音叉の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



音叉の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

音叉は一般的に、また音楽をやっている人の間でも馴染みの薄い道具かもしれません。しかし、その純音や周波数を利用してヒーリングに取り入れたりと、電子音がメジャーとなっている現代においてとても価値のあるものであります。音叉の音を使ったヒーリングCDも販売されています。音楽をやっている人は、電子のチューナーは簡単に調律できますが、音叉を利用することにより、元々絶対音感を持っている人は別ではありますが、音感が良くなったり耳が鍛えられるそうです。電子で調律をすると目で調律することになりますが、音叉を使う場合は耳で調律することになるので、耳が鍛えられ、結果音感が良くなっていきます。値段は材質などによって異なりますが、数百円から数万円で購入可能です。音楽用品のお店やインターネットでも購入可能です。音楽に携わっている方は一度試してみる価値はありそうです。



音叉とは

音叉とは楽器の調律などの音程をとったり、音響の実験等に使用される先端が二股に分かれた金属の道具です。鋼やアルミニウムで出来ています。最大の特徴は一つの周波数の正弦波からなる音、純音が出る点です。その純音の周波数は安定している為、楽器の調律や音響実験等に用いられます。1711年に宮廷楽隊でトランペットを吹いていたイギリス人が、自身のリュートという楽器を調律するために発明しました。日本には、明治時代に西洋音楽が伝わってきたのと同時に渡来しました。小学校の頃、理科や音楽の実験で使用した方もいらっしゃるかもしれませんが、普段私達の生活においては馴染みの低い道具かもしれません。また、音楽の世界においても、調律は電子チューナーなどを利用する傾向にある為、利用する人は減ってきています。しかし、音楽の世界でも勧める音楽家も多く、また医療関係や癒しの世界でも注目が高まってきています。



初心者にオススメの音叉の使い方・利用方法

音叉による調律の初歩的な使い方は、二股に分かれているところを叩くと音がするので、その音に合わせるといった使い方です。基本的に”ラ”の音が出るので、例えばギターの場合、叩いて鳴った音を聞き、その音と5弦の開放弦の音を合わせて調律していく、といった使い方です。音と音が重なり、響き合っているように聞こえるように合わせていき、”ラ”の音で合わさった後はその弦を基準に他の弦を調律していく為、一つの弦を調律すれば良いので調律においてとても簡単な利用方法であります。また、最近では音楽だけでなく、ヒーリング音叉というものがあります。音叉の音によりリラックス効果を得るというものであって、ツボに当てたり、頭の周辺で鳴らすという使い方をします。ヒーリングサロン等で扱っているところが多くあります。



音叉は簡単に使える

音叉とは、U字型になっている楽器の音程を合わせるのに使う金属製の器具です。現代では機械化が進み、チューナーというものが出てくるようになってから音叉を使う人は少なくなってきていますが、昔はそれを利用してバイオリンなどの楽器の音程を調整させていました。その利用方法は、U字型となっている先端の部分を叩くと、決まった音が長く響き渡って聴こえてきます。その音が楽器の基本的な音と考えられていまして、その音にあわせて演奏者たちはチューニングを行なっていました。ただ叩いて利用するだけの器具でして、古典的な楽器を使って演奏する人は音叉を利用してチューニングしていくことで、音の感覚を取り込みやすくなっていきます。



音叉を使うのに必要な準備

ギターやベースのような電気器具となる楽器となりますと、チューナーという電気機器類を必要としていくでしょうが、古典的な楽器、たとえばバイオリンやピアノなどのような音を合わせていくのには、音叉は適した道具となります。もともとはリュートという撥弦楽器の音の調律のためにイギリスで発明されたものでした。それがオーケストラで演奏するための楽器を調律させる器具として幅広く利用され、現代でもクラシック音楽を演奏する楽器の演奏者では、音叉を使って音を調律させている人は数多く存在しています。そのほかの使い方では、学校によっては小学校など、音の実験として、どれくらいの音が長く響き渡るのかで音叉が利用されることがあります。



音叉の使い方・手順

初歩的な音叉の使い方は、先端の部分を叩いて音を響かせるのですが、音を調整するために耳を近づけてその音を理解する人が多くいますが、中には歯で加えて振動を確かめながら音を聴く人もいたりしました。歯で加えることで直接振動を感じることができるらしく、音を調律するのに分かりやすいという人はいたりするのですが、虫歯や歯がぐらついていたりするなど、そのような歯を持つ人にとっては振動で痛みを感じることもありますから、音の振動がわかりやすく感じても、あまり体に良いとはいえないやり方となるかもしれません。基本的には耳を近づけて音を確かめる仕様で使っていくほうが良いかもしれません。しかし、あまりに何度も耳を利用しますと耳を悪くさせることもありますので、使いすぎにも注意が必要です。

音叉を使えると何が良いか?

