キルト芯の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

キルト芯の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

キルト芯とは、厚手の布状に成形された綿を指しています。化繊綿が一般的で、布と布の間に挟んで厚みを持たせることを目的としています。特に、キルト手芸等に用いられ、パッチワークを立体的に見せる工夫のために使われています。また、アイディア次第では、利用方法の一つとして基本のキルト手芸以外の作品にも応用することができます。手芸愛好者には欠かせない素材として広く紹介されています。価格帯はキルト芯の厚みや規格、仕様、品質等によって変わってきますが、10センチ100円前後で購入することができます。初歩の手芸作品やプロに至るまで様々な方が用いることができる手芸副資材です。手縫いはもちろんのこと、ミシンに掛けることもできるので、アイディアややり方次第でどんどん作品の幅が広がっていきます。昨今では、失敗せずに使える商品も販売されています。

キルト芯とは

キルト芯とは、厚手の布状に成形された綿を指しています。化繊綿が一般的で、布と布の間に挟んで厚みを持たせることを目的としています。特に、キルト手芸等に用いられ、パッチワークを立体的に見せる工夫のために使われています。また、アイディア次第では、利用方法の一つとして基本のキルト手芸以外の作品にも応用することができます。手芸愛好者には欠かせない素材として広く紹介されています。価格帯はキルト芯の厚みや規格、仕様、品質等によって変わってきますが、10センチ100円前後で購入することができます。初歩の手芸作品やプロに至るまで様々な方が用いることができる手芸副資材です。手縫いはもちろんのこと、ミシンに掛けることもできるので、アイディアややり方次第でどんどん作品の幅が広がっていきます。昨今では、失敗せずに使える商品も販売されています。

キルト芯は簡単に使える

キルト芯を使うことが難しいと感じる方もいるようです。仕様は布状で、扱いにくさは無いのですが、布と合わせる時にずれる場合もあります。利用方法の基本として、「しつけ」をかけるやり方があります。しつけは手芸の基本で、初歩的な技法です。布のずれを少なくする方法として用いられます。このやり方を用いることで、キルト芯のヨレやずれを少なくします。このところでは「接着キルト芯」という商品が販売されています。片面もしくは両面に接着材が付着しているもので、アイロンプレスをすることで布の裏面に芯を接着することができます。接着芯のように布にハリを持たせることができますし、先述のようにしつけがけをせずとも布に固定をすることができるので、よりいっそう扱いやすくなります。

キルト芯を使うのに必要な準備

キルト芯を使うのに必要な準備がいくつかあります。一般的に考えて、この商品は単体で使うことができません。基本的なパッチワークキルトを例にとると、表面になるキルトトップと裏打ち布が必要になります。要するに、表布と裏布を用意し、その間にキルト芯を挟むことになります。また、接着のりがついているキルト芯を使用する場合は、アイロンとアイロン台、作品を傷つけないように当て布が必要になります。このほかに、裁断するための裁ちばさみや、ロータリーカッターもあると良いでしょう。キルティングを施すときに、芯は若干縮みますので、作品よりも一回り以上大きく芯を準備することが求められます。これらの準備が整えばすぐにでもキルト芯を用いた作品づくりに取り掛かることができます。

キルト芯の使い方・手順

キルト芯の利用方法・使い方・手順を知りたいという方も少なくありません。初歩としてパッチワークキルトを例に挙げると、パッチワークを施したキルトトップと裏打ち布を用意します。キルトトップの裏面にキルト芯を重ね、中表に裏打ち布を重ねます。返し口を確保した後、でき上がり線上をミシンや手縫いで縫い合わせていきます。その後返し口から表に返し、口を閉じればふっくら感があるキルトマットができ上がります。このままでは、中にはさんだ芯のズレやヨレが生じることがあるので、落としキルトや刺繍のやり方を施していくのが一般的です。このような利用方法で様々な手芸作品を作ることが可能です。あらかじめ芯が挟まれキルティングが施されている「キルティング布」を利用すれば、厚手で丈夫なバッグなどを縫い上げることができます。

キルト芯を使えると何が良いか?

