原稿用紙の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

原稿用紙の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

原稿用紙は、ものを書く上で基礎的で非常に重要な利用方法を持ったフォーマットです。使いこなせるようになれば、かなり作業が楽になることでしょう。パソコンで書くのはズルではありませんが、紙の原稿を仕上げるというのは間違いようもなく経験になります。どこまででどれくらいの分量になるのか、こういった表現は読みやすいのか、読みにくいのか、カリカリと手で書いていると、肌で感じることができます。そうやって手を動かして身に着けた経験というのは強くて、なかなか年齢とともに衰えたりはしないものです。身が引き締まるような「書くぞ」という気持ちが芽生えてくるのもこのマス目ならではではないでしょうか。また、このやり方、形式がだめという人はほとんどいません。原稿用紙は、数あるフォーマットの中で、とても簡単で、使いやすく、無難でもあるのです。

原稿用紙とは

原稿用紙とは、だいたいが20×20文字の一枚400字ほどになるマス目用紙で、よく小学生などが作文に使っているところを想像しますよね。社会人になると、この用紙の利用方法や使い方には鈍感になっていきます。それでも原稿用紙の体裁というものは、例えばお話を公募するときなどにあたっては「原稿用紙〇枚分、手書き可」といったもののように、原稿用紙での指定を受けることがあります。今ではワープロ原稿も一般的ですが、やはり物書きのように原稿に手書きしてみたい、というニーズも存在します。きっちり使いこなせるようになることは、非常に役に立ちます。小説なんかかかないよ、という人でも、例えばエッセイや童話、詩、短歌など、原稿に向き合う機会は結構あるものです。基本的な利用方法や使い方をマスターして、ぱっぱと効率よく作業をすすめられるようになると楽ですよ。

初心者にオススメの原稿用紙の使い方

原稿用紙の基本的な利用方法は、小学校で身につけたやり方がほとんどではありますが、それでも、やはり普段使うような紙ではないので、正しい使い方を忘れてしまうということがほとんどのようです。何も見ずに正しく使うのは難しいので、原稿用紙を使うやり方に迷ったら、基本のやり方を参照しながら、見やすい原稿を書き上げましょう。初心者におすすめなのは、いくつか原稿をワープロ打ちしてプリンターに出力した後、原稿用紙に書いていくやりかたです。なぜかといいますと、用紙にペン書きしますと、必ずいくつか直しが出るものです。清書に校正記号など使えないものですから、下書きを作るのが基本的です。また、清書と下書きは分けて、下書きはシャープペンシルで、などという使い方も良いですね。とにかく、原稿用紙と向き合うなら、書き損じの問題とは隣り合わせです。履歴書ではないので修正液でなおせますが、一文となるとそれでもかなり厄介なのです。

原稿用紙は簡単に使える

原稿用紙は、誰でも簡単に使うことができます。やり方についても小学生が作文の授業で使っているものですから、そこは安心して使うことができるでしょう。字数も数えやすく大きな文字で見やすく、改行の具合なども、原稿用紙に書いていることでようやくはっきりとわかるようになることもあります。文章修業にはなかなか最適ですね。一度くらいはやってみるのがおすすめです。また、原稿用紙ではないワープロ原稿についても、こちらも分量などを表すとき、縦書きで原稿用紙の20×20が大体の基本になります。原稿用紙一枚の感覚がどれほどか掴んでおくためには、やはり使ってみるのが一番です。紙を取り出して、ルールにのっとってマス目を埋めていくだけなのですから、気負うことはありません。

原稿用紙を使うのに必要な準備

原稿用紙を使うのに必要な準備は、原稿用紙と、ペン、あとは下書きの用紙と、完全に手書きなら問題ないのですが、任意でプリンターなどもあると便利です。何度も何度も書き直すような場合ですと、下書きは手早くワープロで打っていた方が便利という人もいます。また、原稿用紙何枚ぐらいを最初から狙って書くのは至難の技ですので、やはり下書きはどうしても必須という事がほとんどです。ペンについては、万年筆なども可能です。ちょっと文筆家といった気持ちが出ますね。そのばあい、インクもキチンと用意しておくのがおすすめです。また、修正液などもプレッシャーとストレスが減りますのでおすすめです。必要に応じて飲み物などを用意すると良いですが、こぼさないように気をつけましょう。

原稿用紙の使い方・手順

原稿用紙の使い方は、基本的には「段落の最初で1マス空け」「一番下に、や。がきたら同じマスに入れこめて」というのがポイントです。改行をたくさんすると見やすくなりますが、作品にもよるでしょう。あとは、下書きの段階でしたら行と行の間に校正文章を入れたりして使います。学校の作文ではよくタイトルと名前、と続きますが、公募系の場合は注意してください。原稿用紙換算とは純粋な内容の枚数ですし、表紙に名前とタイトル、次から本文という形が多いです。新人賞などのばあいはそちらに指定されていると思いますし、ほんのちょっとの仕様のズレは目こぼししてもらえるものですけれども、やはり、気を付けるには越したことはありません。

原稿用紙を使えると何が良いか?

