AUTODESKINVENTORの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



AUTODESKINVENTORの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

本当にオートデスク社は、今まで長い他社との競争の中でこのAUTODESK INVENTORに同社の全てを結集させたものといえます。同ソフトウェア自体の使い方や利用方法、基本動作などにおいて、それがとてもよく表れているものといえます。それでも、製造業に携わる人々の為を真に考えた同社によるソフトがまさにそれだといえるので、このAUTODESK INVENTOR自体はこれからも、他社とのシェアを繰り返しながらも、使い方や利用方法、操作のやり方、基本動作などの利便性において、大いに自らの需要の場を開いていく商品といえます。また、同製品は最新の3D機能による映像や画像システムを駆使しており、しかもサービスプランによっては様々な支援プログラム、オンライン上においての遠隔操作などをも含むサポート機能などの充実したサポートメニューも用意されているので、今後も大いなる飛躍の可能性を秘めているものといえます。



AUTODESK INVENTORとは

ここでいうAUTODESK INVENTOR(オートデスク・インベンター)とは、オートデスク社から現在販売されている製造業者向け3次元(3D)CADソフトウェアを指します。これまで同社は、他の様々なソフトメーカーと長く競争をしてきた歴史があり、ようやく最新バージョンであるこのAUTODESK INVENTORの完成を持って、大手ソフトメーカーの仲間入りを果たすことが出来たといえます。しかしそれでもまだまだ同社の扱うこの製品自体には様々な課題があります。対応出来るアプリの少なさやデータ互換が同じバージョン同士でしか出来ない点、WindowsのOS類との対応面での問題などが挙げられますが、それでもこうしたこれらの問題点においての課題を抱えながらもCADソフトとして他社ソフトからのシェアを受けつつ性能面での工場を続けているので、将来の需要は大いにあります。



初心者にオススメのAUTODESK INVENTORの使い方

AUTODESK INVENTORは、大変高度な映像及び画像などの技術を駆使した、3D機械設計、設計ドキュメント作成、製品シミュレーションのためのプロフェッショナルレベルの機能を装備した3DCADソフトウェアといえます。しかし、初心者による操作面においても大変配慮がなされているので、使い方の面でとても扱いやすいソフト製品といえます。部品、アセンブリ、図面作成その他、何れにおいても描写作業では基本動作などが大変やり易く、高度な機械設計、有限要素解析(FEA)、モーションシミュレーション、データ管理、ルーティングシステム、金型設計のための機能を提供することはもちろんのこと、なんと他のCADソフトとのコラボレーション機能も強化されているのが特徴です。

AUTODESK INVENTORは簡単に使える

このAUTODESK INVENTOR自体は、CAD用ソフトといった製図用専門のソフトウェアには変わりが無いので、なるべく全てのユーザーの方に扱える仕組みになっています。このため、製図作業においても簡単に3Dによる部材や鉄骨などの配置を簡単な操作方法によって表記をすることが可能なので、大変便利なシステムといえます。もちろん扱うユーザーさんごとによる、基本動作や使い方、そこでの利用方法や操作のやり方などにもよりますが、同ソフト自体が大変扱いやすいシステムとなっているので、この機能を自分なりに駆使したりしない手はありません。また、ユーザーさん自身が現在扱っているパソコン本体にもよりますが、ソフト自体の基本動作は殆ど同じといえるものなので、あまり問題は無いといえます。

AUTODESK INVENTORを使うのに必要な準備

やはりCAD用の一ソフトウェアには変わりが無いので、CDソフトなどからのインストールや販売メーカーのサイトからの購入ダウンロードなどについては、他のソフトウェアとそれらのやり方は同じといえます。そしてこれはごく基本的な事ですが、現在使用しているパソコンの製造メーカー毎により、機種本体においての保存ホルダーなどで必要とする空き容量などが異なるので、購入前に必ず保存先であるホルダー内の状況やパソコン本体とハードディスク(外付けHDDをも含む)の空き容量などを確認しておく必要があります。また、パソコンのOSやメーカーによっては、最新のバージョンやAUTODESK INVENTOR自体を保存の対象にはしていないところなどもあるので、この点についても必ず確認が必要です。

AUTODESK INVENTORの使い方・手順

このAUTODESK INVENTOR自体を購入してインストール、あるいはダウンロードなどをした際には、なるべく永久ライセンスを購入メーカー側から購入時にもらうことが購入においてのやり方のコツといえます。そのうえでMaintenanceSubscriptionを購入すると、最新リリースや柔軟なライセンス運用、Webサポート、eラーニング、特定のクラウドサービスなどの利用が出来る等々、様々な特典があります。ただし、このAUTODESK INVENTORにおいては、MaintenanceSubscriptionがなければアップグレードが出来ないので、これ自体を購入することが最善の利用方法であり、AUTODESK INVENTOR自体の購入のやり方での必須条件といえます。

AUTODESK INVENTORを使えると何が良いか?

