刺身包丁の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

刺身包丁の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

刺身包丁は刺身にする際にはなくてはならないもので、切り方が上手いか下手かによって舌触りが変わり味にも違いが生まれてしまうほどです。刺身をするだけではなく、ぬめりのある魚介類を引く時にも非常に便利で役立ちます。値段の面で見ると、安いものから高額なものまでありますが、高いものはやはり切れ味もよく使ってみると違いは一目瞭然ということは多いです。しかし、高いものであればあるほどデリケートなものもあり、しっかり手入れしないと刃こぼれやサビ、曲がりの原因となるので注意する必要があります。つくった職人だけではなく、使用している材料によって値段の差はありますが、初心者の場合にはどれを選べば良いのかは難しいので、専門店に行って使う用途を言えば合ったものでおすすめのものを教えてもらうこともできます。関東のたこ引きをするのか関西の柳刃包丁にするのかもありますが、最初は柳刃包丁の方が使いやすく料理人だけではなく、家庭にも一本は所持しておくべき包丁です。

刺身包丁とは

包丁にはたくさんの種類があり、食材や料理する出来上がりをイメージし、用途によって使い分けることで食材をより美味しくすることができます。その中でも刺身包丁は刺身にするときには必ず使うべき包丁です。刺身包丁は和包丁の一つで、生の魚など魚介類を刺身にする際に使います。切り身などを薄く切るためにも便利です。刃渡が細長いのが特徴で、関西と関東で形が違います。関西では柳刃包丁で刃はまっすぐで先端が尖っているのが特徴です。一歩一歩関東では、たこ引きで切っ先が長く四角いです。関西や関東にかかわらず、どちらも使われるようになりましたが、近年では柳刃包丁を使う人の割合が増えてきています。刺身包丁は家庭でも使う人が多く、刺身を着る際には一般的な包丁ではなかなか上手く切ることができないので一家に一つは持っておきたい包丁の一つです。

初心者にオススメの刺身包丁の使い方・利用方法

初心者におすすめの使い方としては、やはり刺身にするときですが、力任せに切っても上手く切れず美味しい刺身にはなりません。引き切りをするのが基本の利用方法なので刃渡が長く作られているということを頭に置いて引き切りすることがポイントです。切り方によって舌触りが違い、味にも差が出ます。刺身包丁と一口に言っても材質もいろんな種類があり、鋼、ステンレス鋼、複合材、セラミックなどがあります。初心者におすすめのものとしては鋼です。基本的な材料であり、特別良いところはありませんが切れ味も管理のしやすさもそれなりに良いので、扱いやすいです。近年では肉類を刺身包丁で切る場合もありますが、使用した後はしっかり油を拭う必要があります。

刺身包丁は簡単に使える

刺身包丁の簡単に使えるところとしては、魚介類をさばくことができることです。現在はスーパーに行けば既にきれいにさらい盛られた刺身を買うことができます。きれいな形をした魚も内臓は取り出されているので後は焼くだけの状態になっています。元々は海で取れた魚で、そこから食べられる状態にしなければいけません。そのときに使うことができます。魚にはいろいろな大きさがあります。いわしのような小さな魚もいれば鯛となるとそれなりに大きくなります。大きな魚をさばく時には長さが必要になります。そうしないと中骨まで切ることができません。刺身にするときには3枚に下ろした状態にしますがそのときにも使いやすいです。長さがあるので手前に引くようにして切ります。

刺身包丁を使うのに必要な準備

刺身包丁の利用方法での初歩的な準備としてはどういった素材のものを選ぶかです。扱いやすいものを選ぶか、安全性の高いものを選ぶかがあります。鋼やステンレス鋼は一般的に出回ってるタイプで非常に扱いやすくなります。その分切れ味はいいので、気をつけて使う必要があります。使い方を間違えるとケガをしてしまうこともあります。比較的安全に使うことができるのがセラミックタイプです。金属ではありませんが、それなりに切ることはできます。こちらも安全に使うのは言うまでもありません。他には関西型と関東型があります。日本料理は京料理とも言われることから関西型が使われることがありますが、使い勝手も異なるので選択をしなければいけません。

刺身包丁の使い方・手順

刺身包丁の使い方としては、魚の切り身を切る時に引くようにして切ります。魚を三枚に下ろすとある程度の固まりになります。固いものではなく、柔らかいです。これをどんどんと切ってしまうと細胞が壊れます。細胞が壊れると中の水分が飛び出してベタベタした、水っぽい食感になります。細胞に沿って引くようにして切ると壊れにくくなります。魚の細胞に水が残された状態になるので、水っぽくならず、もっちりした食感を楽しめるようになります。より弾性のある魚ほど使うのが難しくなりますが、基本は同じで細胞に沿って引くようにすることです。薄作りにおいてもより薄く切ることができます。ふぐなどは、向こう側が透けるぐらいに薄く切るようにします。

刺身包丁を使えると何が良いか?

