PICTBEAR透過の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

PICTBEAR透過の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

PICTBEARは、ホームページ制作には欠かせない素材の作成でも大いに活用できます。ですので、イラストなどを描かない場合でありましても、役立つペイントソフトになります。ペイントソフトはOSにも標準で付属する場合もありますが、大抵透過処理には対応していませんので、その加工を行う場合ではPICTBEARが有効になります。その他、このペイントソフトではフルカラーによる合成加工でも優れた能力がありますから、利用価値が非常に高い存在でもあります。例えば、画像から合成したい部分だけを切り抜く時でありましても、「自動選択」などのツールが用意されていますから、ある程度切り抜き範囲を自動的に設定してくれます。一方、起動や各種画像処理などが軽快に行える点も外せない魅力ですので、PICTBEARはとても使い勝手の良いペイントソフトです。

PICTBEAR透過とは

PICTBEARとは直線や曲線などの初歩的な描画機能から、レイヤーでの本格的な合成や、透過処理などにも対応した無料で使えるペイントソフトです。このペイントソフトで提供されている基本機能はとても多く、多機能であることが特徴です。その為PICTBEARの利用方法と致しましては、白紙の状態からイラストなどを描き上げることもできます。写真などを修正したり、複数枚を一つに合成することもできます。また、PICTBEARでは文字の入力もできます。文字や文章を画像に重ねるなど、ホームページやブログで使用するバナーの作成や、それらに使用する画像の作成にも役立てることができます。一方、インターネットオークションなどに商品を出品する場合でも、その写真を見栄え良くすることができますから、PICTBEARとは、インストールしておきますと色々役立つペイントソフトです。

初心者にオススメのPICTBEAR透過の使い方・利用方法

初心者にオススメのPICTBEARの使い方では、透過処理を行った画像の作成もオススメです。例えばホームページ制作の際、背景が透けて見える文字だけの画像を作りたい場合では、「新規作成」をクリックし、「タイプ」では「インデックスカラー」を選びます。次に「カラーパレット」で文字の色を選んでから「文字列」のアイコンをクリックし、文章の入力や文字サイズなどを選択して「OK」を押します。続いて「イメージ」「パレット」「透過色の設定」の順にメニューを進め、「透過色を有効にする」のチェックがあることを確認し、「色の選択」をクリックします。そして「背景色」など、透明にしたい色を選択して「OK」をクリックします。後は名前を付けて保存する際、「ファイルの種類」を「GIF」にして保存すれば完了です。

PICTBEAR透過は簡単に使える

画像を編集するためのソフトとして開発されたPICTBEARは、無料で使用することができるフリーソフトとして配布がされています。PICTBEARには公式ウェブサイトもあり、そこでは詳しいソフトの説明もされていますので興味がある方は訪れて見ましょう。このソフトは新規で画像を作ることはもちろんのこと、持っている画像に効果をつけるなどの使い方もあります。これらの操作はマウスを使用すれば、ほぼ全てこなすことができますので、誰にでも簡単に利用することができます。PICTBEARは様々な利用方法に対応した画像編集ソフトとなっていますので、作りたい画像や加工したい画像を所有している場合は、早速ダウンロードしてみましょう。

PICTBEAR透過を使うのに必要な準備

PICTBEARを使用したいと考えたのならば、まずは「PICTBEAR」で検索をするようにしましょう。検索をおこなうと公式ウェブサイトやダウンロードサイトが表示されますので、信頼できるサイトであることをしっかりと確認してダウンロードを始めます。その後はインストールになりますが、対応OSならば(ダウンロードページに記載されています)、他のプログラムと同じようにインストールできます。なお、インストール時に注意をしなくてはいけない点が一つあります。PICTBEARは基本の言語設定で英語と日本語を選べるようになっており、最初に設定画面がでてきます。これを英語にしてしまうと全てが英語で表示されるようになってしまいますので間違えないようにしましょう(ただし間違えてしまっても後から変更はできます)。

PICTBEAR透過の使い方・手順

インストールが成功して無事に起動ができたのならば、PICTBEARの初歩の操作を知るために適当な絵を描いてみましょう(起動できなかった場合は、パソコンの設定を変更すると起動できる可能性があります)。パレットと書かれたウィンドウでブラシの大きさやカラーを決めることができます。レイヤーを使用すればたくさんの画像を重ねたり、効果を付けてから画像を結合することもできるので色々試してみましょう。これらのウィンドウは左クリックを押したまま、ドラッグをすると移動ができるので好み場所に配置もできます。その後は描いた絵にフィルタを使って様々な効果を付けてみましょう。ここまでやれば初歩的な操作はだいたい理解できるようになっているはずです。

PICTBEAR透過を使えると何が良いか?