キルト芯の使い方を覚えると、手芸作品に幅が広がります。気に入った布を用いて自作のキルティング布を作り、手芸作品に彩りをプラスすることもできるようになります。また、ふっくら感を演出したポーチやバッグなどにも応用することができます。厚みのバリエや接着のりがついているもの等を使い分けることで、作品に表情をつけることができます。キルト芯はあらかじめカットされ販売されていますが、大手手芸店に行くと、100cm幅の商品が切り売りされています。キルトの大型作品を作りたい時などにも重宝しますので、覚えておくとよいでしょう。手芸綿のように扱っている最中にクズがでることもありませんので、人形の布団作りにも使われています。

キルト芯の利用時の注意点

キルト芯を利用する際にいくつか注意することがあります。落としキルト・キルティングを施す際に若干縮みますので、正式な寸法よりも一回り大きく裁断することが大切です。また、洗濯をすると縮む商品がほとんどです。大きな作品になるほどヨレが必ず生じますので、洗濯を伴わない作品に使いましょう。接着のりがついているものを使用する場合は、裏面と表面を必ず確認して接着面と布を合わせてからアイロンをかけましょう。接着面は光沢があり、ノリがついている事が一目でわかります。高温で接着のりが溶けだす仕組みなので、作品の表面には必ず当て布を当てておくことも注意点の一つです。面倒な感覚がありますが。初歩の注意点と基礎さえ守れば難なく使いこなすことができます。

キルト芯の全体的なまとめ

副資材として、手芸には欠かせないキルト芯。作品の表情をつけるほか、布を補強する・厚みを持たせるというような使い方も可能です。手芸店はもちろんのこと、今では100円ショップでも販売されているので、手芸が大好きな方であればぜひ1セットは家にストックしておかれると良いでしょう。薄手の芯でも十分に布に厚みを持たせることができます。基本として用いられるパッチワークキルトやハワイアンキルトのほか、マットやコースターといった生活布雑貨、がま口やポーチ等の作品等に応用することができます。また、自分の好きな布を用いて自作のキルティング布を作成することも可能です。取り扱いの際の注意点も少なく、ちょっとしたコツを覚えることで、難なく取り扱いができるので、ぜひ使い方をマスターして自分自身の生活に彩りをプラスしましょう。"

スケッチアップ8の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

スケッチアップの全体的なまとめとして、選択ボックスで複数のエンティティを選択するとより使いやすくなります。選択ボックスは...

WIRESHARKの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

WIRESHARKについては今までにも記載しましたが、ネットワーク通信においてトラブルが発生した際の原因切り分けとして使...

アラウの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

無添加せっけんシリーズのアラウは、幅広い年齢層のファンが多い商品です。強い油汚れには弱いというデメリットがありますが、肌...

コマンドプロンプトの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

コマンドプロンプトの全体的なまとめとしては、基本的に使うことのない画面であり、コマンド操作になるでしょう。でもパソコンの...

モバイルqrコードの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

最近では、スマートフォンが携帯電話のほとんどを占めるようになったため、いろいろなプロフィールが作成されるようになりました...

シュノーケルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

シュノーケルの全体的なまとめとして、海中を息継ぎをすることなく見続けることができる道具です。特に南国の海の中は非常に視界...

AUTOCAD3Dモデリングの簡単な初歩や基本的な使い方・利...

AUTOCAD 3Dモデリングの全体的なまとめとしては、建築物や製造物の設計などにおいて、3Dで容易に行うことが出来るソ...

ICレコーダーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ICレコーダーは正しい使い方さえしていればとても便利な物です。近年のものはPパソコンの普及にも伴ってUSBでのデータ移行...

YAHOOメールの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

YAHOOメールは、他の端末でメールアカウントを作成する場合と比較しても、非常に気軽に作成することができるというのが最大...

ラウンドアップの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ラウンドアップの全体的なまとめとして、雑草を除去するのに使うことができる除草剤になります。植物全般に使うことができます。...

テレビブースターの簡...

テレビブースターの全体的なまとめとして、テレビ放送など電...

フィボナッチの簡単な...

フィボナッチの全体的なまとめとして、投資などにおいて一定...

メスピペットの簡単な...

メスピペットは使いやすく、使い方もわかりやすいのがメリッ...

JWWの簡単な初歩や...

JWCからJWWにシステムが移行したときに、多くの技術者...

ウォレットチェーンの...

ウォレットチェーンは財布を落としたり、失くしたりしないた...