コインランドリーの使い方 一人暮らしも安心、洗濯乾燥機のやり方

コインランドリーの使い方 一人暮らしも安心、洗濯乾燥機のやり方

コインランドリーは家では洗濯をすることが出来ない方が利用します。洗濯物をコインを入れて洗ってもらいます。そして乾燥などもしたい方はして、そうすることによってすぐに着ることが出来たりします。ですから家に洗濯機がない家庭や、また洗濯機を持っていたとしても大型の洗濯物を洗うことが出来ないという場合もでてきます。そういった場合に利用するのがおすすめです。大きな布団など自宅ではなかなか洗濯をすることが出来ないものまで洗うことが可能です。そして乾かすこともできますので、家できれいにするよりも汚れも取れますし、また乾くのも早いのでおすすめです。クリーニングに布団を出したりすると、かなりの高額になってしまいますので、自分で洗うことによって、金額も少なくて済みます。節約にもつながりますし、またきれいな布団を利用することができます。

初めてでわからない方への基本の使い方

コインランドリーを使うのが初めてで全く使い方がわからない方への基本的な流れの説明ですが、衣類、毛布、布団、カーペット、など洗う場合は、基本的な作業は同じです。違いは料金と待ち時間になります。 まずは洗濯と乾燥を一緒にやってくれる、ドラム式洗濯機のようなタイプの基本的な流れです。

1.空いているドラム式洗濯機を探す(中身がないか確認)
2.ドラム洗浄ボタンを押してドラムを洗浄する
3.料金の部分が「OPEN」となったら洗濯機のドアを開けて、洗濯物を入れる
4.洗濯機のドアを閉める
5.洗濯乾燥の運転コースを選択する
6.お金を入れる
7.洗濯と乾燥が終わるまで放置

これが基本的な流れになります。そして洗剤についてですが、この洗濯乾燥機(ドラム式洗濯機)のタイプは自動で洗剤を投入してくれますので、洗剤は必要ありません。また柔軟剤(ソフト剤)も自動で投入してくれるものが多くありますが、一応洗濯機に柔軟剤も自動で投入してくれるかの説明書きがあるので、そちらで確認するとよいでしょう。(基本は洗剤も柔軟剤も自動投入してくれます。柔軟剤に関しては、投入のオンオフの設定ができるものが多いです。)

では次は、古いタイプの洗濯機や縦型洗濯機と呼ばれる一般家庭でよく見るタイプの洗濯機の流れです。こちらの縦型洗濯機は、衣類、小さ目の毛布、小さ目のカーペットまでなら洗濯槽に入れることができます。毛布やカーペットは、あまりに大きいと汚れがあまり取れないといったことになってしまうので、初めてでわからない方や毛布やカーペットの大きさによっては、洗濯乾燥機・ドラム式洗濯機を利用するとよいでしょう。

1.空いている縦型洗濯機を探す(中身がないか確認)
2.ふたを閉める
3.お金を入れて「洗濯槽シャワーボタン」を押して洗濯槽を洗浄する
4.洗濯槽の洗浄が終わると洗濯スタートで水が溜まっていくので、洗濯機のふたを開けて洗濯物を入れる
5.洗剤を入れる(洗濯物を入れる前に入れてもよいです)
6.終わるまで放置

基本はこのような流れになりますが、このタイプの洗濯機は基本、洗剤を自動投入してくれないので、自分で入れる必要がでてきます。あまり自動のタイプは見かけませんが、自動か手動か最初に確認しておいた方がいいでしょう。もし自動なら5.の「洗剤を入れる」は省いて下さい。また柔軟剤(ソフト剤)に関しては手動になるので、柔軟剤を入れたい方は「ソフト剤投入」というランプが点灯したら一度洗濯機を開けて直接入れる必要があります。

コインランドリーにある縦型洗濯機は、基本乾燥機能はありません。なのでここから洗った洗濯物を乾燥専用の乾燥機に移す必要があります。乾燥機を使う場合の手順は、

1.空いてる乾燥機を探す
2.乾燥機のドアを開けて、洗った洗濯物を乾燥機に移す
3.乾燥機のドアを閉める
4.お金を入れる(お金を入れると乾燥がスタートするタイプもありますが、乾燥のコース選択ボタンやスタートボタンがある場合は、ボタンを押す)
5.乾燥終了まで放置

このような手順になります。洗濯乾燥が一緒のドラム式でも縦型でも、基本的に家庭用洗濯機のようにボタンが色々ある訳ではないので、初めてでわからない方でも簡単に使うことができます。



