ホールピペットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ホールピペットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

ホールピペットの全体的なまとめとして、化学実験などにおいて、化学水溶液などを容易に測って分けられるようになっています。料理などだとある程度の感覚でも行なえますが、化学実験は1滴が影響することもあります。非常に細かい量も測れるようになっています。良くあるタイプは筒状になっていて、息を利用して口から吸い込む方式を取ります。口から吸い込むとメモリがはっきり見えないので少し多いところまで吸い込み、後は調節をします。吸い込むタイプだと少し危険なことがあるので、ポンプ式のタイプを利用することがあります。こちらなら実際にメモリを見ながら正確に測ることができます。少ない量よりも多くの量を測らないといけないときは、ポンプ式を利用したほうが良いかもしれません。大きさは手のひら程度のものから、1メートル近いものもあります。

ホールピペットとは

ホールピペットとは、化学の実験などにおいて水溶液を正確に測って加えたり分けたりするための道具です。普段の生活においては、水溶液をわけたりすることがあります。料理の時には特に良く行うかも知れません。料理ではきちんと分量が決められているので正確に行おうとする人もいるでしょう。でもものすごく細かく行なう必要はありません。ある程度はだいたいの感覚で行うことが出来ます。これが化学実験となるとそうはいきません。本の少しの量で影響することがあります。そのために、非常に少ない量を正確に測ることができなければいけません。ホールピペットの場合であれば、かなり細かい範囲で分量を計測することができるようになっているので、安心して使うことができます。サイズがたくさん用意されています。ほんの少しの分量から、数リットルなども可能です。

初心者にオススメのホールピペットの使い方・利用方法

初心者がホールピペットを利用する時の基本の使い方としては、初歩としては口で吸い込むタイプがあります。これはストローでジュースを吸い込むのと同じような方法で溶液を吸い込みます。もちろんジュースのように飲んではいけません。メモリを見ながら調度良いところまで吸い込むようにします。少し多めに吸い込んだら吸い口を手で押さえます。そうすると液が下から垂れていくのを防ぐことができます。メモリを確認すると少し多めになっているでしょうから、手を浮かせながら必要な量に調節をします。こうすることでかなり細かい分量を計ることができます。指を離しすぎて垂れすぎれば再び吸い込み、指を使って調節するを繰り返して正確に行う用にします。

ホールピペットは簡単に使える

ホールピペットは名前の通り、上部から下部まで筒状の構造をしており、似た形状の駒込ピペットと比べると上部にゴムがないため、簡素な形状になっていて、洗浄、保管ともに簡単です。また、科学館や博物館などで低価格で入手でき、自宅での初歩的な実験やDIYなどに役立ちます。多くの人は小中学校の教育課程で一度は触ったことがあるはずで、ガラス製のため扱いに注意が必要なことを踏まえれば、小学生などでも容易に使うことができます。また、前述したとおり、簡素な設計のため正しく使用するには慣れが必要ですが、正確に試料のみを採取できます。基本的な作業をいかにして正確に迅速に行うかということは、科学者にとっても大事なことです。

ホールピペットを使うのに必要な準備

まず、ホールピペットが必要とされるのは、試料を異物の混入なく正確な量取り出すときであり、使う前には当然ながら洗浄の必要があります。ホールピペットにはそれぞれ標線と呼ばれる線が記されており、そこまで吸い上げることで正確な量を採取できます。この仕組みのため、ホールピペットは水で洗うことができません。ホールピペットは体積によって試料の量を計るので、水で洗ってしまうと、試料の濃度が変化し、実験の結果に想定との誤差を生む原因になってしますためです。そこで、ホールピペットを洗浄する際には、採取したい試料を使って内部を洗浄します。この操作は共洗いと呼ばれ、ほかの実験器具においても必要になる場合のある、初歩的で重要な使い方の一つで実験の基本となります。

ホールピペットの使い方・手順

ホールピペットの利用方法は単純ですが、正確に使いこなすにはなれが必要です。まず、試料を採取する際には、上部から口を当てて吸い出しますが、吸い込む前にホールピペットに息を吹き出してしまうと内部が湿ってしまいます。ホールピペットを口にくわえたら口で息をしないように気を付け、真横から見たとき試料のU字形の表面下部が標線に一致するところまで吸い上げます。そのまま目的の容器などを下において、口を話します。ピペットを加えたまま移動することは危険ですので、容器はあらかじめ手の届くところに置いておく必要があります。前述したような、容器内での液体のU字の形状はメニスカスと呼ばれ、ギリシャ語で三日月を意味しています。

ホールピペットを使えると何が良いか?