PICTBEARは画像を便利に作成することができますが、写真の編集にも向いているソフトです。フィルタの機能を使えば、写真にも色々な効果をつけることができますので、レタッチしたい写真を読み込んで試してみましょう。それに加えて、PICTBEARは透過画像に対応しているため、画像の重ね合わせも便利に使用することができます。ただし、透過情報を持ったまま保存ができる形式は限られているので、作成した画像の保存をおこなう場合には形式に注意しましょう。なお、PICTBEARはブラシの追加にも対応しています。ブラシを追加すると表現方法も増えますので、基本のブラシに満足できなくなったのならば追加をおこないましょう。追加ブラシセットのダウンロードは公式ウェブサイトなどからできます。

PICTBEAR透過の利用時の注意点

PICTBEARを利用する時の注意点と致しまして、透過処理を行う場合では、256色以下を扱う「インデックスカラー」にしなければなりませんので注意致しましょう。更に「インデックスカラー」に設定した場合では、複数のレイヤー処理に対応しなくなりますので、そこも注意点になります。そして「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」を行う場合では、「PNG」あるいは「GIF」で保存する必要があります。透過処理を加えた画像を取り扱う際は、それらのことが注意点になりますので、留意しておくことが大切です。また、フルカラーの画像に透過処理を加えた「GIF」などの画像を貼り付けることもできますが、その場合では透過が適用されなくなります。

PICTBEAR透過の全体的なまとめ

PICTBEARは、ホームページ制作には欠かせない素材の作成でも大いに活用できます。ですので、イラストなどを描かない場合でありましても、役立つペイントソフトになります。ペイントソフトはOSにも標準で付属する場合もありますが、大抵透過処理には対応していませんので、その加工を行う場合ではPICTBEARが有効になります。その他、このペイントソフトではフルカラーによる合成加工でも優れた能力がありますから、利用価値が非常に高い存在でもあります。例えば、画像から合成したい部分だけを切り抜く時でありましても、「自動選択」などのツールが用意されていますから、ある程度切り抜き範囲を自動的に設定してくれます。一方、起動や各種画像処理などが軽快に行える点も外せない魅力ですので、PICTBEARはとても使い勝手の良いペイントソフトです。

スティック型ANDROID端末の簡単な初歩や基本的な使い方・...

このように持ち運びも楽ですし、操作も簡単なのがスティック型ANDROID端末です。他の機器を所有していてANDROIDに...

スピンボタンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

使い方自体はとても簡単なスピンボタンですが、やはり作る側であるこちら側による質問やアンケート、投票項目などの内容と照らし...

キルト芯の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

キルト芯とは、厚手の布状に成形された綿を指しています。化繊綿が一般的で、布と布の間に挟んで厚みを持たせることを目的として...

PCM録音の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

このアプリケーションですが、無料バージョン及び広告が表示されない有料バージョンが在ります。アイチューンにアクセスし、無料...

スマホドコモラインの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

最近では、ドコモのスマートフォン同士で連絡先の交換をする時、電話番号やメールアドレスよりも先にラインのIDを交換するとい...

あぜ楽ガードの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

このように非常に便利な農業関係のアイテムがあぜ楽ガードですが、このような便利アイテムを利用して、できるだけ合理化して農業...

NIKWAXの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

NIKWAXですが、撥水性能が非常に高いという性質上、日用製品でも効果的に使用可能な製品が沢山あります。例えば傘なども撥...

絶縁抵抗計の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

絶縁抵抗計とは、屋内配線などの絶縁や漏電をチェックするテスターです。通常は小型で、電池式になっており、手軽に持ち運びでき...

マグアンプKの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

マグアンプKの全体的なまとめとして、固形の化学肥料になります。元肥として使うのに有効で、土に混ぜてそこに植物を植えるよう...

KOMPOZERの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

KOMPOZERの全体的なまとめとして、機能面では扱えることが少ないですがインターフェースも扱いやすく、プログラムを書く...

マイクロソフトプロジ...

マイクロソフトプロジェクトの全体的なまとめとして、企業に...

EVERNOTEの簡...

EVERNOTEの全体的なまとめでは、ノートのようにどん...

シルバーライトの簡単...

シルバーライトは必須のプラグインということですが、やはり...

オルトラン粒剤の簡単...

オルトラン粒剤は、価格が比較的手頃であり、散布する対象が...

netbeansの簡...

netbeansでは、Java言語以外にも、JavaSc...