スクリーントーンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

スクリーントーンの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

スクリーントーンはイラストや漫画の雰囲気を盛り上げていくためには本当に便利なものとなりますが、その使用方法に依存してしまいますと技術を高めていくことはできません。ペンやベタなど、そのほかの技術と一緒に利用していくものでして、スクリーントーンもイラストや漫画を描いていくための道具の1つとして必要としていくのが基本となります。ちなみにベタとは、筆ペンを使って黒く塗っていく方法です。本当にスクリーントーンでなければその模様は表現できないと感じた時に利用し、ちょっと技術を高めていけばペンやそのほかの技術で描くことができる、そう思えば余計な出費を抑えながら漫画やイラストを完成させていくことができるようになっていきます。そうしていくことで、漫画やイラストを描く楽しみを感じていくことができるようにもなっていきます。

スクリーントーンとは

スクリーントーンとは、イラストや漫画を描くときに利用するシールのように使って利用します。主に黒白の模様が描かれたものが多くあり、その模様の種類も多種多様で何百種類とあります。ペンではなかなか描くことのできない模様がそろっており、イラストや漫画のキャラクターの髪の毛の色や、服などの模様を描きたいときにスクリーントーンを貼り付けることで、そのデザインが盛り上がってきます。その髪の毛や服の模様として張り付けるためにカッターナイフで線にそって切っていき、はがれることのないようにしっかり貼ってイラストや漫画を完成させていきます。スクリーントーンはそのまま模様にして貼り付けることだけでも十分なのですが、技術を高めていきますとその模様を使って削りという方法で、光を描くフラッシュを描くことができるようになってきます。

初心者にオススメのスクリーントーンの使い方・利用方法

イラストや漫画を描くことに対して、実はいろんな技術が備わっていないと描くことのできない方法はたくさんあります。フラッシュだけでなく、空に浮かぶ雲、キャラクターの立体感をあらわす影、スピードをあらわす斜線、雰囲気をあらわす背景の模様、グラデーション模様など、初心者にとってペンだけで表現するには難しい、そのような技術が必要なイラストなどは、ほとんど無理だといっても過言ではないほどそのやり方は難しいものとなります。そのような初心者のために、ペンで描くには難しい模様や背景を描くことができるスクリーントーンがいくつも販売されており、初歩の人は、そのような模様を利用していくことで自分が描きたい表現が簡単にできるようになります。

スクリーントーンは簡単に使える

スクリーントーンは、漫画を描くうえで欠かせない存在でもあります。もしも漫画家さんを目指そうとされている方であれば、練習としてスクリーントーンを貼るのは初歩的なことです。そもそもこれは、漫画の中に登場する人物やマスコットといったキャラの洋服に柄の模様を付けたり、陰の部分をはっきりとさせることになります。そのため、黒と白の部分を明確に分ける作業だともいえます。洋服に柄の模様を付けることができるということは、たとえば学生服のスカートの模様もこれで表すことができるということになります。また、女性のキャラに多い、キラキラとした表現に関してもスクリーントーンがあるからこそ漫画でも表現できるということになります。

スクリーントーンを使うのに必要な準備

利用方法としてはまず、使う前に準備をすることになります。キャラであればそのキャラの絵を描いていなければ貼ることはできませんし、貼りようもないからです。まず、下書きしたキャラの上からペンでなぞっていきます。これを俗にペン入れをするという風に表現しますが、もしかするとペン入れをしている最中に誤って入れなくて良い箇所にもペンを入れてしまうということもあるかもしれません。この場合はスクリーントーンでごまかすということもできないため、この準備段階で修正しておくことになります。その場合は基本として白色のペンを使って消したいところを塗りつぶしてそのうえから消しゴムで削っていきます。このように修正しながらペン入れまで終わらせます。

スクリーントーンの使い方・手順

ここまでできたら使い方に移ります。最初にキャラのどこに貼りたいのか、また貼るとしたらどんな色の物を貼るのかを決めます。決めたら、形を作るように切っていきます。このとき、実際の大きさより小さくは切らないようにします。大きく切るともしもサイズが違っても修正が効きますが、小さく切ってしまうとサイズが違った場合は修正が効かなくなってしまうからです。トーンを台紙から取り外したらキャラの上に直接置くようにします。このとき、ほこりなどが入らないようにします。そして図画工作などでも使うヘラなどで押さえるようにします。押さえて軽くこすります。このとき、もしもシートを貼るのであらば、ずれない様に細心の注意を払うようにします。そして、キャラの形通りにスクリーントーンを切ります。切って貼ったらまたへらで押さえれば完成です。

スクリーントーンを使えると何が良いか?