余談:コインランドリーとは
コインランドリーというものは、基本的に大きな洗濯機が備えられている場所です。そしてそのコインランドリーでの利用方法は洗濯物をそのお店に持ってきて、自分で洗濯をするという仕様になっています。お金であるコインを入れて洗濯をしてもらうことからコインランドリーという名前になっています。

店舗によっては使い方は違っていたりしますが、基本的には洗濯物を持ってきて、自分で洗濯をするという形になっています。今までのコインランドリーのイメージについては、独身の方や、家に洗濯物がないという方が利用するやり方が一般的ですが、最近では初歩では大型の洗濯物を洗うために利用する方なども多いです。

家でなかなか大きなものを洗う仕様になってない洗濯機の場合は、コインランドリーを利用すると便利で、簡単に洗濯をすることができるのでおすすめです。

衣類の洗濯と乾燥の待ち時間と料金

コインランドリーでよく見る縦型洗濯機で衣類を洗濯した場合の料金と待ち時間(洗濯のみ)

4.5kg~5kgタイプ
200円31分

7kgタイプ
300円34分

地域や場所によって多少違いますが、縦型洗濯機の基本はこの料金(値段)と待ち時間が目安になります。ちょっとお高めだと洗濯だけで7kgタイプで500円の所もあります。
さらにここから乾燥機の料金と待ち時間が発生します。乾燥機だけの料金と時間ですが、10分100円の乾燥機が多いです。(15分100円や8分100円などもあります。)なので洗濯物の量が4.5kg~7kgタイプの洗濯機で収まる洗濯量なら、

4.5kg~5kgタイプ
200円20分

7kgタイプ
300円30分

乾燥機だけなら、これくらいを目安にして下さい。また厚手の衣類が多い場合は、先に100円~200円多めに追加投入して10分~20分延長しておくといいでしょう。一人暮らしの方が衣類やバスタオルなどを洗濯乾燥する場合は、このくらいの量が一般的ではないでしょうか。

またコインランドリー内に販売機があれば、洗剤やソフト剤を一つ50円~100円の値段で購入できます。縦型洗濯機の場合は、洗濯から乾燥の移動の手間があるので完全に放置できないのが不便なところです。

次は洗濯乾燥機(ドラム式洗濯機)で衣類を洗濯乾燥した場合です。まずは洗濯と乾燥の設定が10kgまでの場合

4kgラインまでの洗濯物の量
800円40分

10kgラインまでの洗濯物の量
1000円60分

こちらは洗濯と乾燥の設定が16kgまでの場合
7kgラインまでの洗濯物の量
1000円45分

16kgラインまでの洗濯物の量
1200円60分

地域や場所によりますが、これくらいの料金を目安として多少前後すると思って下さい。
7kgラインと10kgラインが同じ1000円ですが、洗濯物の量が違うので7kgラインの方が早く終わります。乾燥は余っている空間が多いほど早く乾きます。また厚手の物が多い場合は10分ほど乾燥を延長しておくと、ちょうどいいかもしれません。1200円60分の場合、最初に1300円入れておくと自動で10分乾燥が延長になります。(100円で乾燥が10分の場合)

参考として目安になりますが、10kgラインまでの洗濯物の量が3人~4人暮らしの3日~4日分の洗濯物の量として考えて下さい。これを基準に考えれば洗濯物の量や人数で、ある程度のラインがわかると思います。(厚手が多い時は10分乾燥を延長)

※ラインとは洗濯乾燥機のドアを開けた時に、どこまで洗濯物を入れていいか枠にラインが書いてあります。



余談:初心者におすすめの利用方法
初心者の方におすすめのコインランドリーの利用方法については、やはり家に洗濯機がない方は利用することをおすすめします。またそのほかに、家に洗濯機はあったとしても、あまり大きな洗濯機ではなかったり、また大きな洗濯物の場合は家の洗濯機で洗うことが出来ないものでも、コインランドリーを利用することによって解決します。

特に大きなものとして布団などを洗うために、コインランドリーはおすすめです。家庭では洗うことが出来ない大きさのものまで洗うことができるような大型の洗濯機を備えてるところも多いです。布団を自宅では洗うことができないので、クリーニングに持っていったりするとかなりの金額になってしまいます。ですから自分で洗濯をすると安く綺麗にすることができます。

