CANONA1の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方



CANONA1の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

CANONA1は、全電子制御といえども、自分で絞りなどをやらなければならない、マニュアルフォーカスなので、初歩から始めるのには、少し難しい仕様になっています。その為、まずは、もう少し近代的な一眼レフカメラから練習してみることをお勧めします。それに慣れたら、CANONA1の購入を考えてみましょう。自分でやらなければならないことが、たくさん出てきて、初めのうちは大変かと思うかもしれません。しかし、たくさん世話をしてあげなければならない分、だんだんと愛着のわいてくる一品です。実際、年代物である、CANONA1で撮る方が、近代的な一眼レフカメラよりも、自分の撮りたかったような素敵な写真が撮れる、という愛好家もたくさんいます。CANONA1の利用方法をマスターできれば、一眼レフカメラ仲間の中でも、人気者になれること間違いなしです。



CANONA1とは

現在、キャノンのデジタルカメラを利用している人は、多いのではないでしょうか。キャノンは、以前から、カメラを専門に製造していますし、やはり、カメラ業界に新しく進出してくる他のメーカーと違った、安心感があるのではないか、と思います。しかし、ここ数年、デジタルカメラよりも、一眼レフカメラに人気が出ていることはご存知ですか。その中でも、CANONA1は中古品としても人気があります。なんと、1978年に製造されました。しかも、その時代には、とても珍しいもので、5つのAEモードを備えています。当時では、先進的なカメラとして注目されました。当時の値段では10万円を超えたそうです。しかし、現在でしたら、ほとんどが中古品なので、インターネットのオークションなどを利用すれば、もう少し安く購入することができます。



初心者にオススメのCANONA1の使い方・利用方法

しかし、ずっとデジタルカメラを利用してきた人にとって、突然、CANONA1を利用するのは、少し難しいことです。なぜなら、デジタルカメラと一眼レフカメラは仕様が全く違うからです。現在では、写真を保存するのに、SDカードが主流ですが、CANONA1には、フィルムが必要です。練習するのにも、お金がかかりますが、ここは、基本の使い方をマスターするためにも、初歩の方は、練習あるのみです。もし、近所に老舗のカメラ屋さんがあれば、出向いてみて、うまく撮るコツや絞りのやり方を聞いてみるのもいいかもしれません。ずっと近くのものばかり撮ったりせず、人、動くもの、遠距離、いろんな写真を、いろんな角度から撮ってみて、利用方法を自分で探っていくことが、一眼レフカメラの楽しい点でもあります。

CANONA1は簡単に使える

CANONA1は1978年にキャノンより発売されたマイコン制御による電子カメラです。当時ハイアマチュア向けカメラとして画期的な性能でデビューしたこのカメラは、それまで市場流通していたカメラと比較した場合にやや高額ではありましたが、その性能が受け入れられてヒットとなりました。ロードマップ的には先に販売されていたCANONAE1の上級版的位置づけでした。実際、性能面でもAEモードが5モード、ファインダー情報の赤色7セグ表示、電子シャッター、セルフタイマーなど現在市場で主流となりつつあるデジタル一眼レフの走りとなった製品でした。またキャノンの看板シリーズのEOSシリーズの原型的な位置づけでもあり、その性能は当時確固たるものとなりました。

CANONA1を使うのに必要な準備

CANONA1で必要なものですが、大きく2つあります。まずフィルムです。現在のデジタルカメラではSDカードなどの外部メモリカードが必要なのと同様にフィルムがないと撮影が出来ませんでした。2つ目は電池です。CANONA1はフィルムカメラではありましたが、制御系についてはマイコン制御の為、電池がないと動作しません。電池については、4G-13型酸化銀電池(6V)もしくは4LR44アルカリマンガン電池1個が必要でした。また電池の消費がやや速い為、予備電池は必須でした。電池についてはカメラ店、大型家電店での取り扱いが主で、コンビニやスーパーなどでは、取扱店が少ないようでした。理由として、4LR44アルカリマンガン電池仕様の製品があまり流通しておらず一般的ではない為でした。

CANONA1の使い方・手順

CANONA1の基本的な使い方ですが、シャッター速度優先AE機での撮影とマニュアルモードの撮影の2つに分類されます。シャッター速度優先AEですが、あらけじめシャッター速度を決めておくことで自動露出で撮影が可能です。シャッター半押しで露出確認などは現在のデジタル一眼などに通じる動作でもあり、比較的初歩の方でも撮影は可能です。次にマニュアルモードですが、シャッタースピード、絞り値を自分で決めて撮影することが出来ます。どちらの利用方法でもピント合わせは手動で必要となります。現在のデジタルカメラは、大抵の製品がオートフォーカス対応ですが、CANONA1についてはオートフォーカス機能はない為、自分できちんとピントを合わせる必要があります。またフィルム故にデジカメのように取り直しが無尽蔵という訳にはいきませんので、注意が必要です。

CANONA1を使えると何が良いか?

