AUTOCAD2014の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



AUTOCAD2014の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

AUTOCAD2014は少し高価なものですが、それがあるかないかによってその仕事の捗りが大きく違ってくるものと言えます。ただし、その使用用途によって2種類ある製品を選ばないと使わない機能は宝の持ち腐れとなってしまうため、事前の十分な検討が必要です。実際に使用する、特に初心者の方が使用する際には、マイクロソフトのワードやエクセルと同じようなリボン形式でコマンドが選択できるので、より直感的に他のアプリケーションと同じように操作できる利点があります。初期設定で出てきているコマンド以外にも様々な便利機能がありますので、まずは色々な機能をとりあえず使ってみることが、上達への近道と言えます。AUTOCAD2014は使いこなすまでが大変ですが、それも何度も同じ機能を使い、何度も同じ作業を繰り返す事で必ず身についていきます。1週間で初歩の一コマンドを覚えるくらいのペースが調度よく、焦らず、じっくりやることで更なる世界が開けるはずです。



AUTOCAD2014とは

AUTOCAD2014とは、主に設計のための図面を作成するためのオウトデスク社が販売するアプリケーションです。その使用分野は建築や土木、機械など様々な分野において使用されています。また、一言にAUTOCAD2014と言ってもその中においても種類があります。一つはレギュラー版と言って3DCADやマクロと呼ばれるものが使用できます。もう一つは、LT版と言ってレギュラー版にはその仕様は劣りますが、それよりも安価で購入できるのがLT版です。レギュラー版とLT版で仕様の違いはあるものの、LT版でも通常の業務、設計を行う上では何ら問題はないので、高度な技術が必要となればレギュラー版、通常の一般的な図面の作成を目的とするのであれば、LT版を使うという使い分けができます。値段は倍以上違い、かつ効果なものであるため、予めその基本の使用用途を決めて購入する必要があります。



初心者にオススメのAUTOCAD2014の使い方・利用方法

初心者にオススメなAUTOCAD2014の使い方ですが、まず使用されるのはLT版をオススメします。レギュラー版は様々な機能があり使いこなせばとても便利なものですが、使いこなすまでとそれによって使わないツールや機能も出てきますので、まずはLT版を使ってCADの使用に慣れることが先決です。LT版でも使いこなすためには数か月、もしくは数年を要すると思いますので、3DCADをやりたいという事以外であれば、断然LT版がコストパフォーマンス的にもオススメです。また、初心者の方の主なオススメな利用方法については、複雑な図形の面積を求める機能がオススメです。ラインや丸などを作図し、それを選択してマウスの右クリックメニューでその図形のプロパティを見れば面積も出るため、ややこしい計算などが不要になります。

AUTOCAD2014は簡単に使える

AUTOCAD2014は直感的にしかも簡単につかえます。まず、AUTOCADで使用するコマンドはワードやエクセルなどと同様にリボン形式で表示されており、一目見ただけでそれがどんな動作をするコマンドなのかが判断することができます。また、作図するために必要なコマンドが各タブごとにまとめられており、ひとつのタブを選択することで、様々なコマンドを確認することができます。また、ファイルの保存方法や終了方法などもワードやエクセルと方法が一緒なので、他のアプリケーションと同様の操作方法で使用することができます。また、様々な仕様があり自分の使いたいようにカスタマイズでいるため、苦手意識を捨てて、慣れてしまえばとても簡単であることが分かります。

AUTOCAD2014を使うのに必要な準備

AUTOCAD2014を使うのに必要なものは、まずある程度の処理能力のあるパソコンが必要となります。アプリケーション自体が重いことと、使って行くうちにファイルのデータ容量も大きくなって行くため、処理能力のあるパソコンでないとフリーズが頻繁におきたり、いきなりアプリケーションが落ちてしまうことがあります。また、大量な情報を細かく表示させたりしなければならないため、CAD専用のグラフィックボードが搭載されているパソコンを準備できると尚よいです。CADを使用するために必要なものは用は、処理能力が早く、画像表示の良いパソコンであると言えます。特に、64bitパソコンであればメモリも多く積むことができ処理能力も倍増します。

AUTOCAD2014の使い方・手順

AUTOCAD2014の使い方としては、まずオプション設定を行うことから始めます。AUTOCADを初めて立ち上げると画面の背景が真っ白である場合が多いです。長時間画面を見ながら、しかも細かいものを動かしたり、切ったり、貼ったり、追加したりときめ細かい作業の連続ですから、画面の背景の色が蛍光色だとそれだけで目が疲れてしまいます。目の疲れを軽減させるためにも画面の背景を黒などの落ち着いた色にすることが必要です。また、自動保存の設定も重要です、AUTOCADはデータ容量が大きいものをしばしば扱うため、動作が不安定となりフリーズしてしまったり、突然に落ちたりします。そうなってしまうとそれまでやっていた作業が全て飛んでしまいます。ですのでその対策として、自動的に保存できるようにしておくことが必要です。

AUTOCAD2014を使えると何が良いか?

