EOS60Dの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



EOS60Dの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

EOS60Dは1800万画素で取り込んだ光をキャノン自慢のDIGIC4という映像エンジンで処理するので高度な画質を実現しています。KISSシリーズなどの入門機でもいい写真は撮れますが、EOS60Dでマニアックな写真の世界にのめりこんでいくのもいいのではないでしょうか。初心者でも扱えるカメラでもありますので、趣味としてとらえるならばEOS60Dという選択はありでしょう。暗い所でもISO感度も高く設定して撮りやすくすることが可能です。バリアングル液晶が付いているので、運動会などで人の頭を飛びぬけて撮りたい場合などに、いろんなポジションを取ることができます。内蔵フラッシュはスマートフォンにはない強力さを持っていますので室内撮りで活躍するでしょう。クリエイティブフィルターなどの効果で個性的にまとめることもできます。



EOS60Dとは

キャノンの一眼レフのデジカメで入門機となるのがKISSシリーズですが、EOS60Dはその上をいくモデルとして君臨しています。キャノン自慢の映像エンジンであるDIGIC4が搭載されていますので、捉えた光をうまくデジタルに変換してくれます。映像エンジンの出来を見ても手軽なモデルよりもマニアックな写真趣味の世界を堪能できるものになっています。画質を追い求めていく場合にも1800万画素の実力で応えてくれます。画質を追求したいという人にはぴったりのカメラじゃないでしょうか。KISSよりもゴツくなっていますが、その分一眼レフのカッコよさと存在感がプラスされています。ISO感度も高い値が利用できる仕様になっていて、暗い所でも手軽く撮っていけるように調整できます。もちろんカメラの基本は同じなので、初心者から扱っていくことのできるカメラになっています。



初心者にオススメのEOS60Dの使い方・利用方法

せっかく一眼レフのデジカメを使っていくのならスマートフォンとは違う使い方をしてみたいですよね。それならば初歩の段階からクリエイティブフィルターを使っていくのがいいでしょう。ただ素直に写真として撮っていくのもいいのですが、クリエイティブフィルターを通じて加工するやり方を身につければ、もっと趣味性が広がるはずです。バリアングル液晶を持つ仕様になっていますので、ポジションによってはバリアングル液晶やファインダーを使い分けて撮影していくことができます。運動会などの撮影で人の頭越しに撮っていく場合などバリアングル液晶が役に立つでしょう。またスマートフォンとの違いを見せつけられるのは内蔵フラッシュの性能なので、室内撮りなどでも使ってみましょう。

EOS60Dは簡単に使える

EOS60Dはキャノンから2010年9月18日発売となったセミアマクラスの中級機です。前身となる2008年9月に発売されたEOS50Dの後継となる機種で、同じキャノン製のEOS7D、EOSKissX4の中間性能となる機種で入門の方からミドルクラスまでカバーする機種で大ヒットいたしました。全体的にEOS50Dよりも軽量、コンパクト化となり本体質量もEOS50Dの約730gから約675と軽量化されました。また液晶表示も、キャノンのコンパクトデジタルカメラで搭載されてきたバリアングルを初めてデジタル一眼レフへ搭載しました。これは動画撮影のしやすさも考慮された為です。それまでのデジタル一眼レフでは、初歩の方には、なかなか確認しづらかったものでしたが三脚利用とバリアングルの組み合わせで、格段に扱いやすくなりました。

EOS60Dを使うのに必要な準備

EOS60Dを使用するにあたり最低限、必要なものとしては2つあります。1つはSDメモリーカードです。購入時に付属品としては同梱しておりませんので、これは必ず必要になります。動画撮影される場合は、容量の大きいタイプのものをおすすめいたします。現在では価格帯もこなれておりますので、比較的容量の大きいタイプでも安価で購入可能です。次に必要なものとしてはバッテリーです。付属品でバッテリーパックは1パックは標準でついてきますが、旅行や屋外撮影が長い場合には、予備バッテリーを持っておいた方が良いです。もしレンズキットではなくボディのみ購入の場合は、これに加えてレンズが別途必要となります。EF50mmF1.8IIあたりがおすすめです。カバーも忘れないようにしましょう。その他ですが、屋外撮影、星空撮影があれば三脚もあった方が良いでしょう。

EOS60Dの使い方・手順

基本的な使い方として、初めてデジタル一眼レフで撮影する場合の方であれば、「ライブビュー撮影」という、カメラの液晶モニターを見ながら撮影する方法がおすすめです。コンパクトデジタルカメラやスマホなどと同様に液晶で被写体を確認できますので、違和感なく撮影できます。次に撮影モードですが、難しく考えずにカメラ性能で自動的に綺麗な写真をという場合は、オートフォーカスモードでの撮影を選択します。レンズの設定をAF側にしておき、シャッターボタンを半押しでピント合わせが完了します。また被写体が人物の際の簡単設定ですと顔優先ライブモードがおすすめです。これは人物の顔を自動検知しピントを合わせてくれる機能で、通常のAFと同じように半押しでピント合わせが完了しますので、簡単に人物を綺麗に撮影する際におすすめです。

EOS60Dを使えると何が良いか?