現代でチューナー電気機器を利用する人が増えてきている中で、音叉を利用する人はまだまだ存在していますが、その音叉は1つ数百円か数千円で購入でき、多くの人が購入しやすい価格となっているものが多くあります。利用し始めのころ、最初は音の感覚をつかむのに時間がかかるかもしれません。しかし、何度も利用していくたびに音の感覚をつかむことができるようになり、音叉やチューナー電気機器を利用しなくても、自分でチューニングをすることができるようになっていきます。つまり、体で音の感覚を覚えていくことができ、何度も利用していくことでその感覚を覚えていくための訓練にもなるということです。いつでもどこでもチューニングで切るようになりますと、すぐに楽器に対応できるので、体で覚えていくのにとても良い器具となります。

音叉の利用時の注意点

音叉を叩いて音を出す際、注意が必要です。強く叩き過ぎたり、固い場所で叩くと壊れてしまったり、雑音が発生したりします。弱く叩いたり、柔らかい場所でも正しく音が出ません。机の角などの適度な固さがある場所、もしくは自分の膝の上などで二股に分かれていない柄の部分を持ち、二股に分かれた部分の真ん中あたりを軽く叩くと正しい純音が出ます。柄の部分を持つことにより、音が長いこと響きます。また、二股の先端を叩くと上手く鳴り響きません。購入するに当たり、楽器の調律に使う場合、楽器によって同じ”ラ”の音(Aの音)でも周波数が違うので、自分の使う楽器に合わせて購入する必要があります。例えばギターやウクレレと、バイオリンや管楽器とは周波数が異なるので注意が必要となります。

音叉の全体的なまとめ

音叉は一般的に、また音楽をやっている人の間でも馴染みの薄い道具かもしれません。しかし、その純音や周波数を利用してヒーリングに取り入れたりと、電子音がメジャーとなっている現代においてとても価値のあるものであります。音叉の音を使ったヒーリングCDも販売されています。音楽をやっている人は、電子のチューナーは簡単に調律できますが、音叉を利用することにより、元々絶対音感を持っている人は別ではありますが、音感が良くなったり耳が鍛えられるそうです。電子で調律をすると目で調律することになりますが、音叉を使う場合は耳で調律することになるので、耳が鍛えられ、結果音感が良くなっていきます。値段は材質などによって異なりますが、数百円から数万円で購入可能です。音楽用品のお店やインターネットでも購入可能です。音楽に携わっている方は一度試してみる価値はありそうです。



e-001-0243

大学生時間の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

全体的なまとめですが、キャンパスライフ、就職前の大人の階段を上るまだ夢の途中が、大学生です。恋愛、勉強、友人、旅行、バイ...

e-001-0015

迷惑メール設定の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

迷惑メール設定の使い方に関しては、プロバイダー等に問い合わせをしても色々と教えてもらうことができます。なので、インターネ...

word on billboard

IPODSHUFFLEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

前述の通りIPODSHUFFLEにはメリットもデメリットも均等に存在するので、自分の用途に合わせて利用するのが最も適切で...

e-001-585

NFCタグの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

NFCタグは、世界中で広がりを見せている新しい技術で、電子マネーを中心に、飛行機のチケットレスサービス、鉄道会社やバス会...

vaping with an electronic cigarette

吸引機器の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

吸引機器の全体的なまとめとしては、日本においての利用方法としては、タバコを吸っていた人が禁煙をするために吸うやり方として...



flat 3d isometric mobile navigation illustration

GPSMAP62SCJの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

GPSMAP62SCJの全体的なまとめとしては、登山において非常に便利なハンディ型のGPSの装置になります。事前に地図情...

e-001-0317

ホットボンドの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

ホットボンドとは、熱によって溶ける樹脂製のボンドを使用した接着方法のことを言います。使用時には、専用のグルーガンやホット...

imasie-001-038012869403_S

スマホ便利なの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

注意点もいくつかありますが、しっかりとした初歩的な利用方法を守れば、スマホは本当に便利な機器だといえます。今の私たちは、...

e-001-0104

AUDACITYの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

AUDACITYの全体的なまとめとして、いろいろな状況において音声ファイルの編集に向いているソフトといえます。利用方法に...

e-001-0161

ぼかし肥料の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

ぼかし肥料の全体的なまとめとしては、有機肥料と同様に自然の素材から肥料を作って、自然の状態で植物を育てられることがありま...



e-001-1621

ボルヒールの簡単な初...

ボルヒールの全体的なまとめとして、手術などにおいて皮膜、...

e-001-0352

バーコード携帯の簡単...

バーコード携帯は、上手に使いこなすことができれば、いかに...

e-001-1404

トラクターの簡単な初...

トラクターの全体的なまとめとして、農作業を効率的に進める...

e-001-628

Iパットの簡単な初歩...

Iパッドは画面に触れて操作するという特色を持っているので...

SONY DSC

マルチモニターの簡単...

現在、マルチモニターを導入するのはごくごく当たり前のこと...