毛布の料金(お金)と待ち時間について

毛布をコインランドリーにある洗濯乾燥機(ドラム式洗濯機)で洗濯と乾燥をした場合の料金と待ち時間の目安

10kgまでの洗濯乾燥機
シングル毛布2~3枚くらい
1000円60分

16kgまでの洗濯乾燥機
シングル毛布4~5枚くらい
1200円60分

毛布の洗濯と乾燥の料金と待ち時間の目安です。また何枚まで入れて平気なのかも参考として記載しています。ポリエステルの毛布はすぐ乾きますので、延長する必要性もなく使い方も簡単です。

※コインランドリー内に貼ってある「洗濯・乾燥できるものとできないもの」というのがあり、アクリルやポリエステルの毛布は「洗濯乾燥できるもの」となっていますが、洗う場合は自己責任でお願いします。

毛布を乾燥機のみで乾燥させた場合の料金と待ち時間の目安

シングル毛布1枚で30~40分
シングル毛布2枚で40~50分
シングル毛布3枚でも50分

枚数が多い場合は、大き目の乾燥機を使うと乾きも早いです。



余談:コインランドリーは簡単に使える
洗濯機を使用するためには、通常それにつけられている取扱説明書などをじっくりと読む必要がありますので、コインランドリーについても、いきなり行っても使い方が分からず上手くいかないのではないかと不安を感じるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

設置されている洗濯機を利用するために知る必要のある基本的なことは全て、設置されている場所、あるいは洗濯機自体に書かれています。

その書かれている内容も理解するために専門的な知識が必要になるということはありません。洗濯に関する初歩的な事を理解している人なら問題なく理解することができるように書かれていますので、利用方法が分からなくて困ってしまうのではないかという不安を持つ必要はありません。

羽毛布団の丸洗いの料金(お金)と待ち時間について

羽毛布団の丸洗いをする場合、コインランドリーにある洗濯乾燥機で洗濯と乾燥をした場合の料金と待ち時間の目安

羽毛布団は大きいので、16kgサイズ以上の洗濯乾燥機を使って下さい。また羽毛布団を丸洗いする時に、ドアを開けた時の枠に書かれている16kgラインを越えますが、水分を含むので問題ないです。

16kgまでの洗濯乾燥機
羽毛布団1枚
1200円60分

これだと生乾き状態なので、ここから乾燥機を使って30~40分ほどの乾燥が必要になります。(大きい乾燥機を使うと乾きやすいです。)
使い方の流れですが、洗濯乾燥機を使った後に乾燥機を使うといった流れになります。(洗濯乾燥機で乾燥時間を延長してもいいです。)乾燥機を使うので料金や待ち時間の方が少しかかってしまいますが、高いコインランドリーじゃなければお金も1500円くらいで、待ち時間も1時間半くらいで終わります。



余談:コインランドリーを使うのに必要な準備
コインランドリーは洗濯をするために行くところですから、洗濯をする際に必要になる物は準備しなければならないと考えがちですが、実はそうではありません。洗濯をする際には通常洗剤を使いますが、洗剤は洗濯機に備え付けられている場合が多く、それを利用することができますので、利用者の側で用意する必要はありません。

もちろん、使いたい洗剤などがある人はそれを利用することは問題なくできます。後は名前から想像が付くと思いますが、コインです。洗濯機を使うためにはお金が必要になりますので、それを用意しておかなければいけません。両替機がある場合や紙幣の使用が可能な洗濯機が設置されていればコイン、すなわち小銭で用意する必要はありません。

こたつ布団の料金(お金)と待ち時間は

コインランドリーにある洗濯乾燥機(ドラム式洗濯機)でこたつ布団を洗濯と乾燥をした場合の料金と待ち時間の目安になります。

こたつ布団は10kgサイズの洗濯乾燥機でも可能ですが、16kg以上がおすすめです。

16kgまでの洗濯乾燥機
こたつ布団1枚
1200円60分
ここからさらに50分ほど乾燥時間が必要となります。

※こたつ布団は必ずタグや注意書きをチェックしてから洗濯乾燥して下さい。タグに「タンブル乾燥×」となっている場合があります。タンブル乾燥とは、ドラム式の乾燥機のことを言います。タンブル乾燥禁止になっていても乾燥機を使って乾燥させる方もいるようですが、自己責任でお願いします。



余談:コインランドリーの使い方・手順
使い方は、設置されている場所か洗濯機自体に書かれていますのでそれに従って進めていけば良いだけです。基本的には、家庭にある洗濯機を利用する場合と同じだと考えて問題ありません。違うところと言えば、稼働させるためにはお金が必要になるということくらいです。

具体的には、通常の洗濯と同じように洗濯物を洗濯機の中に入れて、自分が行いたい洗濯の内容を選びスタートボタンを押します。そうすれば、その選んだ内容に従った洗濯が自動で開始されます。