AUTOCAD2014を使えると何が良いかと言うと、様々な分野での仕事が可能となることです。AUTOCADは様々な分野で使用されているため、それが使えるとひとつの分野に囚われずに、AUTOCADが使えると言うことを武器に働くことができます。AUTOCADは初歩は簡単ですが、その基本を積み上げて磨いていくことで、自分の中での大きな武器となります。また、様々な仕様があり、様々な利用方法があるため、使いこなせるようになれば、様々なシーン、分野において活躍の場を広げることができます。1日や数週間では到底身につくようなものではありませんが、継続的に使用していくことで自分のものとなり、一生もののスキルとして生かしていくことができます。

AUTOCAD2014の利用時の注意点

AUTOCAD2014の利用時における注意点としては、まず、容量の大きなデータを扱わない、または作成しないことが上げられます。データ容量の大きなファイルを開こうとすると、それを開くための待ち時間が増えます。時によってはずっと待ち続けて結局そのままフリーズしてしまうこともよくあります。特にバージョンが新しくなり、様々な機能が追加されているため、以前のバージョンではすぐに開くことができたファイルも新しいバージョンでは倍以上の時間がかかる場合があるため、データ容量の大きなファイルには注意が必要です。また、仮にデータ容量の大きなファイルを開けて作業が開始できたとしても、作業中などにフリーズしてしまう場合もあるため、データ容量はできるだけ小さく、要らないデータは小まめに整理することをオススメします。

AUTOCAD2014の全体的なまとめ

AUTOCAD2014は少し高価なものですが、それがあるかないかによってその仕事の捗りが大きく違ってくるものと言えます。ただし、その使用用途によって2種類ある製品を選ばないと使わない機能は宝の持ち腐れとなってしまうため、事前の十分な検討が必要です。実際に使用する、特に初心者の方が使用する際には、マイクロソフトのワードやエクセルと同じようなリボン形式でコマンドが選択できるので、より直感的に他のアプリケーションと同じように操作できる利点があります。初期設定で出てきているコマンド以外にも様々な便利機能がありますので、まずは色々な機能をとりあえず使ってみることが、上達への近道と言えます。AUTOCAD2014は使いこなすまでが大変ですが、それも何度も同じ機能を使い、何度も同じ作業を繰り返す事で必ず身についていきます。1週間で初歩の一コマンドを覚えるくらいのペースが調度よく、焦らず、じっくりやることで更なる世界が開けるはずです。



リアルプレイヤーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

リアルプレイヤーでは様々なサービスが利用できますが、例えばクラウドストレージサービスが利用できます。無料から有料まであり...

刺身包丁の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

刺身包丁は刺身にする際にはなくてはならないもので、切り方が上手いか下手かによって舌触りが変わり味にも違いが生まれてしまう...

ラチェットレンチの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

家庭における修繕などにも役に立つものなので、レンチがない、という人にはラチェットレンチを一本用意するだけで、DIYで出来...

ノギスコツの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

ノギスを利用して正確な測定を行うためには、ノギスコツの技術を体得していくことが重要となっています。アナログタイプやデジタ...

イラストレーター3Dの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

イラストレーター3Dは簡単に使うことができなおかつたくさんの機能を持っています。このソフトウェアを使うことで3Dのオブジ...

バーコードを読むの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

バーコードを読むことができるようになれば、世の中のQRコードが提供してくれる情報のほとんどを読み取り、いろいろなサービス...

NEXUSタブレットの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

NEXUSは、Googleから出している純正AndroidOSを搭載していることから、最新の機能、サービスを利用できると...

KSFILEMANAGERの簡単な初歩や基本的な使い方・利用...

cseとはデータベースクライアントソフトとして多くのユーザーを獲得してきたフリーソフトウエアです。「CommonSQLE...

LM317の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

LM317とは出力可変型の三端子レギュレーター用ICです。電圧を可変できるため、電源回路に使う場合、応用範囲が広くなりま...

dataramramdiskの簡単な初歩や基本的な使い方・利...

同ソフト自体はもともと、「消えないRAMDisk」を作ることが目的で作成された専用ソフトウェアなので、いくらフリーソフト...

PIXIAペンタブの...

ここまでPIXTAの特徴及び使い方、注意点などを明記して...

両軸リールの簡単な初...

両軸リールの全体的なまとめとしては、釣りをする上では、基...

デコメーラーの簡単な...

電子メールでの連絡のやり取りが主流になっている現代ではメ...

田植え機の簡単な初歩...

田植え機の全体的なまとめとして、田植えを人力よりはるかに...

ドコモポイントの簡単...

ドコモポイントの全体的なまとめとしては、まずはどこもの携...