か起こしているか、けいれん時間が長かったなどで、その予防目的で使用することがほとんどです。初めてダイアップ座薬を投与、あるいは初めてダイアップ座薬2回目を投与する方も、1回目は37.5度以上の発熱もしくは発熱の前兆(機嫌が悪い、顔色が悪い、手足が冷たいなど)がある場合。2回目は1回目投与後から8時間後も38度以上の発熱が続いている場合。座薬挿入後、排便はあるか、ないか、便の中に座薬が残っていないかなど、いずれにしても落ち着いて投与してあげることが子どもにとっては大切です。誤った使用方法をした場合や、不安に思うことがあれば、すみやかに医師または薬剤師に相談してください。落ち着いて、正しい使用方法でダイアップ座薬を有効に活用していきましょう。



ダイアップ座薬2回目とは

まず初めに、体温の急激な上昇に伴って、乳幼児期(6ヶ月?5歳ごろまで)の脳の未熟さから起きる、けいれんや一時的な意識障害のことを、「熱性けいれん」といいます。多くの熱性けいれんは、10分以内におさまりますが、けいれん時間が長かったり、複数回けいれんを起こしていたり、けいれんの家族歴などがあるとすると、けいれん予防薬の「ダイアップ座薬」が処方されます。1回目のダイアップ座薬は、前にも述べたように、熱性けいれんは体温の急激な上昇によって起こるので、37.5度を越えたら、できるだけ早くに使用します。10分ほどで、けいれんを抑える効果があらわれますが、8時間たっても38度以上の発熱をしている場合は、ダイアップ座薬2回目を投与します。ダイアップ座薬2回目投与後は、1回目投与時から36時間の間はダイアップ座薬の効果が持続します。



初心者にオススメのダイアップ座薬2回目の使い方・利用方法

次に、ダイアップ座薬2回目の基本的な利用方法ですが、その前にダイアップ座薬1回目についても、あらためて簡単に説明しておきます。熱性けいれんは、急激な体温の上昇により引き起こされるので、ダイアップ座薬1回目は、37.5度以上の発熱、または発熱の前兆(機嫌が悪い、顔色が悪い、手足が冷たいなど)があるときに投与します。そして、ダイアップ座薬2回目の使い方です。1回目使用後、効果が出てくるまで10分ほどかかるので、その後の体温に注意して観察していきます。解熱までいかなくとも、体温が37.5度前後であれば、体を冷やしてあげ様子を見ていてかまいません。しかし、8時間後になって体温を測っても、38度以上の発熱が続くようであれば、2回目のダイアップ座薬を投与する必要があるので、迷わず投与しましょう。

ダイアップ座薬2回目は簡単に使える

ダイアップ座薬は小児に使用される座薬で、主に熱性痙攣を起こした場合に使用されます。初めて痙攣を起こした場合は慌てがちになりますが、速やかに小児科を受診してダイアップ座薬を使用してもらいましょう。そして熱の上昇や全身状態の様子を見ながら必要時にはダイアップ座薬2回目を行う事になります。この時基本となる座薬の使い方は一般的な物と同じなので、初歩的な利用方法を理解しておけば誰にでも挿肛する事が出来ます。従って保護者によりダイアップ座薬2回目を使用する場合もあり、あらかじめ使用するタイミングを確認しておく必要があります。ダイアップ座薬は基本的には新生児や低体重出産児には使用されないので、医師の指示に従う事が大切です。

ダイアップ座薬2回目を使うのに必要な準備

ダイアップ座薬2回目を行う際に必要となる物は、一回目を使用してからの時間経過や発熱の状態のデータであると言えます。それはダイアップ座薬はジアゼパムにより構成されているので、一日における使用量が定められているからです。多くの場合熱性痙攣時には高熱を出しているので、ダイアップ座薬と同時に解熱剤の座薬も使用される事になります。その為一回目を使用して8時間後位に再び発熱が見られた場合は痙攣の予防の目的の為、再度使用する事になります。その発熱の目安は各児によって異なる為、かかりつけ医の指示を仰ぐ事になります。又ダイアップ座薬を使用する時は出来るだけ楽な体勢を整える事が必要で、スムーズな挿肛ができる様に努めます。

ダイアップ座薬2回目の使い方・手順

ダイアップ座薬2回目を行う場合に、もし既に痙攣を起こしている場合は嘔吐等を起こす事もあるので、顔は横に向けて誤嚥する事を避ける様な体位をとります。又舌を噛む危険性があると言える時には口の中に舌を押さえる物を入れると良いと言われてきましたが、これはかえって口の中を傷つける事にもなりかねませんので行わない様にします。そして発熱がみられ痙攣予防の為に使用する場合は、時間経過を十分に把握した上での使用を前提にして、前回の使用時に行われた様に児の腹圧がかからない様な体位をとり、肛門部を傷つけない様に必要時にはゼリー等を使用して挿肛する様にします。又挿肛してしばらくは肛門部から出てこない様に軽く押さえておく事も大切です。

ダイアップ座薬2回目を使えると何が良いか?