EOS60Dは、カメラの液晶が大きい為、利用方法としてライブビューで撮影する際に被写体が非常に確認しやすいという点があげられます。また以前の機種であれば、液晶やファインダーをかがんで覗かなければならなかったものが、バリアングルを利用することで身体的な負荷が非常に軽減されることも特筆すべき点です。性能的にEOSKISSX5などは、大差ありませんが、重厚感や全体的なつくりが剛健で手に持った際の質感はしっかりしています。販売されてから5年近く経過していることもあり、価格帯もこなれつつあり性能の割には購入しやすくなっています。そういった点もあり、これから初めてデジタル一眼レフを購入する方、コンパクトデジタルカメラからステップアップする方にもおすすめ出来る機種となっています。

EOS60Dの利用時の注意点

EOS60Dで注目なのはソフトフォーカスの機能です。利用方法は簡単でクリエイティブフィルターから機能を選ぶだけです。従来ならレンズ自身にソフトフォーカス機能が搭載されていて、レンズの能力で施したりしていました。例えばポートレイトに適した80ミリレンズなどに搭載されているものがありました。またはフィルターを取り付けて対応していました。それがデジタルの強みでカメラ側でコントロールすることができるようになりました。こういう付加価値がいろいろ足されていますので、どういう機能が付いているのか確認しておかないといけないので注意しましょう。知らないでソフトフォーカスのフィルターなどを買わないようにすることが必要になってきます。

EOS60Dの全体的なまとめ

EOS60Dは1800万画素で取り込んだ光をキャノン自慢のDIGIC4という映像エンジンで処理するので高度な画質を実現しています。KISSシリーズなどの入門機でもいい写真は撮れますが、EOS60Dでマニアックな写真の世界にのめりこんでいくのもいいのではないでしょうか。初心者でも扱えるカメラでもありますので、趣味としてとらえるならばEOS60Dという選択はありでしょう。暗い所でもISO感度も高く設定して撮りやすくすることが可能です。バリアングル液晶が付いているので、運動会などで人の頭を飛びぬけて撮りたい場合などに、いろんなポジションを取ることができます。内蔵フラッシュはスマートフォンにはない強力さを持っていますので室内撮りで活躍するでしょう。クリエイティブフィルターなどの効果で個性的にまとめることもできます。



錫杖の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

錫杖も今では誰でも通販で簡単に手に入れることができますので、特に密教関係の修行僧や修験者などの人たちでなくても利用するこ...

輪行袋の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

輪行袋の全体的なまとめは、利用方法としては利用できる自転車が限られていることが挙げられます。やり方としては、自転車を入れ...

WUNDERLISTの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

WUNDERLISTはタスク管理を行うことができるという初歩的な使い方以外にも、友人や恋人とタスクが記入されたリストを共...

鬼目ナットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

鬼目ナットは亜鉛合金ダイカストなどでできていますので、これを木材に埋め込みますと、強度を劣化させずに、何度も脱着が繰り返...

JUSTPDF2の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

JUSTPDF2は、PDFの編集や作成、データ変換などの作業に活用することが可能なソフトウェアとなっています。PDF編集...

アンビューバックの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

アンビューバックの全体的なまとめとしては、患者さんの呼吸が止まっているときに看護師が蘇生をするための道具として使います。...

アンドロイドタブレットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

アンドロイドタブレットはこれからも進化していくOSであることは間違いないでしょう。現在も進行形でアンドロイドを使用する上...

TRADOSの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

TRADOSとは翻訳メモリーという技術を利用して、一度利用した訳を再利用し、翻訳の効率を上げることができる支援ソフトのこ...

印紙の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

印紙の全体的なまとめとしては、契約書などの作成において必要な税金の支払いとして使うやり方が一般的とされています。利用方法...

ネクタイリングの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ネクタイリングの全体的なまとめとして、ネクタイに取り付けてワンポイントのお洒落ができます。最も簡単なのはネクタイをした後...

エンジンスタンドの簡...

エンジンスタンドの全体的なまとめとしては、エンジンをメン...

奉書紙の簡単な初歩や...

現在はパソコンが主流であり、手紙を書く、手書きで書くと言...

スカイプグループの簡...

今の時代では、あらゆるソーシャルネットワーキングサービス...

カメラフィルターの簡...

このカメラフィルターはカメラなどを使う上でとても重要なも...

TRADOSの簡単な...

TRADOSとは翻訳メモリーという技術を利用して、一度利...