トランシットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

トランシットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

トランシットは正確に角度を出すためにとても大切な測量機器になっています。建設会社や設計事務所ではほとんどの所で持っており、実際に使われています。そして、正確に角度を測るために、水平垂直を正確にとることが基本となるので、細心の注意を払って据え付けるようにします。そして、正確なデータを出すために何度、何分、何秒までしっかりと測ります。どうしても、秒がずれるのでそれを補正するために正観測をした後に、反観測をします。それを平均することで、より正確で精密なデータになります。逆に言うと、何分まで誤差が及ぶと再測をしなければなりません。もちろん、据え付けからやり直しになります。そして、望遠鏡のピントも測点によって合わなくなるのでその点でも、こまめに調節をしていきます。そして、最近はデジタル表記されるようになり、読み間違いが減りました。

トランシットとは

トランシットは測量機器の中の一つで、別名セオドライトとも呼ばれています。そして、角度を測る機械になります。これは、ほかの機器と違い、距離は測れませんが角度を精密に測れるのが特徴です。測量の初歩にあたるのが、角度と距離です。そのため、距離と角度がわかればかなり正確な図面が作れます。そのため、角度を知ることはとても大切なことであり、一ミリでもずれると長さが増すごとに数十メートルから数キロまでずれてしまうことになります。もちろん、測点を打ちそれをつなげていくことで鮮度を増していますが、できるだけずれないように水平や鉛直をきちんと合わせることが大切です。基本的には、三脚を調整して行うので、そこがしっかりとできていないとどんどんずれることになります。最近はデジタル式が標準になってきていて、正確な数値が読み取れるようになりました。

初心者にオススメのトランシットの使い方・利用方法

トランシットの利用方法は、水平を合わせることから始まります。最初に三脚を立てますが、できるだけ平行になるように広げます。その時にポイントとなるのが三本の足の置き場です。できるだけ安定したところを選んで動かないようにします。場合によっては、足の長さを調節するということも必要です。そして、ある程度平行になったら、微調整をしていきます。使い方は整準ネジを調整して円形気泡管の気泡が真ん中になるように調整をしていきます。ここが一番重要な部分で、正確に真ん中に入れないと平行がずれたままのデータになってしまいます。そして、一本目の測点に合わせるために望遠鏡のピントを合わせたりします。そして、ディスプレイを0度にして次の測点を測りその角度を記録して、その後望遠鏡を反対にしてまた測ります。

トランシットは簡単に使える

土木や建築に携わる人々にとって欠かせないのが現場における測量です。高価な土地なので寸分の狂いも許されません。土木建築工事の現場で使われる測量機器には何種類かあります。2点間の距離を正確に測定するスチールテープは毎日の測量に欠かせません。水平器やスラントルール(勾配定規)も測量現場に欠かせないアイテムです。中でも大切なのがレベルとトランシットです。レベルは基準点をもとにして、測点の高さを測定する測量機器です。それに対してトランシットは、2点間の角度を測定する測量機器です。角度の測量では、水平方向の角度を測定したり、鉛直方向の角度を測定したりすることができます。セオドライト方式が登場してから、多少の基本練習をすれば、初歩の人でも簡単に、現場に据え付けて測量ができるようになりました。

トランシットを使うのに必要な準備

トランシットを使うのに必要な準備は実に簡単です。測量現場に乗り込んだら、測量の基準点の真上にセオドライトを設置します。セオドライトの設置は専用の三脚を用いて行われます。最初は据え付けるのに苦労しますが、何度か現場で実際に据え付けてみれば、あっという間に据え付け技術は高められます。定められた基準点の真上にセオドライトをすばやく設置するためには、多少の努力と練習が必要です。新入社員なら、現場に出て実際の作業をする前に、現場事務所の前の空き地などで、セオドライトの据え付け練習をすれば、現場に出てから、あわてることがありません。据え付けのコツですが、基準点の真上に三脚を設置したら、水平を確認する丸い気泡をみながら、三脚の脚を伸ばしたり縮めたりして、微調整を繰り返します。

トランシットの使い方・手順

トランシットの使い方、利用方法は土木と建築とで、若干の差があります。土木測量ではトラバース測量という測量技術が主に使われますし、建築工事では水平方向と鉛直方向の基準軸の設定が測量の基本となります。その手順は似たり寄ったりです。どちらの測量でも、専用の三脚をつかって、建設現場に設けられている基準点の上にセオドライトを設置することから作業は始まります。最新のセオドライトでは、光波測距儀と組み合わせたものもあり、一度現場で使い始めると、もう普通のセオドライトには戻れないくらい便利な機器です。この方式のセオドライトでは機械の中心から直接ターゲットに向かって光波をとばします。デジタル方式でセオドライト機械中心と、ターゲットが置かれた測点との斜距離を瞬時に測定します。

トランシットを使えると何が良いか?