熱性痙攣の発生を経験した場合再び引き起こされる事に強い不安を感じる事になり、発熱に対して過敏になってしまいがちです。しかしダイアップ座薬2回目をベストなタイミングで使用する事により、痙攣を避ける事ができ、本人は勿論の事保護者から見てもダメージは低く抑える事に繋がります。熱性痙攣の場合、程度の違いは有っても発熱を伴う事になるので、体力の消耗も激しくなりがちであり痙攣よりも発熱そのものによるダメージが大きくなる傾向があります。その為消耗してしまった身体に再び痙攣を起こす事を予防し、安静を保つ事が出来るので、ダイアップ座薬2回目の使用を医師の指示のもと適切に使用する事には大きな意義があると言えます。

ダイアップ座薬2回目の利用時の注意点

次は、ダイアップ座薬2回目投与時の注意点ですが、一回目とほぼ同様です。まず初歩的なことですが、肛門に挿入するのですから、爪は短く切っておきましょう。直腸を傷つけてしまう可能性があります。そして、投与後すぐ(5分?10分以内)に座薬の形を残したまま、便に出てしまった時は、再度挿入してください。5分?10分後、排便しても座薬が見当たらない場合は、そのまま様子を見てもらってかまいません。再度挿入する必要はありません。この時に、排便とともに出たのではないかと不安になり、再度挿入すると適正な量を超えてしまう可能性も考えられます。また、けいれんが起きてしまっても本人の状態を確認しつつ使用することは可能です。

ダイアップ座薬2回目の全体的なまとめ

ダイアップ座薬は、前述したように子どもが熱性けいれんを何度か起こしているか、けいれん時間が長かったなどで、その予防目的で使用することがほとんどです。初めてダイアップ座薬を投与、あるいは初めてダイアップ座薬2回目を投与する方も、1回目は37.5度以上の発熱もしくは発熱の前兆(機嫌が悪い、顔色が悪い、手足が冷たいなど)がある場合。2回目は1回目投与後から8時間後も38度以上の発熱が続いている場合。座薬挿入後、排便はあるか、ないか、便の中に座薬が残っていないかなど、いずれにしても落ち着いて投与してあげることが子どもにとっては大切です。誤った使用方法をした場合や、不安に思うことがあれば、すみやかに医師または薬剤師に相談してください。落ち着いて、正しい使用方法でダイアップ座薬を有効に活用していきましょう。



ジェノベーゼソースの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

今まで述べたように、ジェノベーゼソースは幅広い利用方法があり、食材を簡単におしゃれに生まれ変わらせることができます。野菜...

VNCの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

VNC及びVNC派生ソフトウェアはたくさんありますが、バージョンにより商用利用ができなかったり、また通信データが暗号化さ...

スキャンスナップの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

スキャンスナップの全体的なまとめとしては、ビジネス向けに利用しやすいスキャンシステムがあります。連続的にスキャンができれ...

ネイルオイルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

爪はお肌と同じように乾燥もしてしまいます。お肌のお手入れをすると同じように、爪のお手入れはしておかないといけないです。そ...

YOGATABLET8の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

とにかくYOGA TABLET8は、安価で性能が高いという非常にコストパフォーマンスに優れたタブレット端末となります。A...

wineの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

wineはLINUX上でもWindowsのソフトを動かしていける環境を提供してくれますが、万能ではありません。せっかくW...

ラディアントタッチの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

どうしてもしみや傷隠しなどのイメージが強いコンシーラーに新しいメイクの可能性を吹き込んだのが、イヴサンローランのラディア...

測量機の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

測量機の全体的なまとめとして、距離や角度、高さ、いろいろなものを測定することができます。工事関係者であったり、土木関係者...

スマートフォンカメラの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

スマートフォンはとても便利なもので、カメラの機能も簡単に使うことができ写りも綺麗なことは大きな魅力です。デジタルカメラを...

dbの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

サイトやシステムを作る上でdbは、無くてはならない物です。サイトに載せた過去の記事をキーワード検索して探す事が出来ますし...

IMOVIEの簡単な...

全体的な統括として、IMOVIEは使いやすさに重点を置い...

ホームページビルダー...

ホームページビルダー15は、2010年に発売されたホーム...

テンキーの簡単な初歩...

テンキーの全体的なまとめとして、パソコンで数字入力をする...

INSTALLSHI...

こうした大変便利なソフトウェアであり、インストーラそのも...

テニス肘の簡単な初歩...

私たちの生活から、スマートフォンやタブレット端末は外すこ...