RSIの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

RSIの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ここまでの記述から、このRSI指数自体も金融商品毎による様々な計算方法やその目安方法などが存在し、それぞれに合ったスタイルのものが存在しているとわかる感じがします。しかし、そうはいってもあくまで投資家個人なりの売買での目安となる基準に過ぎないものであり、確実性などが必ずしもあるわけではないものなので、このことを決して忘れてはなりません。とはいうものの、投資を投資家が仕事として行っていく以上、なるだけ様々なリスクを回避するためにその目印や道標としてこうした指標を計算していくことは、やはり有意義なものであるといえます。そのRSIによる指標があるからこそ、投資の有無を判断する決断についての勇気が生まれるともいえますので、投資家自身による自信を付けていく意味としても、この指標といったものの存在は重要かもしれません。

RSIとは

ここで言う「RSI」とは、いわゆる[相対力指数:RelativeStrengthIndex]のことです。つまり、株価などの金融商品の価格相場などにおいての[売られすぎ]あるいは[買われすぎ]を見る指標の事です。上昇した日の上げ幅の合計と下落をした日の下げ幅の合計とを比較して、相対的な相場においての強弱を測るものである数値を指します。この数値は、株価の変動を指数化し相場の強弱を表すオシレーター系での指標としては、代表的なものにあたります。計算方法自体については、そこで使われる日数も様々であり、14日間が一般的なようですが、短期でのトレーディングなどを通常の取引としている方などは9日間を、超長期のトレンドを見る向きでは75日などを使用したりしている場合もあるようです。このように、個々人においても計算方法の基本が異なります。

初心者にオススメのRSIの使い方・利用方法

初心者である投資家の方などは、このRSI自体の見方についても知識が乏しい方がほとんどといえますので、現在自分が運用している金融資産商品自体の性格に合った計算方法がのぞましいといえます。売りすぎ・買いすぎの指標などは、商品の種類それぞれにおいての性格性などもとても関わりがありますので、このことについてよく理解をしておくことが肝要です。株式・FX・ワラント・投資信託・貴金属投資その他、様々な商品形態がありますが、それぞれ毎において相場自体の計算方法や予測、投資家の性格なども大きく異なりますので、扱いにはよく注意をしておく必要があります。ただし、売り買いといった点はどれも同じといえるので、初心者の方は初歩的なRSIについてのWeb上でのグラフの使い方や利用方法を学んでおけば十分かもしれません。

RSIは簡単に使える

この「RSI(RelativeStrengthIndex)」とは、株価の[売られ過ぎ]、[買われ過ぎ]を見る指標であり、上昇した日の上げ幅の合計と下落した日の下げ幅の合計とを比較し、相対的な相場の強弱を測るものであり[相対力指数]といわれるものにあたります。オシレーター系(株価の変動を指数化し、相場自体の強弱を表すもの)の指標としては代表的な指標といえる存在のものであり、たいへんわかりやすい数値です。そしてこのRSI自体はサイコロジカルラインに値動きを加味したものと考えられ、0から100までの数字で表されるものとなっていますが、大変わかりやすいので初心者である方でも基本さえ理解していれば大丈夫です。

RSIを使うのに必要な準備

この相対力指数を扱う投資家である利用者自身が株式か、もしくはFX、投資信託、ワラントその他、扱う目的の金融商品毎によってそれぞれ異なってきますので注意が必要です。ただ、これは初歩的かつごく基本的な事ですが、どのような金融商品のカタチであったとしても要は「上がるか下がるか」なので、このことを頭に入れてこのRSIによる数値のあり方を、リアルタイム上でのWeb相場画面のグラフや数値表を観ながら観察しておく必要性があります。ただ、金融商品によっては、ワラントやFXなどのように、急激に秒単位で相場が大きく変化をしていくものも存在するので、基本的なweb上のグラフ等の見方をしながら、RSI数値の使い方や利用方法などを理解していくことが大事です。

RSIの使い方・手順

株式・FX・ワラント・投資信託その他、様々な金融商品が存在していますが、相対力視数値であるRSI自体の扱いについては、それぞれ大きく異なるのでそれぞれにおいての独自の見方がどうしても必要になってきます。例えば、FXやワラントなどの場合のように、秒や分単位で相場が大きく変化をしたりする商品などの場合には、ほんのわずかなタイミングでRSIを基にした売り買いの判断を瞬時にしなくてはならない場合も珍しくはありません。このため、個々人の瞬時においての判断力が大変必要になります。一方、投資信託などの場合には、短くて3ヶ月あるいは半年、通常で8年から10年くらいと、大変長いRSIでの数値の判断状況なので、それぞれいかに違うかがよくわかります。

RSIを使えると何が良いか?