スクリーントーンを使うことによって、様々な表現ができます。たとえば恋する乙女であれば、恋をしている相手に対してそのような気持ちのトーンを貼ることによってそのキャラの気持ちが読者の方に伝わりやすくなります。怒っている描写をしたい際には雷などをイメージした物を貼れば、どれだけ怒っているのかが伝わります。1つの気持ちを取ってもスクリーントーンの種類は何十種類以上にも渡るので、描いている方が表現したいように切って貼ることができますし、好きなように選ぶことができます。また、同時に漫画を描かれる方の個性も取り入れることができるため、描き手によって、様々な表現力を漫画に出すことができるという意味でも良いといえます。

スクリーントーンの利用時の注意点

スクリーントーンはとても便利なもので、キャラクターや背景など、イラストを盛り上げていくのには本当に使いやすい道具です。利用方法も貼り付けたい形にカッターナイフで切って貼るだけで使うことができ、使い方も簡単です。しかし、そのスクリーントーンの模様ばかりに頼っていきますと、何種類のものが必要となってしまい、毎回それだけのスクリーントーンを必要としてしまいます。そうなっていきますとイラストや漫画を描くたびに出費がかさむようになっていきます。1枚おおよそ安くて300円のものから高いものでは600円のものもあり、人によっては30ページの漫画を描いていくのに30種類のものを使う人もいたりしまして1万円以上かかってしまうこともあります。

スクリーントーンの全体的なまとめ

スクリーントーンはイラストや漫画の雰囲気を盛り上げていくためには本当に便利なものとなりますが、その使用方法に依存してしまいますと技術を高めていくことはできません。ペンやベタなど、そのほかの技術と一緒に利用していくものでして、スクリーントーンもイラストや漫画を描いていくための道具の1つとして必要としていくのが基本となります。ちなみにベタとは、筆ペンを使って黒く塗っていく方法です。本当にスクリーントーンでなければその模様は表現できないと感じた時に利用し、ちょっと技術を高めていけばペンやそのほかの技術で描くことができる、そう思えば余計な出費を抑えながら漫画やイラストを完成させていくことができるようになっていきます。そうしていくことで、漫画やイラストを描く楽しみを感じていくことができるようにもなっていきます。

AUTOCAD3Dモデリングの簡単な初歩や基本的な使い方・利...

AUTOCAD 3Dモデリングの全体的なまとめとしては、建築物や製造物の設計などにおいて、3Dで容易に行うことが出来るソ...

スケッパーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

スケッパーの全体的なまとめとして、こねる、まぜる、切る、そのほかいろいろなことを一つの調理器具で行えるのが特徴になります...

チエンソーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

チエンソーの全体的なまとめとして、木材などを簡単に切ることができる動力式の工具です。エンジンで動くタイプが主流ですがモー...

wineの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

wineはLINUX上でもWindowsのソフトを動かしていける環境を提供してくれますが、万能ではありません。せっかくW...

DROPBOXの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

DROPBOXの全体的なまとめとしては、自分ひとりでいくつかのIT機器を持っているときにネットワーク上でデータを共有でき...

EVERYPADの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

EVERYPADはIPS液晶パネルでの鮮明な画面や、クアッドコアの処理能力などにより、ネット閲覧をはじめ写真や動画観賞、...

mysqlworkbenchの簡単な初歩や基本的な使い方・利...

mysqlworkbenchは、Windowsの他、LinuxやMacOSに対応しているものもありますので、殆どのクライ...

バーコード携帯の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

バーコード携帯は、上手に使いこなすことができれば、いかにも現代人のように振る舞うこともできます。初対面の人と出会った時に...

JWCAD動画の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

ここまで書いてきましたが、無料で使えるCADの中で圧倒的に使いやすいCADといえるかもしれません。シンプルな機能がすべて...

ラベル屋さん宛名の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

このラベル屋さんという宛名書きに特化したソフトは非常ですが、無料で利用することができるということで、あくまでも宛名の延長...

ワードアウトラインの...

既に入力された箇条書きの項目等についても、後からアウトラ...

qrコード活用法の簡...

qrコードは汚れや破損にも強く、日頃あまりインターネット...

スプレーガンの簡単な...

スプレーガンの全体的なまとめとして、塗装をするときに使う...

ACCESS2013...

ビジネスユースを考えていて、パソコンでデータベース処理を...

プリントゴッコの簡単...

プリントゴッコは惜しまれつつも販売終了となりましたが、パ...