完全なるフィルムカメラから、シャッタスピードなど一部の制御がマイコン制御となった黎明期の製品であるため、それぞれの良いところがありました。一眼レフカメラの基礎を学ぶには非常に良い機種でした。価格は当時として10万以上と現在の機種と比較してもそれほど安い機種ではありませんでしたが、それでもその価格をものともせずに大ヒットし、現在のデジタル一眼レフにも負けない十分な機能を備え得たキャノンの名機であったと言えます。残念ながらすでにパーツ等はない為、修理の受付等は終了しておりますが、手入れさえ良ければ、性能面的にまだまだ現役で使用できるカメラではあります。デザイン面や持ったときの質感、重さなども十分に練られており所有する喜びを十分に満たすという買い物の基本を抑えた製品でもありました。

CANONA1の利用時の注意点

一眼レフカメラの使い方は人それぞれ、違ってきますが、やはり注意点もあります。一眼レフカメラを使っている姿は、とてもかっこいいのですが、思い通りうまく写真が撮れず、途中で投げ出してしまう、という人も少なくありません。CANONA1を利用する際、初めから、いい写真を撮ろう、とは思わず、慣れていこう、という気持ちでやった方が、一眼レフカメラとの生活を楽しめます。また、CANONA1は、新しい一眼レフカメラよりも、ずっと消費電力が多いです。CANONA1に使用する、測光・シャッター制御用の電池は、値段が高いので、使わないときには、電源をオフにするなど、節電を心がけてください。もちろんオークションで購入する場合は、カメラの状態を確認することが必要です。

CANONA1の全体的なまとめ

CANONA1は、全電子制御といえども、自分で絞りなどをやらなければならない、マニュアルフォーカスなので、初歩から始めるのには、少し難しい仕様になっています。その為、まずは、もう少し近代的な一眼レフカメラから練習してみることをお勧めします。それに慣れたら、CANONA1の購入を考えてみましょう。自分でやらなければならないことが、たくさん出てきて、初めのうちは大変かと思うかもしれません。しかし、たくさん世話をしてあげなければならない分、だんだんと愛着のわいてくる一品です。実際、年代物である、CANONA1で撮る方が、近代的な一眼レフカメラよりも、自分の撮りたかったような素敵な写真が撮れる、という愛好家もたくさんいます。CANONA1の利用方法をマスターできれば、一眼レフカメラ仲間の中でも、人気者になれること間違いなしです。



HANDBRAKEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

かつて動画を変換するには複数のソフトが必要で、手続きも面倒なものでした。HANDBRAKEを利用すれば比較的簡単な操作で...

ジグヘッドワッキーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕...

ジグヘッドワッキーの全体的なまとめとして、バスフィッィングをするときのリグとして覚えておくと良いとされます。一つの釣り方...

動噴の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

動噴の全体的なまとめとして、動力を利用して農薬を噴霧することができます。人力に比べると効率的に行うことが出来るので、コス...

万年筆の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり...

万年筆はボールペンやほかの筆記用具とは異なり、使い込むほどに、自分の手に馴染んでくる筆記用具です。いつまでも愛用するため...

デコメーラーの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法...

電子メールでの連絡のやり取りが主流になっている現代ではメールで感情などを捉えられることが多いです。そんな時にこのアプリを...

ねりけしの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

絵を描いている人にとっては常識的なアイテムですが、普段からそのような事に興味を持たない人にとっては、なかなかねりけしと言...

三角巾肩の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

2つの使い方が主なものとなっているのが三角巾です。傷の保護や応急処置として利用するばかりではなく、さらに食事を作る際に衛...

SKYPEの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・...

SKYPEはユーザー同士であれば、いつでも気軽に無料で音声やビデオ通話などを楽しむことができるコミュニケーションツールで...

職印くんの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・や...

職印くんの全体的なまとめとして、かつての文書回覧の承認のように電子的な書類に印を押すことができます。通常印を押すとインク...

IBOOKSAUTHORの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方...

一般にアメリカでは教科書が分厚くて重く、同時に何冊も持ち運ぶのは大変だとされています。このような教科書を電子化するために...

ブレストの簡単な初歩...

ブレストの全体的なまとめとして、あまり意見が出ないような...

スパイラルタップの簡...

このスパイラルタップ自体は、ねじれ溝式なゆえに使い方を誤...

ワードプレス関連記事...

自分でブログシステムの管理とかができるのがワードプレスの...

SURFACEの簡単...

SURFACEは、最新型のパソコンに比べても遜色のないマ...

テスターがよくわかる...

テスターを使用する際には、正しい使い方を理解するために、...