トランシットを使えると何が良いのでしょうか。セオドライトの登場で操作が格段に向上しましたが、それまでは、測定角度を読み取るのがバーニヤ式で、慣れるのに相当な技術を要するものでした。セオドライトの登場でその苦労はなくなり、測量の素人でも測定角度をなんなく読み取れるようになりました。トランシットは2点間の角度を測定する測量機器です。測定角度には水平角度と鉛直角度の二種類があります。それらを組み合わせると図面上に表示されている絶対的な測定点を、建設現場で求めることができます。土木でも建築でも、この作業なしでは工事が進まないほどです。土木建築の工事現場ではレベルとトランシットを組み合わせた測量を繰り返しながら、プロジェクトの完成を目指します。

トランシットの利用時の注意点

トランシットはとても繊細な測量機器なので、落としたり衝撃を与えないように注意します。そして、基本的には、水平を保たれていることで正確な角度を導き出せるので、それがずれているとどんどんずれてしまうことになります。そのため、据え付けを行うときには、できるだけ安定した場所に三脚を立てるようにします。場合によっては、傾斜のきつい斜面にやることもあります。その時には、動かないように固定が必要です。そして、実際に角度を測っていくのですが、通常に見ていくのが正観測で望遠鏡を反転させて反観測を一回ずつ行い誤差を減らすために平均を出して判断をします。そして、当たり前のことですが、測点からずれたならば据え付けからまた繰り返します。そして、望遠鏡のピント合わせもこまめにすることがずれないようにするコツです。

トランシットの全体的なまとめ

トランシットは正確に角度を出すためにとても大切な測量機器になっています。建設会社や設計事務所ではほとんどの所で持っており、実際に使われています。そして、正確に角度を測るために、水平垂直を正確にとることが基本となるので、細心の注意を払って据え付けるようにします。そして、正確なデータを出すために何度、何分、何秒までしっかりと測ります。どうしても、秒がずれるのでそれを補正するために正観測をした後に、反観測をします。それを平均することで、より正確で精密なデータになります。逆に言うと、何分まで誤差が及ぶと再測をしなければなりません。もちろん、据え付けからやり直しになります。そして、望遠鏡のピントも測点によって合わなくなるのでその点でも、こまめに調節をしていきます。そして、最近はデジタル表記されるようになり、読み間違いが減りました。

フォントフリーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

フォントフリーの全体的なまとめとして、自分の求めるフォントを探して利用することができます。ですから好みのフォントなども選...

コックの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

コックは、ゴルフスイングに於ける手首の使い方ですが、それを習得することによって、得られるものはたくさんあります。先ずは、...

スパイラルカッターの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

スパイラルカッターの全体的なまとめとしては、調理をするときに、いつもとは違った切り方をすることができます。野菜を食べる必...

マイナーペンタトニックの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

マイナーペンタトニックの全体的なまとめとしては、楽器を演奏するときのポジションになります。その中でも比較的覚えやすいやり...

ホワイトボードの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ホワイトボードは物を書き込むだけではなく、磁石の役割も果たしているので、簡単な紙媒体などを磁石で貼り付けておくこともでき...

スケッパーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

スケッパーの全体的なまとめとして、こねる、まぜる、切る、そのほかいろいろなことを一つの調理器具で行えるのが特徴になります...

ビデの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

今はアジアのいろんな国で、日本の便器についているビデが注目されています。あまりの使い心地のよさに、お土産として日本から買...

Sペンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

Sペンの全体的なまとめとして、このペンは後で購入するのではなくGALAXYに標準でついてくるペンです。にもかかわらず非常...

テスターがよくわかる本の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

テスターを使用する際には、正しい使い方を理解するために、テスターがよくわかる本などを活用して事前学習をしておく必要があり...

ハイリフトジャッキの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

これは何度も話す内容になってしまうことと思いますが、やはりこのハイリフトジャッキ自体はいざというときになくてはならないも...

北陸フリー乗車券の簡...

北陸フリー乗車券は北陸フリーきっぷを前身にもつ、JR東日...

テープLEDの簡単な...

テープLEDの全体的なまとめとしては、店舗の棚の照明をは...

ホウ酸の簡単な初歩や...

ホウ酸の全体的なまとめとして、ドラッグストアなどで比較的...

山椒の実の簡単な初歩...

生の山椒の実が売られているのを見ても、なかなか手を出しづ...

プレクサスの簡単な初...

利用方法も簡単で、レースに使うような自動車やタクシーなど...