オートレベルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

オートレベルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

オートレベルの全体的なまとめとしては、工事などをするときに事前に測量をするときに使います。地点間の高低差を測るのに良いとされています。望遠鏡のようなレンズを利用して、それらからメモリを見ることで高さを知ることができます。工事においては高低差は重要な情報の一つで、それが狂えば傾きなども起こるようになるので慎重に行う必要があります。この器具を使うときに必ずといっていいほど必要になるのが三脚です。三脚の設定から平行になるように、平らになるように気をつけて設置をします。本体の設置、測量においても平行を保つようにして行います。ちょっとした移動だと三脚ごと持っていきます。重たいとつい肩に担いでしまうことがありますがこの持ち方をすると機械が狂うことがあるので、必ず上にまっすぐ持ち上げ、そのままの状態で持っていきます。

オートレベルとは

オートレベルとは、2点間の高低差を測るための装置になります。建築工事、土木工事においては工事の場所がどのようになっているかによって行う作業、業務が異なってきます。住宅を建設するなら基本的には平らなところに基礎を作ってさらに建物を建てていくことになるでしょうが、それが少しでもずれていればその分ずれて立てられることになります。必要であれば高さを合わせたりする必要が出てくるでしょう。坂などであれば何となく高低差が生じているのはわかりますが、それが正確にどれくらいかはわかりません。このときに正確に知るためにオートレベルを利用します。住宅などの建設であればそれ程距離があるところで利用するわけではないですが、道路などの工事になってくるとそれなりに距離のあるところ同士を計測する場合があります。より正しく測定する必要があります。

初心者にオススメのオートレベルの使い方・利用方法

初心者がオートレベルを利用する時の基本的な使い方としては、比較的近い場所同士の高さの比較があります。初歩的には三脚に設置することになりますが、この設置が重要になります。設置するところが不安定だと測定するたびに値が異なるようなことも出てくるので注意しなければいけません。坂のあるところ、でこぼこのところなどで行なうことがありますが、そのときにも必ず安定したところを選んで設置するようにします。設置する部分が平行になるようにします。三脚に設置をするときには正確に行う必要があります。設置をしたら調整を行ないます。十字線がはっきり見えるようになれば問題ありません。高さを測る部分にメモリを設置しそれを読むことで高低差がわかります。

オートレベルは簡単に使える

オートレベルは簡単に使うことができます。このオートレベルとは視準線を水平にするための自動補正装置を中に内蔵しているもののことです。視準線とはレベルの望遠鏡を覗いたときに見える十字線と標尺が重なって見える位置を結んだ線のことです。この自動補正機能によりレベル本体が完全に水平ではなくても水平に保つことができるので素人の方でも簡単に使うことができます。また機種によっては自動補正機能や補正の精度は異なるのですが、どのレベルでも素人の方には簡単に使うことができます。この自動補正装置には振り込原理を利用しているものが多く、この振り込原理のことをペンジュラム方式といいます。この、ペンデュラム方式によって素人の方でも簡単に扱えるようになっています。

オートレベルを使うのに必要な準備

このオートレベルを使うのに必要な準備はまず三脚です。通常のオートレベルならばどのようなものでも簡単につけることができるのですが、ニコンのレベルでは三脚取付部にオリジナルの2方式三脚ねじを用いているので、3種類の三脚のどちらもそのまま使えるようになりました。この3種類の三脚とは整準式、シフト式、球面式です。これらの種類を覚えておくのも1つの準備と言えます。そして次に必要な準備はこの三脚を設置することです。これらの三脚を設置する時は水平になるようにしなければなりません。水平に設置する場所が決まったならば、石突を踏んで固定します。また固定する地盤が柔らかくなっているのならば、シート貼らなければならないので準備が必要です。これが使うのに必要な準備です。

オートレベルの使い方・手順

オートレベルの基本的な使い方や利用方法は測量をすることなのですが、その手順はとても複雑なものになっています。まず最初に三脚の据え付けをします。レベルをできるだけ水平になるようにします。その後固定が完了したならば、レベル本体の取り付けをします。できるだけ本体を静かに取り付けるようにするのが長年使うためのコツです。そして次に本体の整準をします。これは細かい作業が必要なので、失敗しないようにしなければなりません。次に望遠鏡の調整です。これは比較的簡単で望遠鏡を覗き十字線がはっきり見えるように調節します。これが一般的な手順です。また本体の移動作業をするときはできるだけ垂直に持って移動するようにします。これが1連の手順です。

オートレベルを使えると何が良いか?