刺身包丁の基本的な利点としては、魚をさばくのに使うことができ、その魚からおいしい刺身を切り分けることができます。魚にはいろいろな種類、大きさがありますが、この包丁であればいろいろな魚に対応することができます。魚をさばく時に使うことができますが、最も力を発揮するのは刺身を切り分ける時です。このときに魚のうまみを殺さずに中に凝縮させたまま切ることができます。また、薄く、形を整えながら切ることができます。いい包丁の場合には長く使うことができます。切れなくなったときには自分で研ぐよりも専門店などに問いでもらいます。そうすることで元のように切れ味を戻すことができます。一度購入したら、一生使えるぐらい長持ちします。

刺身包丁の利用時の注意点

刺身包丁はとても便利で調理が好きな人にとってはなくてはならない存在とも言えますが、使用する際には注意すべき点もあります。初歩的なことですが刃渡が長いので刃が曲がったりしやすく、そういった際に専門店に出すことなく自分で治す人もいますが、曲がったり刃こぼれしたときには、専門店に持って行って直してもらう必要があります。曲がったり刃こぼれしないようにするためには、使い方に注意しなくてはなりません。無理やり力任せに切ったり、柔らかいものだけではなく野菜などカタイものを切らないことが大切です。それだけではなく、錆びないためにも使用した後の手入れにも気をつけるべきです。水分を拭き、しっかり乾燥させてから片付けることがポイントです。

刺身包丁の全体的なまとめ

刺身包丁は刺身にする際にはなくてはならないもので、切り方が上手いか下手かによって舌触りが変わり味にも違いが生まれてしまうほどです。刺身をするだけではなく、ぬめりのある魚介類を引く時にも非常に便利で役立ちます。値段の面で見ると、安いものから高額なものまでありますが、高いものはやはり切れ味もよく使ってみると違いは一目瞭然ということは多いです。しかし、高いものであればあるほどデリケートなものもあり、しっかり手入れしないと刃こぼれやサビ、曲がりの原因となるので注意する必要があります。つくった職人だけではなく、使用している材料によって値段の差はありますが、初心者の場合にはどれを選べば良いのかは難しいので、専門店に行って使う用途を言えば合ったものでおすすめのものを教えてもらうこともできます。関東のたこ引きをするのか関西の柳刃包丁にするのかもありますが、最初は柳刃包丁の方が使いやすく料理人だけではなく、家庭にも一本は所持しておくべき包丁です。

PAGESの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

PAGESの全体的なまとめとしては、基本的にはMACのパソコンで利用するワープロソフトになりますが、どうしても使いたい場...

ヘアアクセサリーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

店頭で髪の毛に実際につけて見てみるのが、1番無難な購入方法だといえます。ただ、それだと色々な商品の中から選ぶことができな...

MATHEMATICAの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

ここまで色々と説明をさせてもらいましたが、まだまだイメージがボンヤリしているかと思います。最後は、少し簡単にまとめて絞め...

すきバサミ前髪の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

すきバサミは、セルフカットの強い味方です。美容師さんのようにうまくハサミで切れれば問題無いのですが、ほとんどの方が難しい...

3次元バーコードとはの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

どうしてもコンピューターOSなどの最近における著しい発達などにおいて、Web上で公開されている各公式サイトや作成されたデ...

カシメ玉の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

カッターを利用するときの注意点は、誰もが想像できるかもしれませんが、やはり怪我をしないようにすることです。少し油断をする...

GOOGLE+の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

GOOGLE+は前の段落で記述しているように登録者の投稿を見るといった初歩的な使い方のみならず、ウェブページの作成などの...

茶筅の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

茶筅の全体的なまとめとして、抹茶を入れるときに利用する道具です。茶道の時に使うときの道具として知られていますが、抹茶を入...

安全帯の正しいの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

安全帯の全体的なまとめとして、高所の作業をするときなどに使用します。使用するときには事業主や現場監督者などから使用につい...

ニコンD5000の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

まずは性能で比べてしまいますが、1200万画素という必要充分な画素数を持ったニコンD5000は、図太さを感じさせるような...

中心静脈ポートの簡単...

中心静脈ポートは薬剤を投与するための使い方が基本的で、仕...

イナアガーの簡単な初...

イナアガーの全体的なまとめとしては、寒天のようでありなが...

屈折糖度計の簡単な初...

屈折糖度計の全体的なまとめとして、農作物などを作る農家な...

スリング登山の簡単な...

趣味として楽しむ人も増えている登山ですが、危険と隣り合わ...

アクセス2010の簡...

リレーショナルデータベースの基本を知ったうえでアクセス2...