一連の動作を正確に、早く行うことは、慣れが必要ですが、正確な実験ができなければいくら実験したところで意味がありません。正確な実験を行えばだれがやっても再現できる反応を見つければ、人類にとって前進となるかもしれません。科学者の中でも、実験が正確にできる人材は重宝されますし、一方で正確な実験のできない研究者のいうことは信頼性も低くなります。実験は本来、結果をあらかじめ予想したり、何を比べればどういったことがわかるのかを分かったうえで、自ら組み立てて行うものですが、実験の操作をしながら、その意味を知らないといった声が、現在の小中学校の児童からはよく聞こえます。知りたい、確かめたいといった意志は、正確な測定を行おうとする際の大きな気力の源になります。

ホールピペットの利用時の注意点

ホールピペットの利用方法での注意点としては、溶液を吸い込むときにストローのように口まで達してしまう場合です。体内に入れても大丈夫なものなら良いですが、入れると良くないものの場合は注意が必要です。さらに揮発性が高いものだと空気に触れたらどんどん蒸発することがあります。これらの場合は口元まで来なくても体内に入ってしまうことがあります。このようなことがない様に吸い込み口がゴムのポンプのようになっているものがあります。こちらは握ると空気が押され、握るのを緩めると液体が吸い込まれます。先ず握ってそれから水溶液に先をつけ、少しずつ緩めると吸い込んでいきます。こちらはメモリが見えるのでぴったりの量を抽出できます。

ホールピペットの全体的なまとめ

ホールピペットの全体的なまとめとして、化学実験などにおいて、化学水溶液などを容易に測って分けられるようになっています。料理などだとある程度の感覚でも行なえますが、化学実験は1滴が影響することもあります。非常に細かい量も測れるようになっています。良くあるタイプは筒状になっていて、息を利用して口から吸い込む方式を取ります。口から吸い込むとメモリがはっきり見えないので少し多いところまで吸い込み、後は調節をします。吸い込むタイプだと少し危険なことがあるので、ポンプ式のタイプを利用することがあります。こちらなら実際にメモリを見ながら正確に測ることができます。少ない量よりも多くの量を測らないといけないときは、ポンプ式を利用したほうが良いかもしれません。大きさは手のひら程度のものから、1メートル近いものもあります。

EDYの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

EDYの全体的なまとめとしては、現金を持たずして買い物などの支払をすることができます。予めチャージをしておけば、実際の支...

ダイアップ座薬2回目の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

ダイアップ座薬は、前述したように子どもが熱性けいれんを何度か起こしているか、けいれん時間が長かったなどで、その予防目的で...

WORD2010の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

WORD2010は操作はとても初歩的で素人の方でも簡単にすることができるのですが、ページレイアウトやコピーやその他の設定...

つむじ風くんの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

つむじ風くんの全体的なまとめとして、自律神経を整えるための道具として、権威のある医師も使っている磁気治療器具です。主につ...

DVDSHRINKの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

DVDSHRINKは本当に便利なソフトウェアです。DVDの中に入っている動画データと音声データをDVDの中からパソコン上...

ニコン一眼レフの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ニコン一眼レフは数ある一眼レフのメーカーの中ではとても有名で、カメラ好きなら知らない人はいません。値段と比較しても優秀で...

ギャラクシーノート3の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

ギャラクシーノート3は画面も大きく使いやすいスマートフォンです。そして、auやDoCoMoのほかにも海外モデルもあり、使...

EASYBCDの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

どのようにこのツールを利用するのかということがとても大事です。EASYBCDは簡単に目的を行うことが出来るツールになって...

ワンタイム補修パテの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

補修パテですが、家具類やその他の財物の修復にとっては不可欠な物となっています。また、補修をする度合によって異なりますが、...

フロアジャッキの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

フロアジャッキの全体的なまとめとして、自動車をジャッキアップして何らかの作業をするときに用いることができます。タイヤの交...

PIXIA5の簡単な...

このPIXIA5は絵師になるための初歩的な段階です。たく...

タンブラーの簡単な初...

タンブラーの全体的なまとめとして、ガラスタイプに関しては...

毛布の簡単な初歩や基...

赤ちゃんから高齢になるまで毎日の生活で使い続ける寝具です...

シトラスファイバーの...

シトラスファイバーの全体的なまとめでは、パンなどを柔らか...

growlの簡単な初...

growlの最大の特徴はポップアップ式ですから、他の作業...