原稿用紙を使えることのメリットは、見通しの良さだと思います。パソコンの画面でのだいたいの文章は横書きで、原稿用紙は縦書きです。そして、折り返しの長さはモニタに比例してしまうのです。誰が見ても同じ状態というのは、コンテストなんかでは非常に重要な要素ですよね。ワープロ原稿は、フォーマットというのをいちいち先方から指定されませんから、わからないことが多くなると思います。たとえば行間とか余白とかはだいたい指定されずに「縦書きで」というようなざっくりとした指定が多いのです。そういったことに不慣れであれば、原稿用紙を使った方が断然お得です。ちなみに、ワードにも原稿用紙設定はありますが、こちらは印刷して手書きするためのもので、ワープロの文字を入れこめて使うものではないので注意してください。利用方法を工夫すると、文章全体の見通しが良くなります。

原稿用紙の利用時の注意点

原稿用紙の利用時の注意点は、原稿を仕上げるにもそれなりの準備が必要であるということです。下書きなしの一発書きというのは無謀ですので、だいたいは直しが入ります。さらさらと書いていくと文字に愛着がわいてきて、どうにも削りたくないと思うようなことがあります。そういう執着が沸くので、こだわった文章表現も作れるようになるのですが、客観的に削るという作業が難しくなるような面があります。できればどちらもバランスよく使いこなしていきたいですね。100枚以上の応募の場合ですと、もうワープロ原稿しか受け付けてくれないところもありますし、文字の汚さには要注意です。達筆よりも読みやすさを目指すべきです。それで有利不利にはなりませんが、「おっ」と凄みを感じたりすることもあります。

原稿用紙の全体的なまとめ

原稿用紙は、ものを書く上で基礎的で非常に重要な利用方法を持ったフォーマットです。使いこなせるようになれば、かなり作業が楽になることでしょう。パソコンで書くのはズルではありませんが、紙の原稿を仕上げるというのは間違いようもなく経験になります。どこまででどれくらいの分量になるのか、こういった表現は読みやすいのか、読みにくいのか、カリカリと手で書いていると、肌で感じることができます。そうやって手を動かして身に着けた経験というのは強くて、なかなか年齢とともに衰えたりはしないものです。身が引き締まるような「書くぞ」という気持ちが芽生えてくるのもこのマス目ならではではないでしょうか。また、このやり方、形式がだめという人はほとんどいません。原稿用紙は、数あるフォーマットの中で、とても簡単で、使いやすく、無難でもあるのです。

DUCKDUCKGOの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

DUCKDUCKGOは、履歴が残らないといので、IPアドレスやユーザー情報を残したくないなど、プライベート重視の使用方法...

クロームキャストの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

クロームキャストは使い方ということでも非常にシンプルで、例えばグーグルのアカウントを取らないと使えないというような使い方...

WINXDVDの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

WINXDVDはこのひとつのソフトだけでさまざまな機能があります。これをひとつインストールしてあるだけで活用できる場面が...

ニュースキンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

ですのでこの企業の使い方ということでは、あくまでも自分でビジネスをしようということではなく、商品の質や使った様子で、利用...

ハッカ油の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

昔から存在しているハッカ油は、基本的にドラッグストアをはじめ日本国内で多々存在しています。購入する価格としては瓶の大きさ...

OFFICEONLINEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

マイクロソフトのビジネスアプリケーションソフトで作成したファイルを自宅でも作業がしていきたいときなどは、OFFICEON...

USBリンクケーブルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

USBリンクケーブルの全体的なまとめとしては、パソコン同士を接続して容易にデータのやり取りをすることができます。これまで...

直子の代筆の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

直子の代筆の全体的なまとめとしては、文章を作成する時に自動的に作成してくれるので、文章作成に慣れていない人でも簡単に作成...

ヘアリキッドの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

日本はもちろんですが、使われているのは日本だけではなく海外でもスタイリングの際にはよく使われており、便利なものではありま...

パワーディレクターの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

パワーディレクターの全体的なまとめとして、動画ファイルを自由に編集することができるソフトです。一つのファイルをいろいろと...

USBメモリーの簡単...

USBメモリーはたくさんの人に用いられています。しかしそ...

電動かんなの簡単な初...

電動かんなの全体的なまとめとして、手動のかんなに比べてそ...

CADの簡単な初歩や...

このコンピュータシステムですが、未経験者では専門学校の学...

AKISMETの簡単...

ブログなどのサイト管理者の方は、WordPressを利用...

ssdの簡単な初歩や...

ssdをパソコンに導入することで、手軽に処理スピードの高...