このAUTODESK INVENTORの長所として挙げられる点はといえば、基本的に従来の他のCADソフトなどよりもバグが少なく、大変安定しているところです。このため、製図の際には現場においてもその場において直ぐにそこでのデータを入力し、そこで必要な部材配置などの表記やその価格などを入力出来るので、積算(見積もり)などのシミュレーションのやり方などがとてもしやすいといえます。その上、フル機能であるAutoCADやデータ管理ソフトが製品に同梱無料で揃えてあり、サポート体制などもとても充実しているので初心者であるユーザーさんでも、使い方がとても扱いやすいものといえます。さらにグラフィックシステムの先進性及び安定性などにも育んでいるので、基本的に大変扱いやすいソフトです。

AUTODESK INVENTORの利用時の注意点

このAUTODESK INVENTORの大きな欠点といえるところは、最新のOS技術を使用しているゆえに、それまでの古いバージョン形式の保存(下位互換機能)が出来ない点です。このため、違うバージョン同士でのデータ互換などを行うことが不可能であり、注意が必要です。ゆえに、データ互換をする場合においては、どうしても同じバージョンのもの同士でやる必要があるので気をつけなくてはなりません。次に挙げられる欠点といえば、やはり別売りのアプリケーションの数が少なく、Windowsとの整合性(検索インデックスやタグ認識など)が弱いので、中々データ自体のショートカットなどによる画面上においての表示がしにくく、利用方法上、扱いが難しい点が挙げられます。

AUTODESK INVENTORの全体的なまとめ

本当にオートデスク社は、今まで長い他社との競争の中でこのAUTODESK INVENTORに同社の全てを結集させたものといえます。同ソフトウェア自体の使い方や利用方法、基本動作などにおいて、それがとてもよく表れているものといえます。それでも、製造業に携わる人々の為を真に考えた同社によるソフトがまさにそれだといえるので、このAUTODESK INVENTOR自体はこれからも、他社とのシェアを繰り返しながらも、使い方や利用方法、操作のやり方、基本動作などの利便性において、大いに自らの需要の場を開いていく商品といえます。また、同製品は最新の3D機能による映像や画像システムを駆使しており、しかもサービスプランによっては様々な支援プログラム、オンライン上においての遠隔操作などをも含むサポート機能などの充実したサポートメニューも用意されているので、今後も大いなる飛躍の可能性を秘めているものといえます。



キンドルの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

キンドルは、ディスプレイの電子書籍としてさらなる発展があります。その分、本を読む人が少なくなっています。でも、まだ本の方...

フロントラインプラスの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

フロントラインプラスはペットがダニやノミに悩まされないように、ダニやノミから守ってくれる効果がある薬剤です。どうしてもペ...

エアインパクトレンチの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

エアインパクトレンチの全体的なまとめとして、エアコンプレッサを利用してその圧力でボルトを締めたり開けたりすることができま...

マップの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

基本的には、インターネット環境があるところであればスマートフォンやタブレット端末で調べて、そういった電波がまるで届かない...

セメントスプレーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

セメントスプレーの全体的なまとめとして、手軽にセメントを施工することができます。これまでは簡単なものでもインスタントなど...

WORD2013図形の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・...

WORD2013の図形の全体的なまとめとしては、文章内において図形を組み込むのにはよい仕組みといえるでしょう。利用方法に...

JAWBONEUPの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

健康管理は毎日行うことで、その意味が大きくなります。JAWBONEUPならば充電して腕に装着するだけですから、健康管理を...

QRコードの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

QRコードの全体的なまとめとしては、利用方法として携帯電話やスマートフォンを利用して情報を読み取るやり方であることです。...

WAONポイントの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

電子マネーWAONには、様々な仕様があり、お持ちの対象ご当地に、ご利用金額に応じた寄付の入るカードや、JAL等のマイルの...

qrコード設定の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

今ではqrコードは私たちの生活の周りに多くあふれています。小さなコードで多くの情報が詰まっているこの機能は、一般的な生活...

関数INDEXの簡単...

INDEXの全体的なまとめとして、範囲の中から行と列を指...

MATHEMATIC...

ここまで色々と説明をさせてもらいましたが、まだまだイメー...

ふくさの簡単な初歩や...

ふくさは冠婚葬祭の時には大人のマナーとしては使うべきもの...

杖の簡単な初歩や基本...

杖は高齢者の方だけに限らず足腰に不具合がある場合や、怪我...

スケッチアップの簡単...

スケッチアップは、建築の分野以外にも教育の分野でも応用さ...