スケッチアップ8の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

スケッチアップ8の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

スケッチアップの全体的なまとめとして、選択ボックスで複数のエンティティを選択するとより使いやすくなります。選択ボックスは、複数の連結されたエンティティに対して一つの動作や作業をする場合は非常に便利になります。すべて3Dでモデリングする場合は整理整頓してプレゼンテーションしやすいように作成することにより、2分程度で世界地図の一部を一度にモデルできるようになります。あらかじめモデル化されてる建物もインポートすればGoogleマップのストリートビュー画像としても使えるようになります。デザイン中に部屋のレイアウトなど3Dやいろいろなツールを扱ったり、拡張機能を利用することでスケッチアップが簡単で便利に使えるようになります。スケッチアップは他のソフトとの連携も充実しているので多くの職業の方にお使いいただけます。

スケッチアップ8とは

スケッチアップ8は基本的なやり方を覚えるとすぐに使いこなせるツールになります。スケッチアップ8は非常に親しみやすく見やすい3Dモデリングソフトになっていて、機能は使いやすくて線と形を描いたらその表面を押したり引っ張ったりして3Dの形へと変えて引き延ばしてコピー、回転、色塗りなど自分で自由にモデルを簡単に作成できます。少しの時間で3D図面を作成したりすることがスケッチアップではできるので工夫とアイデア次第で素晴らしい作品が出来上がります。プロジェクトに従って操作を進めていけばプールの使い方やコンセプト初歩的な利用方法などを深く把握できて少しの操作をすることで作業が簡単にスムーズに使うことができますスケッチアップは3Dの立体を作るソフトなので、いきりなり3Dで制作をする方は平面図から作成すると作りやすくなります。

初心者にオススメのスケッチアップ8の使い方・利用方法

スケッチアップ8を使うのに必要な準備は4つあります。一つ目は写真照合ツールを使い建物や物体の写真をトレースすることにより、寸法が正確になり3Dモデルを簡単に製作することができます。二つ目は、レポートの生成で表形式のレポートを作成するためにモデルにメタデータを埋め込んで、モデル内の名前のついたエンティティと、リストのエクスポートをするコンポーネント機能を使用して自分のデータが重要かを指定できます。三つ目が、サンドボックスツールでこれを使うと3D地形の作成や最適化、修正ができます。またスムーブツールを使うと既存の地形を彫ることができます。四つ目が、影の観察で影のかかる位置の計算を影設定パネルに任せるだけで簡単に使えます。

スケッチアップ8は簡単に使える

3D関連のソフトウェアは、基本的に非常に高価なものが多く、個人で利用することが難しかったのですが、最近ではエントリークラスの低価格製品や、フリーの3Dソフトが数多く登場するようになってきました。高価なハイクラスの3Dソフトウェア製品であっても、エントリークラスの低価格版や、フリー評価版等が利用できるようになっていることが多くなっています。スケッチアップ8は、Googleが提供する3Dデザインツールです。商用が可能な有償版と、商用利用ができない無償版が用意されています。無償版はインターネットからダウンロードすることができますので、どなたにでも簡単に3Dデザインを始めることができるようになっています。

スケッチアップ8を使うのに必要な準備

スケッチアップ8を使うために必要なパソコンは、WindowsまたはMacパソコンです。あとはインターネット接続環境があれば、すぐに利用を開始することができます。Googleのスケッチアップのサイトに無料版のダウンロードボタンが用意されているので、自分の利用しているパソコンに合ったものをダウンロードします。セットアッププログラムがダウンロードされるので、これを実行してインストールを進めていきます。基本的にはデフォルト設定のままインストールを進めていけば大丈夫です。インストールが完了すると、デスクトップ上にアイコンが作成されますので、これをダブルクリックしてスケッチアップ8を起動させることができれば、3Dデザインのための準備は完了です。

スケッチアップ8の使い方・手順

スケッチアップ8は、最初の起動時には色々と確認や情報表示の画面が表示されます。その後は、通常の編集画面が表示されるようになります。そのまま使い始めても良いのですが、表示メニューからツールバーを選択して表示させておくと、作業の際に色々と便利です。ツールバーの中に、「長方形」という四角形のアイコンがあります。これをクリックした後、画面上でドラッグすると、正方形を描くことができます。これで四角の面が描けました。次にオービットと呼ばれる矢印が球状になって交差しているアイコンをクリックして、画面上をドラッグしてみてください。画面内の空間が動いて、先程描いた四角形が、実は四角い平面であったということを確認することができます。

スケッチアップ8を使えると何が良いか?

