オートスピードコントロール装置の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

オートスピードコントロール装置の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

今、日本の車にはクルーズコントロールが着いた車やオートスピードコントロール装置が着いた車が多くなって来ました。事故を起こさないための安全性を意識した作り、疲労を少なくするための装置などが装着することで、より安全な車をイメージするようになりました。しかし、これらを動かすのも運転する人の意識です。機械に設定したから大丈夫と安心しては、事故の元になっていまいます。ですからオートスピードコントロール装置やクルーズコントロールを設定したからと言って、手抜き運転をしてはいけません。通常と同様な運転であり、緊張感を持っての運転が望まれます。あくまでも運転手への補助道具であることを確認して、運転すべきものです。これらの機械は、応用が効きません。その時、一瞬の判断は人が行うことになります。装置があるからと言って、安心してはいけません。

オートスピードコントロール装置とは

オートスピードコントロール装置使い方とは、やり方として基本アクセルを踏まずに車を一定のスピードで走行させることが出来る利用方法の装置です。長時間に渡り車を運転している時など、アクセルを踏む足を休めることも出来、体調管理にも良い装置です。またエコな走行も可能になります。その理由として、長距離に渡り一定のスピードで運転出来ることになり、アクセルも一定になり、またブレーキを踏むこともありません。人が運転している場合では、道路の高低、つまり登りの道や下り坂などにおいて、スピードの変化が生じてしまいます。しかし、このオートスピードコントロールを使うことで、そのようなスピードの変化が起きることなく、安定したスピードで走行するからです。普通に運転すると、時速100キロで走行したいと考えても、110キロになってみたり、90キロにもなってしまうことが起こり得るのですが、この場合においては有り得ないことになります。

初心者にオススメのオートスピードコントロール装置の使い方

車の運転に慣れない初心者の人の使い方としては、この基本的にオートスピードコントロール装置があることで、非常に便利使い方が出来るものと言えるでしょう。利用方法として一度、スイッチを入れるだけで、基本的にアクセルから足を離すことが出来る上、一定のスピードで走行が可能になるからです。この装置のやり方は、アクセルペダルを踏まずにおおよそ40~100キロの速さで走行出来ます。車が一定のスピードで走ることから、ハンドルだけに集中出来る便利さがあります。運転に慣れていない人にとっては、非常に便利な装置で、足元を気にすることなく、運転出来ることで、疲労感が少ない利用方法になります。アクセルやブレーキを必要以上踏みがちな初心者にとっては、余計な作動をすることなく基本的な運転が出来ることになるのでしょう。

オートスピードコントロール装置は簡単に使える

オートスピードコントロール装置の利用方法は、非常に簡単です。使い方として基本的に40~100キロ程度のスピードで走行中に、やり方としてメインスイッチをONにするだけで良く、アクセルを離しての走行が出来るようになります。この時、クルーズインジケーターにオートスピードコントロール装置が働いていることが表示されますので、安心してアクセルを離すことも出来るのでした。また走行中に追い越しをしたい車が出て来た時は、アクセルを踏むだけで加速します。この感覚は、通常運転と同様な形で良いことになります。そして車を追い越した後は、アクセルを離すことで再び設定したスピードに戻り、オートスピードの速度で走ることになります。スピードを変える度にいちいちスイッチを切る必要はありません。

オートスピードコントロール装置を使うのに必要な準備

オートスピードコントロール装置の使い方に必要な利用方法と準備には、基本オートスピードコントロール装置が設定された車を購入することになります。販売されている車全てに装着されている訳ではありません。それぞれのグレードによって、装置されている車があったりなかったりすることになります。また車を購入後、このオートスピードコントロール装置を装着出来ません。あくまで購入前にこのオートスピードコントロール装置が装着になっている車か、どうかの確認が必要になります。また走行中に装置を使う時には、前方を良く確認してからスイッチをONにします。交差点が多い道路や曲がりくねった道路での設定は、お薦め出来ません。あくまでも、高速道路のような安定したスピードで走ることが出来る場所を選びましょう。

オートスピードコントロール装置の使い方・手順

オートスピードコントロール装置は、やり方としてON/OFFのボタンを押すとスタンバイ状態になります。正面のメーターパネルに「CRUSE」と表示され、設定スピードになると、COAST/SETを下押しします。メーターパネルに「SET」が表示されます。これで完了になり、後はアクセルから足を離しての走行が可能になります。またオートスピードコントロールをキャンセルしたい場合、キャンセルスイッチを押す、もしくはブレーキペダルを軽く踏む、メインスイッチをOFFにすると言った方法になります。また車の速度が30キロ未満などの場合には、設定が出来ません。時速40キロから100キロの間での設定になります。ですから120キロも130キロものスピード違反でも、設定は出来ません。

オートスピードコントロール装置を使えると何が良いか?