オートレベルを使うことによってたくさんのメリットがあります。それはいろいろなところを即座に測量することができることです。距離や高さは従来のものならば人の手によって時間をかけて図るものだったのですが、レベルが出現したことによってすぐに図ることができるようになりました。ですがこのレシピは自らの手で調整をしなければいけないので、時間がかかることがありました。ですが自動補正装置であるオートレベルによってさらに作業を簡略化することができるようになりました。また人間の手でやるよりも正確に測ることができるので、間違いを起こすこともなくなりました。このようにオートレベルを使うことによって初歩的である測量の作業も完璧で早くできるようになりました。このようにたくさんのメリットがあります。

オートレベルの利用時の注意点

オートレベルの利用方法での注意点として移動をする時があります。その日のうちにいろいろな場所の測定をしなければいけない場合があります。道路のいろいろな点で測定をしたり、敷地内で行なうこともあります。設置がそれなりに大変なので、あまり細かい作業をしたくないと考えることもあります。基本としては一回一回丁寧に機械を外して、三脚とは別に持っていき、そのたびに設置をするのが望ましいです。でも近くで行なう場合にはそのまま持っていくいことがあります。できるだけ垂直に持ち上げて、そのままの体勢で移動させます。天秤のように持つのは良くありません。遠距離を移動するときには専用の機械に入れて、振動を少なくして移動させます。

オートレベルの全体的なまとめ

オートレベルの全体的なまとめとしては、工事などをするときに事前に測量をするときに使います。地点間の高低差を測るのに良いとされています。望遠鏡のようなレンズを利用して、それらからメモリを見ることで高さを知ることができます。工事においては高低差は重要な情報の一つで、それが狂えば傾きなども起こるようになるので慎重に行う必要があります。この器具を使うときに必ずといっていいほど必要になるのが三脚です。三脚の設定から平行になるように、平らになるように気をつけて設置をします。本体の設置、測量においても平行を保つようにして行います。ちょっとした移動だと三脚ごと持っていきます。重たいとつい肩に担いでしまうことがありますがこの持ち方をすると機械が狂うことがあるので、必ず上にまっすぐ持ち上げ、そのままの状態で持っていきます。

緩降機の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

緩降機の全体的なまとめとして、火災などの時に窓から降下しないといけないときに利用します。体にロープン度を取り付け、ロープ...

JALマイレージの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

JALマイレージカードは、日常的に飛行機に乗り降りし、日本中、世界中を飛び回る方々にはかかせないカードです。海外なら、ヨ...

OFFICEONLINEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

マイクロソフトのビジネスアプリケーションソフトで作成したファイルを自宅でも作業がしていきたいときなどは、OFFICEON...

ブルーマジックの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ブルーマジックの全体的なまとめとして、車の汚れを落としたり、仕上げとしてのシリコンコーティングとして利用することができま...

X11VNCの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

X11VNCの全体的なまとめとしては、リナックスOS環境において、外部のサーバなどにアクセスなどをしてデスクトップを呼び...

鋸の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

鋸とは、木材を切るために使用する道具のことであり、これを使用することで、木材を綺麗な断面のまま切断することができます。そ...

メスティンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

メスティンの全体的なまとめとして、アウトドア、特に登山などあまり無駄な持ち物を持ちたくないときの調理器具として重宝します...

キッチンカウンターの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

キッチンカウンターは、リビングルームとダイニングルームを兼ねるものとされています。間取りを無くすという意味では、家族間の...

和式トイレの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

和式トイレは、欠点もあるけれど、日本人にとっては体形に合った、古くからあるとっても良いトイレだと言えます。家もそうですが...

KSFILEMANAGERの簡単な初歩や基本的な使い方・利用...

cseとはデータベースクライアントソフトとして多くのユーザーを獲得してきたフリーソフトウエアです。「CommonSQLE...

旋盤の簡単な初歩や基...

旋盤の全体的なまとめとして、回転により金属などの加工物の...

GOOGLEGROU...

つい先程も話したように、このGOOGLEGROUPSの結...

ANDROIDATO...

ANDROIDATOKは日本人のための入力システムですか...

ワードプレスの簡単な...

ワードプレスは自由にサイトやブログを構築できるために、フ...

マツコネの簡単な初歩...

マツコネの全体的なまとめとしては、マツダの自動車における...