スケッチアップ8の初歩的な操作方法としては、基本的にツールを使って3D空間に色々と描いていくという感じになります。基本的にシンプルな画面構成とメニューなので、マニュアル等を見なくても、あれこれと操作を試しているうちに、簡単な使い方については理解することができるようになるでしょう。もちろん、掘り下げて行けばいくらでも深くなるものですから、ある程度、操作になれたらマニュアルにじっくりと取り組んで正しい利用方法をマスターするということが大切になってきます。それでも、スケッチアップ8は、他の3Dソフトと比較すればシンプルな部類に入ります。初学者の人が、3Dデザインを学び始めるためのソフトとして最適なものであると言えます。

スケッチアップ8の利用時の注意点

スケッチアップ利用時の注意点は実行速度が少し遅いので、動作を早くしたい方は経験やモデルスタイルに関係なく表示設定でデフォルトスタイルにすることで素早く動作が行えるようになります。コンポーネントのインスタンスを複数回使用する方が動作が遅くなるのでエンティティやグループのコピーの回数使用を下げることで問題が解決します。またレイヤを使用してモデル内に表示されているジオメトリが多いほどスケッチアップの動作速度の低下に繋がるのでジオメトリを使う際は、レイヤを重ねて隠して非表示してイメージ、アイテム、家具、家、樹木、などの操作を行うことをおすすめします。さらに、JPEGを使用したりより早いプロセッサを搭載した新型のパソコンを使用するとスケッチアップの速度があがります。

スケッチアップ8の全体的なまとめ

スケッチアップの全体的なまとめとして、選択ボックスで複数のエンティティを選択するとより使いやすくなります。選択ボックスは、複数の連結されたエンティティに対して一つの動作や作業をする場合は非常に便利になります。すべて3Dでモデリングする場合は整理整頓してプレゼンテーションしやすいように作成することにより、2分程度で世界地図の一部を一度にモデルできるようになります。あらかじめモデル化されてる建物もインポートすればGoogleマップのストリートビュー画像としても使えるようになります。デザイン中に部屋のレイアウトなど3Dやいろいろなツールを扱ったり、拡張機能を利用することでスケッチアップが簡単で便利に使えるようになります。スケッチアップは他のソフトとの連携も充実しているので多くの職業の方にお使いいただけます。

キングオフィスソフトの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

キングオフィスソフトの全体的なまとめとしては、表計算、ワープロ、プレゼンソフトを簡単に導入することができる総合ソフトとい...

アンクルウエイトの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

アンクルウエイトの全体的なまとめとして、足腰を鍛える時の補助的な道具として使えます。これをつけて歩くだけで筋力がアップし...

ナプキン動画の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

そのままだと四角くて薄いペーパーでしかないナプキンも、アレンジと工夫次第でテーブルを華やかに彩ってくれます。フォーマルな...

草木灰の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

草木灰の全体的なまとめとして、草や木を燃焼することによってできた灰を肥料として使います。販売もされていますが、燃焼するだ...

PHメーターの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

実験などで使われる用具なので、使うためには専門的な用語などを覚えておかないといけないのかと思いきや、そういった行為を行わ...

SURFACERTの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

SURFACERTの全体的なまとめとして、OSの会社から誕生した新しいタイプのタブレットです。タブレットなのにキーボード...

北陸フリー乗車券の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

北陸フリー乗車券は北陸フリーきっぷを前身にもつ、JR東日本が販売していた特別企画乗車券で2015年春に終了となりました。...

STUDIOONE2の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

フリー版とはいえ、DTMのために必要な機能はほぼ開放されており、人によってはこれだけでも、素晴らしい音楽作品を生み出すこ...

PICTBEAR透過の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

PICTBEARは、ホームページ制作には欠かせない素材の作成でも大いに活用できます。ですので、イラストなどを描かない場合...

ssdの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

ssdをパソコンに導入することで、手軽に処理スピードの高速化が望めますが、OSの起動ドライブに用いた場合では、パソコンの...

なげるーんの簡単な初...

なげるーんの全体的なまとめとしては、投手の練習をするのに...

タモの簡単な初歩や基...

タモの全体的なまとめとして、釣りのときに必ずしも必要な道...

F-06Eの簡単な初...

F-06Eは、フルセグの視聴や、DLNAやDTCP-IP...

お弁当箱の簡単な初歩...

お弁当箱は、しっかりとしたものを選ぶことによって、お弁当...

圧力鍋レシピの簡単な...

圧力鍋を使ったことがない場合には、爆発したりする恐れがあ...