この点についても金融商品の種類毎によって、見方の感覚などが大きく異なりますが、振幅性の大小が激しいかどうかでその商品自体の相場性について判断が出来るので、様々なリスクなどへ事前に対処が出来るといったメリットがある程度あります。決して確実にリスクを回避できるというわけではありませんが、こうした予測についての判断が事前にしやすくなるといった点において、余計なリスクをその分事前に回避出来る可能性が高くなるので、こうしたメリットは商品においての事前の資産運用面において大きいものといえます。また、こうしたリスク回避面だけではなく、このRSI数値の確認をする事によって、余計な出資などの自粛なども可能に出来るので、支出面での急な危難回避などの面においても十分対応が可能といえます。

RSIの利用時の注意点

これはどの金融商品を扱う際にもいえることですが、必ずしもRSI自体が確実な情報の指標といえるものではありません。あくまで大まかなその金融商品を扱う投資家である利用者自身による大まかな目安であることを忘れてはなりません。金融商品ごとの相場の上下の周期などはもちろんのこと、他の投資家個人のその時においての判断などもWeb上においての相場グラフ表上にも様々なカタチで表れますので、急なある国での国内情勢や戦争、紛争、災害、産出資源の価格設定などの各事象においても左右されることも多く、どうなるかわかりません。こうした実状があるからこそ、このRSIにおいては使い方や利用方法などについての、それなりの工夫が大事といえます。

RSIの全体的なまとめ

ここまでの記述から、このRSI指数自体も金融商品毎による様々な計算方法やその目安方法などが存在し、それぞれに合ったスタイルのものが存在しているとわかる感じがします。しかし、そうはいってもあくまで投資家個人なりの売買での目安となる基準に過ぎないものであり、確実性などが必ずしもあるわけではないものなので、このことを決して忘れてはなりません。とはいうものの、投資を投資家が仕事として行っていく以上、なるだけ様々なリスクを回避するためにその目印や道標としてこうした指標を計算していくことは、やはり有意義なものであるといえます。そのRSIによる指標があるからこそ、投資の有無を判断する決断についての勇気が生まれるともいえますので、投資家自身による自信を付けていく意味としても、この指標といったものの存在は重要かもしれません。

ハットピンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

ハットピンの全体的なまとめとして、帽子にアクセントを加えることができるアクセサリーです。特に模様などがない帽子でも、ワン...

ハッカ油の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

昔から存在しているハッカ油は、基本的にドラッグストアをはじめ日本国内で多々存在しています。購入する価格としては瓶の大きさ...

ナイキプラスの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

普段からランニングをしようと思っているものの、なかなか続けることができないと言う人に、ぜひともお勧めできるアプリケーショ...

バーコードの作成の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

二次元バーコードの作成に関しては、できるようになるとプロフィールを交換するときに非常に利便性がアップするので、できればや...

エクセルオートフィルタの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

表計算ソフトの基本的な利用方法は、データを入力したり、追加挿入する等により蓄積したデータについて、当初の仕様に入っている...

セブンイレブンATMの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

一日中に渡って使用できるセブンイレブンATMは利便性に優れているので、利用者が多い事が特徴です。一方で不正にお金を引き出...

IPATの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

IPATの全体的なまとめとしては、インターネットを通じて簡単に競馬の勝ち馬投票券を購入できるようになりました。これまでは...

ハイドロキノンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ハイドロキノンの全体的なまとめとして、美白のために比較的長く使われているクリームの成分です。よく知られていることから気軽...

F02Fの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

F02Fは10.1インチという比較的大きな画面を搭載している為、非常に操作しやすく、使い勝手にも優れるタブレットです。特...

アイホン5の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

以上述べたように、従来型のiphone類などと比べて著しい進化を遂げたアイホン5といった機種本体にあたりますが、決して乗...

糸鋸の簡単な初歩や基...

糸のように細い鋸刃を持つ糸鋸は、木工などを中心に様々な分...

光ボックスの簡単な初...

光ボックスの全体的なまとめとして、NTTが提供している光...

レンコン粉末の簡単な...

レンコン粉末が有名になったのがテレビなどの放送で取り上げ...

ラバーカップの簡単な...

またラバーカップの初歩的な使い方のひとつとしては、便器の...

スゴイケーブルの簡単...

スゴイケーブルの全体的なまとめとしては、パソコン同士を接...