高速道路網が発達したことで、長距離運転をする人が増えました。その運転に対する疲労の軽減に役立つのが、このオートスピードコントロールです。まず利用方法としては、足の疲労度がかなり違って来ることになります。左足でブレーキを踏む場合と違い、右足は常時アクセルを踏んでいる状態になります。登り道とか下り坂、車の接近、追い越しなど、常時右足を使う状態が続くことになり、休まる暇がありません。またこの間は、常に緊張感を持って右足が使われているのでした。オートスピードコントロールは、この右足の疲労を軽減することになり、更にはハンドルだけで運転に集中出来ることになります。身体全体を使うことなく、正面を見ているだけで良いことになるオートスピードコントロール装置は、便利で使い勝手が良いのでした。

オートスピードコントロール装置の利用時の注意点

オートスピードコントロール装置を設定することで、ハンドルだけでの走行可能になり、同乗者との会話がしやすくなることがあります。足への神経を尖らすことがなくなり、ホッとしてしまう人も出て来るのでしょう。そんなことから、運転に集中しなくなる恐れがあります。大型の自動車を運転している感覚にも成りかねませんので、オートスピードコントロールのやり方を設定した時こそ、運転に集中するべきでしょう。高速道路では、横道からの飛び出しはありませんが、一般道では横道からの飛び出しには十分な注意が必要になります。右足が自由になったことで、左足も自由になったと勘違いしないことです。ブレーキは、いつでも踏めるように注意して運転することが大切になって来ます。

オートスピードコントロール装置の全体的なまとめ

今、日本の車にはクルーズコントロールが着いた車やオートスピードコントロール装置が着いた車が多くなって来ました。事故を起こさないための安全性を意識した作り、疲労を少なくするための装置などが装着することで、より安全な車をイメージするようになりました。しかし、これらを動かすのも運転する人の意識です。機械に設定したから大丈夫と安心しては、事故の元になっていまいます。ですからオートスピードコントロール装置やクルーズコントロールを設定したからと言って、手抜き運転をしてはいけません。通常と同様な運転であり、緊張感を持っての運転が望まれます。あくまでも運転手への補助道具であることを確認して、運転すべきものです。これらの機械は、応用が効きません。その時、一瞬の判断は人が行うことになります。装置があるからと言って、安心してはいけません。

ワックスペーパーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

ワックスペーパーの全体的なまとめとして、お肉屋さんなどで揚げ物を包むときに良く見られる紙です。ロウがしみこませてあり、耐...

ハイポネックスの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ハイポネックスは液肥で一般的な家庭の園芸には一番なじみのある肥料になっています。そしてそのまま与えることができるものもあ...

スケッチアップの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

スケッチアップは、建築の分野以外にも教育の分野でも応用されています。小説の評価、作文を書くというシチュエーションなどでこ...

OBSの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

現在事業者自体が携わっている事業のプロジェクトにおいての、そこでの各ポジションごとの全体像を一度にわかりやすく表記したも...

半自動溶接機の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

半自動溶接機は昔のものと違い、持ち運びできるようなコンパクトなものが増えてきました。そして、アーク溶接と違い溶接棒を頻繁...

IMAGEJ日本語の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

一般的な日常生活において使う頻度は少なく、一般家庭のパソコンにこのソフトをインストールしても使う機会は少ないでしょう。し...

ラチェットレンチの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

家庭における修繕などにも役に立つものなので、レンチがない、という人にはラチェットレンチを一本用意するだけで、DIYで出来...

アスファルト乳剤の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

アスファルト乳剤は道路の舗装、水に強くさせる目的などで使われ、一般の者にとってはなじみが薄い道具ですが、常温で取り扱えら...

フライトレーダー24の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

このようにフライトレーダー24は飛行機を利用する場合には、ぜひ利用したいサービスですが、フライトレーダー24の飛行機に関...

グーグルプレイカードの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

グーグルプレイカードは簡単に使用できてとても便利なカードです。自分用に使用する際にもクレジットカードなしで気軽に安全にし...

職印くんの簡単な初歩...

職印くんの全体的なまとめとして、かつての文書回覧の承認の...

レッグマジック効果的...

レッグマジックはお値段もリーズナブルなのに基本的なトレー...

EXELの簡単な初歩...

一昔前であれば、アンケートなどでデータを集めた場合、これ...

タブレット動画の簡単...

タブレット動画を利用できれば、プライベートだけではなく仕...

トランスの簡単な初歩...

トランスは、物流倉庫や工場でバッテリーフォークに内蔵され...