お金を入れるタイミングは、洗濯の内容を選ぶ前に入れる場合と、洗濯の内容を選んだあとに、その内容に従った金額を入れるという場合があります。先に入れる場合はその金額で行える洗濯の内容が選ぶことのできる内容になります。

カーペットの料金(お金)と待ち時間は

カーペット(ラグカーペット)を洗濯乾燥機で洗濯と乾燥をした場合の料金と時間

こちらも16kgサイズ以上の洗濯乾燥機がおすすめです。

16kgまでの洗濯乾燥機
カーペット2枚(ラインを越えるなら1枚で)
1200円60分

乾燥の追加はほぼ必要ないです。追加したとしても10分程度なので、料金も待ち時間も少なくて済みます。

※注意点として裏地がゴム製になっているタイプのカーペットは、熱によってゴムが変形しますので乾燥はできません。またタグに、水温の設定やタンブル乾燥禁止などが記載されている場合が多いですが、こちらもタグを無視して乾燥機で乾燥させている方もいるようなので、自己責任でお願いします。



余談:コインランドリーを使えると何が良いか?
コインランドリーは自宅に洗濯機がない一人暮らしの人などが利用するイメージを持っている人が多いようですが、実は家庭に洗濯機がある人にとっても利用するメリットはあります。その一つとしては、毛布などのかなり大きなものでも丸洗いができるということが挙げられます。

一気に乾燥までしてしまえば、綺麗になって乾燥された状態になりますので、そのまま利用することも、また保管することもできます。クリーニング店に出すことの費用や、自宅で洗うことの手間を考えると大きなメリットだと言えます。また、一般的な家庭用洗濯機に比べると一度にたくさんの物を洗うことができますので、行き帰りの時間を考慮したとしても時間の節約になる場合もあります。

乾燥機のみ・乾燥機だけの料金と時間

乾燥機のみ・乾燥機だけの場合は、基本衣類か毛布が多いので、上に記載していますが、早見表としてご利用下さい。


一人暮らしの衣類の量の場合
4.5kg~5kgタイプの洗濯機で収まる量なら
200円20分

7kgタイプの洗濯機で収まる量なら
300円30分

乾燥機だけなら基本の料金と時間の目安はこのくらいですが、、厚手や乾きにくい洗濯物が多い場合は、10分~20分(100円~200円)追加延長しましょう。


毛布の場合
シングル毛布1枚で30~40分
シングル毛布2枚で40~50分
シングル毛布3枚でも50分

家で洗って乾燥機だけ使いたいという場合は、これくらいが目安になります。毛布は乾きやすい物が多いので、2枚以上から乾燥させた方が料金的にもお得になります。

洗剤は必要か?コインランドリーを利用する時の注意点

洗剤は必要か?
初めてコインランドリーを使う方は「洗剤は必要か」と思いますよね。結論から言うと、洗濯乾燥機(ドラム式洗濯機)を使うなら必要ないです。1台で洗濯と乾燥をして洗剤もソフト剤も自動で投入してくれるからです。しかし縦型洗濯機を使う場合は洗剤が必要になります。

一応コインランドリーには販売機で洗剤が購入できますが、最初から縦型洗濯機を使う予定なら洗剤を用意する必要があります。(柔軟剤も自分で投入することになります。)

大きいコインランドリーなら台数も多いので、洗濯乾燥機が全部使われている事はないでしょうが、小さいコインランドリーだと洗濯乾燥機が全部使われていたり、そもそも洗濯乾燥機(ドラム式洗濯機)が設置されていないという事も十分あり得るので、洗濯物を持って行く前に確認ができるのであれば、その辺を確認しておいた方がいいでしょう。(下見をしておく)



コインランドリーを利用する時の注意点

タグを見て洗えるか洗えないかチェックする
基本乾燥機を使うので、熱によってダメになってしまう物もあるので、必ずタグをチェックしてから判断した方がいいです。布団系なら綿布団や羊毛布団、衣類系ならウールやシルクなどは洗濯も乾燥もできませんので注意して下さい。

長時間洗濯物を放置しない
洗濯や乾燥が終わっているのに、長時間放置していると他の方が使えないので迷惑になってしまいます。また長時間の放置は盗難にあう可能性もあります。女性ものの衣類は狙われやすいので注意する必要があります。

後、長時間放置していると次使う人が勝手に中身の洗濯物をカゴやカートに出す人がいます。プライバシーの問題もあるので、気になる方は早めに出すようにしましょう。

飲食禁止
基本どこのコインランドリーも飲食禁止になっています。待ち時間の間に「食事しよう」と考えて食事を持ち込んだりしないようにして下さい。

洗濯機の中をチェックする
忘れ物をするお客さんもいて「1枚だけタオルがある」といった場合もあります。なので一緒に洗わないようにドラム式のタイプでも、一度ドラムを回すなどして確認しておくといいでしょう。

また前回使った人の洗濯物の汚れがひどい場合は、泥などのかたまりがある場合がありますので、汚れチェックという意味でも確認しておいた方がいいです。

営業時間の確認
24時間営業なら気にする事はないですが、営業時間がある場合は長時間洗濯物を取りにいかないと管理の方にも迷惑がかかりますし、場合によってはシャッターが閉まって洗濯物が次の営業時間まで取りに行けないというのが稀にあるので注意しましょう。



余談:全体的なまとめ
コインランドリーを利用する場合に気をつけないといけないことは、多くの方が利用するものになりますので、あまり汚れているものなどは洗濯をしないようにすることが大事です。ペットのものなどを洗ったりすると、他のお客様に迷惑になってしまいます。

それにその後に利用する人にも迷惑をかけてしまうので、汚れすぎているものや、ペットのものを洗うために利用しないようにします。また多くに方が洗濯に訪れますので、自分の洗濯物はなくならないように、しっかりと洗濯が終った後は、すぐに持って帰るようにします。また洗濯をしてる最中に他のところに行ったりして、まったく洗濯物を見てない状態にしてしまわないようにすることが大事になってきます。

全体的なまとめになりますが、コインランドリーは家では洗濯をすることが出来ない方が利用します。洗濯物をコインを入れて洗ってもらいます。そして乾燥などもしたい方はして、そうすることによってすぐに着ることが出来たりします。

ですから家に洗濯機がない家庭や、また洗濯機を持っていたとしても大型の洗濯物を洗うことが出来ないという場合もでてきます。そういった場合に利用するのがおすすめです。大きな布団など自宅ではなかなか洗濯をすることが出来ないものまで洗うことが可能です。

そして乾かすこともできますので、家できれいにするよりも汚れも取れますし、また乾くのも早いのでおすすめです。クリーニングに布団を出したりすると、かなりの高額になってしまいますので、自分で洗うことによって、金額も少なくて済みます。節約にもつながりますし、またきれいな布団を利用することができます。

スマホ便利なの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

注意点もいくつかありますが、しっかりとした初歩的な利用方法を守れば、スマホは本当に便利な機器だといえます。今の私たちは、...

エクスペリアZ1カメラの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法...

エクスペリアZ1カメラは簡単に綺麗な写真を撮ることができるほど高い性能を誇っていますから、多くの方が満足することができる...

カシメ玉の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

カッターを利用するときの注意点は、誰もが想像できるかもしれませんが、やはり怪我をしないようにすることです。少し油断をする...

電子レンジ圧力鍋の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様...

電子レンジ圧力鍋は、通常の圧力鍋の調理時間短縮ができるというメリットと重量があり、蒸気が大量に出る、価格が高いというデメ...

wineの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

wineはLINUX上でもWindowsのソフトを動かしていける環境を提供してくれますが、万能ではありません。せっかくW...

アイホンドコモの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方...

iPhoneは携帯電話というよりもパソコンと考えたほうが使う時に戸惑うことが少ないです。初歩的な使い方がわかっていればと...

アラウの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

無添加せっけんシリーズのアラウは、幅広い年齢層のファンが多い商品です。強い油汚れには弱いというデメリットがありますが、肌...

ジップロックの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

ジップロックには食品を保存するのにとても便利な商品です。野菜を切って保管する以外にも、便利な使い方はたくさんあります。き...

スカルピーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

スカルピーの全体的なまとめとして、簡単にフィギュアのような模型を作る事ができる素材です。もともとの色が日本人の肌の色に近...

EDIUSNEO3の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

EDIUSNEO3は初心者向け、家庭用の映像編集ソフトウェアです。しかし、使い方次第ではアマチュアだけではなく、プロのよ...

クリスタルワンドの簡...

クリスタルワンドを上手に使い、毎日充実した生活を送りまし...

AGデスクトップレコ...

AGデスクトップレコーダーの全体的なまとめとしては、パソ...

チャームの簡単な初歩...

チャームは、可愛いテイストのものからハードなテイストの物...

KDDIポイントの簡...

KDDIポイントの全体的なまとめでは、KDDI系のサービ...

スマートフォン本の簡...

やはりスマートフォン本が1つあれば、自分の持っているスマ...